企業経営の効率化をしよう。おすすめのデータ入力代行サービス3選

働き方改革の影響もあり、多くの企業が電子化の導入を行っていますが、今までのデータを手入力しているという企業も少なくありません。

データ入力作業はとても大変で、複数人数で対応しなければならず業務の時間を大幅に取ってしまうため、生産性が下がってしまうというケースもあります。

一時的にでも、データ入力を行ってくれる人員が欲しいという場合に役立つのが「データ入力代行サービス」です。

データ入力代行サービスを導入すると、どのようなメリットがあるのか、注意点・選び方について詳しく解説を行っていきます。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

データ入力代行サービスとは


サービス名からもわかるように、データ入力に特化した代行サービスで、近年注目を集めているサービスです。

電子化を導入することによって紙媒体から電子データに切り替わりますが、切り替えのタイミングで手入力が必要になるケースも少なくありません。

紙媒体から電子サービスに入力するのはかなり時間がかかりやすく、データ入力に人員も割かれてしまうため生産性も悪くなるでしょう。

データ入力代行サービスは、本来の業務に集中しながら電子化させたいと考えている企業におすすめのサービスです。

データ入力代行サービスを導入するメリット


データ入力代行サービスを導入すると、下記の3つがメリットとして挙げられます

  • 業務に集中できる
  • コスト削減
  • 入力ミス率が低い

それぞれのメリットについて解説をしていきますので、導入を検討している人は参考にしてください。

業務に集中できる

データ入力でも、アンケートやタイムカード集計・イベントの結果集計や顧客情報の入力と様々ですが、データ入力代行サービスの導入で一番メリットに感じるのは、コア業務に集中できるという点でしょう。

データ入力代行サービスを導入することで、本来の業務に集中できるようになり、生産性も高めることができます。

特に、データ入力が必要で量が多い場合はおすすめです。

コスト削減

データ入力代行サービスは、比較的リーズナブルな価格帯で対応してくれる企業が多いです。

社内の人件費と比べて安い料金で対応してくれるケースがほとんどなので、データ入力に割くコストも削減できます。

入力ミス率が低い

さらに、「データ入力を行う際のミス率が低い」という点もメリットとして挙げられます。

社内でデータ入力を行うと、どうしても他の業務を行わないといけないという意識から焦ってしまい、ミスをしてしまうことも少なくありません。

もちろん、人の手で入力するためミス率がゼロというわけにはいきませんが、データ入力代行サービスでは、データ入力だけに集中して業務を行うため、社内で入力するときと比べるとミス率が低いです。

データ入力代行サービスを導入する際の注意点


データ入力代行サービスを利用する際には、業者選びを慎重に行う必要があります。

データ入力代行サービスは、社内の情報を渡す必要があるため、セキュリティ面がしっかりとしていないとトラブルに発展しやすいです。

さらに、依頼する量が多く、納期が短い場合は急いで入力しないといけないという焦りから、入力ミスが起きる可能性もあります。

入力ミスやトラブルに発展しないためにも、業者選びは慎重に行ってください。

データ入力代行サービスの選定ポイント・選び方

  • 対応してもらえる量
  • 料金面
  • セキュリティ面

データ入力代行サービスの導入には、上記の3つが選定ポイントとして挙げられます。

それぞれの選定ポイントについて解説をしていきますので、導入を検討している人は参考にしてください。

対応してもらえる量

データ入力代行サービスを利用する場合は「対応してもらえる量」を確認しましょう。

データ入力の量が多くなると、注意点でも挙げたように入力に焦ってしまい、ミスが起きてしまう可能性も高いです。

対応してもらえる量とともに、何人で作業をするのか・納期はいつぐらいになるのかなどは、しっかりと打ち合わせを行うようにしてください

料金プラン

対応してもらえる量とあわせて確認していただきたいのが「料金プラン」です。

コストが安いことは良いことではあるのですが、あまりにも安すぎる場合は怪しい可能性も高くなり、社内の情報を抜き出すだけの悪質な企業のケースもあります。

データ入力の量に合わせた相場を調べておき、料金プランを確認しながら選ぶようにしましょう。

セキュリティの高さ

さらに、選定ポイントではセキュリティの高さも重要です。

セキュリティ面も、問い合わせを行う際にしっかりと確認をするようにしてください。

データ入力代行サービスの中でも、導入事例や実績を多く挙げている企業がおすすめになります。

おすすめのデータ入力代行サービス3選


次は多くの企業が利用しているおすすめデータ入力代行サービスを3選ご紹介します。

注意点や選定ポイントと合わせて参考にしてください。

初期導入費 月額費用 複数の依頼 無料トライアル
Lancers Assistant 要問合せ 100,000円/3ヵ月単位 可能 ×
プラスワンリサーチのアン 1文字1円~ ×
AIよみと~る 0円 33,000円~ 可能

Lancers Assistant

Lancers Assistant(ランサーズ アシスタント)は、秘書業務や営業・マーケティングなどといった様々な業務を、チーム単位で対応してくれるサービスです。

データ入力作業も対応してくれる上に、人数が指定できるため、データ入力の量に合わせて発注を行えます

チームワークを活かしたスピーディーな対応を行ってくれるので、大量のデータ入力がある企業や早めに入力してほしいデータがある企業におすすめです。

プラスワンリサーチのアンケート入力&集計

プラスワンリサーチのアンケート入力&集計は、市場調査とデータ入力がセットになっているサービスになります。

アンケートのデータ入力まで行ってくれるため、マーケティング分析に時間を割くことが可能です。

さらに、データ入力に関しても倫理エラーの検索や異常数値のチェックなども行った上で提出してくれるため、精度の高いアンケート集計のデータをもらえます。

AIよみと~る

AIよみと~るは、NTT東日本が提供しているサービスで、AIによる分析によって自動入力が行われるサービスです。

読取精度は極めて高く、20,000文字を超えるトライアルの結果、96%の精度結果を出しています。

手書きの場合はどうしても人によって癖が出るため、読み取りやすい文字と読み取りにくい文字があります。

AIによる細かい分析の基でデータ化してくれるので、手書き書類のデータ入力が多い場合におすすめです。

まとめ

多くの企業におすすめのデータ入力代行サービスは、入力業務の量が多いほどメリットは感じやすいです。

ただし、注意点でも挙げましたが、データ入力業者を名乗る悪質な業者も中にはあるため、料金やセキュリティ面はしっかりと確認してから依頼を行うようにしましょう。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳
関連記事
記事タイトル
記事タイトル

(編集:創業手帳編集部)