売上アップの起爆剤!おすすめのSFAツール6選

リモートワークでも止めてはならないのが「営業活動」です。

売上げが落ち込む企業が多い今こそ、自社の製品やサービスをアピールするチャンスといえるのではないでしょうか。離れて仕事をしているからといって、情報を共有できなければ無駄な行動が増え、営業活動に支障をきたします。そこで検討したいのがSFAツールです。

ここでは、SFAツールの導入で得られるメリットや注意点、リモートワークで活用できるSFAツール6選をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

 

SFAツールとは

SFAツール(Sales Force Automation)とは顧客情報を蓄積し、営業活動を効率化させるツールのことです。情報は組織内で共有され、誰がどの顧客に対してどのような行動を取ったのかを確認できます。

現在SFAツールは、クラウドで利用するものが主流です。これまでは中小企業や大企業が利用していましたが、機能が絞られたツールも増えたため、スタートアップ企業での活用も広がっています。

 

SFAツールを導入するメリット

ここからは、SFAツールを導入するメリットについて見ていきます。

営業活動が可視化される

SFAツールを導入すると、営業活動が可視化されます。日々の営業活動が可視化されると、営業マンに偏った活動から組織全体の活動へのシフトが可能です。見込み客を見出すことができ、注力する顧客と様子を見る顧客を区別できます。

リモートワークでは営業マンが離れて仕事をしているため、お互いの営業活動の状況を把握しにくくなります。SFAツールを導入すれば上司が部下の行動の詳細を確認できるため、指導やアドバイスをできるようになるでしょう。また、コロナ禍で訪問しにくい顧客が増える中、必要最低限の訪問で効率的に営業活動ができます。

コミュニケーションを取りやすくなる

SFAツールの導入には、営業マン同士のコミュニケーションが活性化するというメリットもあります。例えば顧客のニーズが似ている場合、お互いに相談しながら戦略を立てることも可能です。リモートワークで仕事をしていると営業活動で孤独感を感じることがあるため、組織内で情報を共有し、コミュニケーションが取れる環境はモチベーションの維持にもつながるはずです。

時間を節約できる

営業活動においては、報告・連絡・相談が非常に重要です。SFAツール内で報告できるので、上司の手が空く時間を待つようなこともなくなり、時間を効率的に使えます。多くのSFAツールには日報機能が備わっていますが、顧客ごとの報告をしっかりできる仕組みがあれば、日報の廃止も検討できるでしょう。SFAツールを導入すれば本来の営業活動に集中でき、時間の節約につながります。

 

SFAツールを導入する際の注意点

SFAツールを導入する際にはいくつか注意すべきことがあるため、それらを踏まえて検討しましょう。

作業時間が増えることがある

SFAツールは営業活動の効率化を図り、作業時間を削減するためのツールです。しかし利用方法を誤ると、かえって作業時間が増えることがあります。例えばSFAツールに日報機能があることで、これまで実施していなかった日報を始めるようなケース。営業スタイルを改善することは大切ですが、それによって無駄な作業が増えては本末転倒です。

効果が見えるまでに時間がかかる

顧客に対する営業活動は日々更新されるものですが、SFAツールを導入した当初は顧客へのアプローチ情報が蓄積されていません。組織的な営業力が最大限に発揮されるのは、SFAツールの運用をしばらく続けてからです。分析するためにも一定期間の運用が必要で、蓄積されたデータを分析した上で次の戦略を立てます。いずれにしても効果が見えるまで、時間がかかるのです。

 

SFAツールの選定ポイント・選び方

ここからは、SFAツールを選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

コストパフォーマンスは高いか?

SFAツールを検討していると、「導入するだけで営業活動がうまくいく」という錯覚に陥ることがあります。「自社の営業スタイルに合っているか」「導入費用以上の効果があるか」は、入念に検討するべきです。

初めてSFAツールを利用する場合は、段階的に機能を追加できるサービスがよいでしょう。SFAツールに慣れてきたら、機能の追加を検討します。

どこでも利用できるか

コロナ禍によってリモートワークは今後も増えることが予想され、直行直帰の営業スタイルが中心になるでしょう。そのため、外でも情報を更新できるSFAツールが求められ、スマホやタブレットで利用できることは必須条件といえます。利用できたとしても使いにくければ浸透しないため、SFAツールを選ぶ際はスマホ・タブレットでの使いやすさも確認しましょう。

 

おすすめのSFAツール6選

ツール名

初期導入費用

月額費用

売上予測

メール配信

Sales Cloud

0円

9,000円/1ユーザー

Knowledge Suite

0円

50,000円~

JUST.SFA

freshsales

0円

2,100円/1ユーザー

Senses

0円

5,000円~

Zoho CRM

0円

1,400円/1ユーザー

 

Sales Cloud

「Sales Cloud」はSFAツールの先駆けとして知られています。SFAツールだけでなく、CRM機能(顧客管理機能)も備わっているのが特徴です。

Sales Cloudには、自社での分析をサポートするAI(人工知能)が搭載されています。見込み客をセグメント単位で抽出できるため、効率よく営業活動の行動指針を決められるでしょう。これまで営業マンの経験と勘を頼りに活動していた企業では、効率よく売上アップを図れるはずです。

CRM機能の最大のメリットは、失注した顧客について分析できることです。「次はどのように行動したら受注につながるか」がわかるため、営業マンのスキルアップにも役立ちます。また担当者同士で営業成績を共有できるので、組織内で切磋琢磨が促されることもメリットといえるでしょう。

 

Knowledge Suite

「Knowledge Suite」はグループウェアが統合されているSFAツールです。KnowledgeSuiteにはクラウドサービスのスタンダードとなっているユーザー数に応じた課金制度がなく、月額費用はSFAツール内に格納されているデータ量によって算出されます。そのため営業マンの人数による制限がなく、営業以外の製造部門や管理部門においても活動を可視化できるのです。

企業において営業活動を共有すべきなのは、営業部門だけではありません。特にリモートワークを推奨している企業では、他の部門が直接営業部門に聞かなくても業績を確認できることは大きなメリットといえます。SFAツールを見れば今月の売上予想を把握でき、それに伴う資金繰りや経営戦略の立案が可能です。

 

JUST.SFA

「JUST.SFA」は操作性に優れ、非常に使いやすいSFAツールです。JUST.SFAでは、1画面で営業情報をすべて確認できるため、必要な情報がすぐに手に入ります。目当ての情報を手に入れるために遷移したり、検索したりする必要がありません。

見やすいのは営業活動の画面だけではなく、営業データの分析画面も誰でも簡単に利用できるようになっています。リモートワークでは手取り足取り教えることができませんが、JUST.SFAは操作が簡単なので、初めて利用する人にも教育は不要でしょう。使う人の好みによって画面レイアウトを変えられる点も、営業効率の向上につながります。

 

freshsales

「freshsales」は非常にシンプルなSFAツールです。特に画面が使いやすく、シンプルであるがゆえに導入した日から使いこなせます。顧客情報を深く分析することも大切ですが、freshsalesのように手軽に情報を確認でき、漏れがないようにアプローチできるSFAを使えば、営業活動の効率化につながるでしょう。

freshsalesはGmailをはじめ、100種類以上のアプリと連携可能。営業活動に限らず、業務全体の効率化にも力を発揮します。グローバルで40,000社以上への導入実績があり、海外でリモートワークを行っている企業にもマッチするSFAツールといえるでしょう。

 

Senses

「Senses」は営業活動の効率化に長けたSFAツールで、グループウェアに連携できます。営業活動ではメール送信が発生しますが、メールを送った相手の情報を更新し、スケジュール登録も可能。営業活動を続けていれば顧客情報は更新され、スケジュールは最新の状態に保たれます。

リモートワークでは営業活動の入力漏れなどに気づきにくくなりますが、Sensesを利用すればSFAツール内で情報が成長を続けます。蓄積された情報は武器になり、過去の類似案件における効果的なアクションを次のステップとして提案してくれるため、営業活動に迷いがなくなるでしょう。

 

Zoho CRM

「Zoho CRM」は、顧客管理方法がわかりやすいSFAツールです。

Zoho CRMは顧客の現在の状況をセグメント化し、画面上にマッピングします。視覚的に状況を把握できるだけでなく、次のステップが一目瞭然なので、営業活動に迷いが生じません。顧客に対して商品やサービス、プロジェクト名などを紐づけることができるため、自社のサービスに合った顧客管理を実現できます。

営業活動の中で異常を検知すると、アラートで知らせてくれます。リモートワークでは部下の営業活動を把握しにくくなりますが、Zoho CRMがあれば無理・無駄・ムラを未然に防げるでしょう。価格も手頃で、初めてSFAツールを利用する企業にも合うサービスです。

 

まとめ

リモートワークで活用できるSFAツールを紹介しました。営業活動において、高いモチベーションを維持することは非常に重要です。SFAツールがあれば間接業務が効率化され、本来力を入れるべき営業活動に集中できます。

リモートワークが常態化することが予想される今は、SFAツールの導入を検討すべき時といえるのではないでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳