顧客情報の一元管理で効率化しよう。おすすめの店舗アプリ6選

店舗への集客はとても大変で、最も苦労しやすいポイントがリピート顧客の獲得です。

リピート顧客の獲得には、しっかりとした顧客情報の管理と分析がカギになります。

顧客情報の管理と細かい分析を行いたい場合は「店舗アプリ」の利用がおすすめです。

店舗アプリにはどのようなメリットがあるのか、おすすめ店舗アプリや利用する上での注意点・選び方などを詳しく解説していきます。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

店舗アプリとは

店舗アプリは冒頭でも触れたように、リピート顧客の獲得アプローチが出来る、販促に最適なサービスです。

店舗アプリの中には集客・販促だけでなく、決済情報の管理や顧客管理ができたり、業務の効率化や分析ができたりするサービスもあります。

多くの店舗におすすめで、実際に導入している店舗も少なくありません。

初めての人でも利用しやすい店舗アプリも豊富にあるので、集客や販促に力を入れたい人は導入を検討しましょう。

店舗アプリを導入するメリット

  • ユーザー分析が可能
  • 効果的なアプローチが出来る
  • DMの開封率が高い

店舗アプリは、上記の3つが大きなメリットとして挙げられます。

それぞれのメリットについて解説をしていきますので、導入を検討している人は参考にしてください。

ユーザー分析ができる

店舗アプリには行動分析機能が搭載されているものも多く、アプリ内コンテンツの閲覧やアプリ内からのEC購入行動など細かい分析ができます。

顧客の獲得には細かいユーザー行動の分析が重要で、ユーザーの行動を把握することで店舗に合わせた魅力的なアプローチが可能です。

専門のマーケティング分析ツールを導入するとかなりのコストがかかりますので、まずは、顧客獲得を少しずつでも繋げていきたいと考えている人におすすめです。

SNSと連携して効果的なアプローチが可能

ユーザーの行動分析と合わせて行うことで、集客効果が期待できるのが「SNSとの連携」です。

SNSとの連携が可能な店舗アプリを利用すると、無料で販促効果の高いアプローチを行えます。

近年、SNSは重要なマーケティングツールでもあり、SNSをきっかけに一気に集客が出来たという話も少なくありません。

SNSをうまく活用し、魅力的なサービスを送りたい人には、SNSとの連携が可能な店舗アプリがおすすめです。

DMなどの開封率が高い

店舗アプリはインストールしてもらうことが高い興味を惹きつけている状態になるため、通常のDMと比べて開封率が高いです。

やはり、いくら魅力的なDMを送っていても開封をしてもらわなければ意味がありません。

DMは開封をしてもらって初めて意味が成すので、DMをより効果的に既存顧客に送りたいと考えている場合は、店舗アプリを利用しましょう。

店舗アプリを導入する際の注意点

リピート顧客の獲得に繋げるアプローチが可能な店舗アプリですが、注意点としては「操作性」を意識することが重要です。

店舗アプリだけに限った話だけでなく、アプリはインストールしやすい反面、アンインストールもできやすいです。

操作が難しくて使いこなせない場合は、いくら魅力的なサービスでも顧客がストレスを感じてしまい、店舗に対してあまり良いイメージが付かないだけでなく、リピートしてもらいにくいです。

ユーザーが利用しやすいツールを意識しましょう。

店舗アプリの選定ポイント・選び方

  • 操作性
  • 目的・課題に合わせた機能
  • 運用コスト
  • 上記の3つが、店舗アプリの選定ポイントとして挙げられます。

    それぞれの選び方について解説をしますので、注意点やメリットとあわせて参考にしてください。

    ユーザー目線や運営者目線での操作性

    店舗アプリの注意点としても挙げましたが、ユーザー目線での操作性は特に重要です。

    さらに、ユーザー目線と合わせて意識していただきたいのが「運営者目線」での使いやすさです。

    ユーザーはもちろんのこと、運営者が十分に使いこなせていなければ魅力が半減します。

    ユーザー・運営者どちらも使いやすいと感じる店舗アプリを利用するようにしましょう。

    課題や目的に合わせた機能

    店舗によって経営状況は異なるため、それぞれ課題や目的をしっかりと分析をする必要があります。

    店舗アプリは利用するのに月額料金が発生するアプリも多く、目的や課題が定まっていないのに利用していても、満足する結果が得られない可能性が高いです。

    店舗アプリによっても搭載されている機能が異なり、機能が豊富になるほど利用料金も高くなります。

    利用料金を無駄にしないためにも、課題や目的に合わせた機能が付いているアプリを選びましょう

    運用コスト

    さらに、店舗アプリでは運用コストも意識するのが大切です。

    店舗アプリは、導入しても継続して使わなければ効果がありません。

    しっかりと店舗アプリの利用効果を活かすためにも、継続して使う「ランニングコスト」を視野に入れて導入するようにしてください。

    おすすめの店舗アプリ6選

    次は、おすすめの店舗アプリを6選ご紹介します。

    どの店舗アプリも多くの企業が利用していますので、人気の店舗アプリを知りたい人は必見です。

    初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
    GMOおみせアプリ 要問合せ 20,000円~ 4.07/5
    Yappli 要問合せ 要問合せ 3.5/5 ×
    Apple wallet&Google Pay passクーポン発行サービス 0円 15,000円 4.0/5 ×
    アプスタ 100,000円 29,000円~ ×
    POS+ 450,000円 6,000円~ ×
    クラウドサインNOW 要問合せ 要問合せ

    GMOおみせアプリ

    GMOおみせアプリは、7,000社以上が利用している人気の店舗アプリです。

    スタンプカードやポイントカードの発行が可能で、リピートして訪れてもお得に感じてもらいやすいサービスの提供ができます。

    さらに、スタンプカードやポイントカード・クーポンなどは全てアプリで電子化できるため、財布から探す手間を省けます。

    ユーザーも利用しやすいアプリで、インストールしてもらうことでお得なキャンペーン・イベントの配信も可能です。

    多くのメリットを感じやすい、ユーザーにとっても魅力的な店舗アプリになります。

    Yappli

    Yappliは、アプリの開発・運用・分析が詰まったプラットフォームです。

    450社以上が導入している実績を持ち、プログラミング不要で幅広いデザインのアプリ開発ができます。

    オリジナリティ溢れる専用アプリを作ることで、より魅力的な店舗だと実感してもらいやすい上に、他の店舗との差別化が図れます。

    QRコードを利用して、商品の在庫チェックや、商品の入荷情報を提供できるサービスも開発可能です。

    ポイントカードやフォトフレーム機能に加え、顧客属性に沿ったプッシュ通知機能の設定もできる、活用しやすい店舗アプリです。

    Apple wallet&Google Pay passクーポン発行サービス

    Apple wallet&Google Pay passクーポン発行サービスは、名前のニュアンスからも想像が出来るようにクーポンの発行に長けているツールです。

    PASSクーポンの作成の作成を行い、顧客がURLをクリックすると「Applewallet」や「Googlepay」にクーポンが保管できます。

    クーポンを電子化することでコスト削減が可能で、サービス提供の負担を減らせます。

    アプスタ


    アプスタは、目的・課題に合わせたアプリ開発が行える店舗アプリです。

    アプリで収集したお客様の情報・属性・興味や来店履歴などを集計分析ができ、顧客に合わせたアプローチができる点からも人気があります。

    制作実績1,000社以上のノウハウが詰まっており、初めてアプリ制作を行う人でも利用しやすいのも特徴です。

    他の店舗との差別化が図りやすいため、多くの店舗におすすめです。

    POS+


    POS+(ポスタス)はあらゆる業種・業界の店舗運営を支援してくれるサービスです。

    店舗運営に必要な、顧客管理や分析機能・在庫管理や注文機能といった豊富な機能が備わっています。

    POS+(ポスタス)一つで店舗運営に必要な機能が備わっている、オールインワンパッケージです。

    特に、飲食店や美容サロン・小売店から高い人気を誇ります。

    クラウドサインNOW

    クラウドサインNOWは、クラウド型の店舗管理アプリで、中でもスポーツジムなどの会員制サービスを提供している企業におすすめです。

    申込書の自動化や顧客情報の一元管理・契約情報や顧客情報・従業員情報の集計など細かい分析が可能で、リピート客の獲得に繋がる細かい分析や情報管理ができます。

    業務負担を削減できるため、本来の業務に集中できるという点も魅力です。

    まとめ

    店舗アプリは顧客を大切にできるサービスなので、顧客満足度も必然と高まりやすいです。

    さらに、顧客満足度だけでなく、業務負担の削減やコスト削減を図れる機能も搭載しているので、運営者側にとっても多くのメリットがあります。

    目的や課題を明確にしたうえで、選定ポイントやおすすめ店舗アプリを参考にすると、理想的な店舗アプリが見つかるでしょう。

    起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

    事業承継手帳
    関連記事
    記事タイトル
    記事タイトル

    (編集:創業手帳編集部)