匿名の見込み顧客にもアプローチを実行できるMAツール

「新しい生活様式」が広まった結果、Web上での見込み顧客獲得に取り組む企業が増えており「MAツール」のニーズが高まっています。

今回は、リードジェネレーション機能が充実していると話題の「SATORI」の特徴や機能を解説します。見込み顧客の獲得に役立つMAツールをお探しの事業者は、ぜひ参考にしてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

SATORI(サトリ)とは?


SATORIとは、国内のITベンダー株式会社SATORIが提供するMAツールです。

すでに900社以上で導入しており、国産のMAツールとしてはナンバー1の認知度(※2017年ジャストシステム社調べ)を誇ります。

顧客開拓を自動化して見込み顧客を増やす機能が豊富で、Webサイト上でのアクションを得られていない匿名顧客にもアプローチできるのがSATORIの強みです。

SATORIの特徴


SATORIの特徴は大きく分けて以下の3つです。

 

  • ・UIがシンプル
  • ・見込み顧客を増やす機能が豊富
  • ・サポートが充実

 

 

UIがシンプル

SATORIは純国産のMAツールなので、画面上のテキストはすべて日本語で表記されています。

UIが非常にシンプルなため、MAツールの使用経験が浅い担当者でも簡単に取り扱うことが可能です。

導入方法も手軽で、Webサイトに計測タグを埋め込むだけで初日から使い始めることができます。

見込み顧客を増やす機能が豊富

SATORIは実名顧客だけでなく、まだコンバージョンを獲得できていない匿名顧客をターゲットに含めたマーケティングが可能です。

SATORIに搭載されているリードマネジメント機能を使うと、匿名顧客のcookie情報を収集して任意のセグメントに分類することができます。その後、特定のページにアクセスした匿名顧客にポップアップやプッシュ通知を表示することでコンバージョンを獲得しやすくなります。

安心のサポート体制

SATORIのカスタマーサポートは日本のスタッフが対応するため、時差で回答が遅れることもある海外製MAツールと比較するとスムーズに問題を解消できます。

また、カスタマーサポートサービスでは、伴走型のサポートやテーマごとのセミナーなどの幅広いサポート体制が整っています。

SATORIの機能


続いてSATORIの代表的な機能を解説します。

 

  • ・リード管理機能
  • ・リードジェネレーション機能
  • ・リードナーチャリング機能
  • ・リードクオリフィケーション機能
  • ・オートメーション
  • ・レポート

 

 

リード管理機能

SATORIのリード管理機能を使うと、顧客情報の閲覧や編集などの様々な操作が行えます。

・実名・匿名に関わらずデータ管理が可能

実名顧客・匿名顧客に関わらずリードデータの管理を行えます。

・CSVファイルを利用したデータ管理

CSVファイルを利用して顧客データの一括登録や削除、出力が可能です。

管理画面から個別の顧客データの登録や編集、削除を行うこともできます。

・リスト作成

様々な条件を設定してリストを作成し、広告メールの送信や、年齢や居住地で分類したタグを顧客情報に付与することができます。

・顧客の行動管理

管理ページで顧客の行動履歴、スコア、タグなどの詳細なデータを閲覧できます。

・セグメント、タグ管理

特定のアクションを取るなどの条件に当てはまる顧客にタグを追加し、セグメントごとに分けて管理することができます。

・IPアドレスから閲覧企業の特定

IPアドレスからWebサイトを閲覧している企業の特定が可能です。

・複数ドメインにまたがるトラッキング

見込み客が複数のドメインを使用している場合でも、行動履歴のトラッキング(追跡)が可能です。

リードジェネレーション機能

自社のWebページをテンプレートにして、同じスタイルのページを簡単に作成・編集することができます。画像や電子ファイルのアップロードにも対応しており、Webサイトの作成に慣れていない担当者でもスムーズにLP(ランディングページ)を制作できます。

フォーム作成・ポップアップ機能・プッシュ通知機能を追加することもできるため、コンバージョンを高めやすくなります。

リードナーチャリング機能

顧客の購買意欲に訴求するリードナーチャリング機能では、HTMLやテキスト形式だけでなく、マルチパート(※)に対応したメール配信ができます。さらに、顧客がアクセスしたURLのパラメータをもとにセグメントを作成することも可能です。

※マルチパート…受信者のメールソフトに合わせてHTMLやテキストメールを表示する機能のこと

リードクオリフィケーション機能

リードクオリフィケーション機能では、見込み顧客の購買意欲をスコアリングすることができます。

判定結果をもとに、適切なタイミングで広告配信などのアプローチを行うことも可能です。

オートメーション

メール配信やタグ追加などの作業を自動化し、業務効率を改善することができます。

【自動化できる作業の例】

 

  • ・日時指定のメール配信、顧客情報へのタグ付け、社内へのメール通知
  • ・Googleなどの広告配信サービスとの連携

 

 

レポート

レポート機能を利用すると以下の4項目を確認することができます。

 

  • ・ダッシュボード
  • ・目標設定
  • ・キャンペーン設定
  • ・セグメントレポート

 

 

ダッシュボードではリード獲得件数などの推移をグラフで確認できるほか、キャンペーン設定では費用対効果をレポート化できるため、効率的にPDCAサイクルを回すのに役立つでしょう。

SATORIの有料オプションサービス


ここまでSATORIの基本機能について解説してきましたが、SATORIには別途申し込むことで利用できる有償オプションサービスが存在します。

 

  • ・データ提供
  • ・データ連携
  • ・独自ドメイン
  • ・有償サポート

 

 

データ提供

SATORIが蓄積した「DMPデータ」「カスタマーデータ」「アクションデータ」を提供してもらい、他のデータと組み合わせてBI分析を行うことができます。

データ連携

SATORIが提供する各種データと外部ツールを連携できる有償サービスです。

「Kintone」「Sales Cloud」「Sansan」との連携が可能です。

独自ドメイン

SATORIのリードジェネレーション機能で作成したWebページに独自ドメインを利用できます。ただし、独自ドメインの取得・設定は利用者側で行う必要があります。

有償サポート

自社専用のサポート担当者に、ツールの設定方法やマーケティング手法について相談できます。他社の成功事例などを参考にしつつ、共同で課題に取り組む伴走型の支援を受けられます。

SATORIを導入するメリット


SATORIの導入により期待できるメリットは、以下の通りです。

 

  • ・Webサイト上でコンバージョンを促せる
  • ・見込み顧客の購買意欲を高める
  • ・見込み顧客を増加する

 

 

SATORIでは固定ページ上へのフォームの設置や、ポップアップを利用したバナーを設定できるので、特定の条件に該当した見込み顧客に対してアプローチをかけられます。

また、セグメント機能を利用することで購買意欲が高い見込み顧客を抽出してメールマーケティングを行うことも可能です。

さらに匿名の見込み顧客に関する情報も収集して顧客データを一元管理するため、幅広いターゲット層にアプローチできます。

SATORIを導入すればこれらの効果が期待できるので、見込み顧客を増やしてコンバージョンにつなげたいという事業者におすすめです。

SATORIの料金プラン

初期費用 ¥300,000(税別)~
月額 ¥148,000(税別)~
有料オプション 別途問い合わせ

SATORIの料金プランは、上記のようになっていますが、詳細な金額に関しては機能やオプションの有無で変わってくるので別途見積もりが必要になります。

なお、SATORIでは無料トライアルの利用ができるので購入を決める前に試しに利用してみるのもよいでしょう。

まとめ


デジタルマーケティング市場にはたくさんのMAツールが提供されていますが、匿名の見込み顧客にも効果的なアプローチができるツールはあまりありません。

潜在的なターゲット層を発見したい企業や見込み顧客のナーチャリング(育成)に悩んでいる事業者は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳

(編集:創業手帳編集部)