広告データを一括で管理!おすすめの広告統合管理ツール6選

様々な企業から広告を出してもらっているけど、集計業務や分析業務・管理業務に時間がかかるという企業も増えています。

Webメディアを運営している場合は、広告が集客方法の一つの手段になるため、細かな分析を行ってWebメディアに適した広告表示を行う必要があります。

しかし、複数の企業から広告表示をしてもらっていると、どうしても管理業務に時間がかかるでしょう。

このような広告の管理をスムーズにしてくれるのが「広告統合管理ツール」です。

広告統合管理ツールを利用するとどのようなメリットがあるのか、注意点や選び方と合わせて解説を行っていきます。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

広告統合管理ツールとは


広告統合管理ツールは、GoogleやYahoo!・企業による広告などを紐付けして統合管理ができる便利なツールです。

広告を出稿することによって検索エンジンで表示されるため、多くの人の目に触れて認知度を高めることができます

統合管理を行うことでどのくらいの集約ができているのか確認できるとともに、効果がない場合には改善できやすいです。

広告統合管理ツールを導入するメリット

  • ・広告運用業務の負担削減
  • ・スムーズな集計と分析

上記の2つが、広告統合管理ツールを導入するメリットとして挙げられます。

それぞれのメリットについて解説をしていきますので、導入を検討している人は参考にしてください。

広告運用業務の負担削減

複数の広告運用を行っていると管理業務が大変ですが、広告統合管理ツールを利用すると一元管理が可能になります。

さらに、広告統合管理ツールは、専用のダッシュボードでチェックできるため、運用業務の負担を大きく削減できます。

広告効果に対する分析や集計をスムーズに行える

広告統合管理ツールは一元管理ができるので、集めたデータを元に細かな分析が行いやすいです。

それぞれの広告を出している企業のページに移動して集計を行う必要がないため、分析時間も大幅に削減できるでしょう。

そのため、分析データを元にしたWebメディア運営を行いたい企業や、分析を基にしたサービス展開に力を入れたい企業にもおすすめです。

広告統合管理ツールを導入する際の注意点


広告統合管理ツールを導入する際には「継続して利用するのにランニングコストがかかる」というのに注意しましょう。

広告統合管理ツールは業務の負担を軽減できる便利なツールですが、やはり継続して利用するためには、ある程度の費用を払う必要があります。

導入する際には、継続して利用できる予算範囲内のツールを利用するようにしましょう。

広告統合管理ツールの選定ポイント・選び方

  • ・料金プラン
  • ・使いやすさ
  • ・サポート体制

広告統合管理ツールは、上記の3つが導入する選定ポイントとして挙げられます。

それぞれの選定ポイントについて解説をしていきますので、導入を検討している人は参考にしてください。

継続して利用できる料金プラン

広告統合管理ツールに限った話ではありませんが、こういったツールは継続して分析を行うことに意味があるため、使い続けることが可能なサービスの利用を行うのが好ましいです。

まず、予算を決めて料金プランを確認をしてから利用するようにしましょう。

知識がない人でも使える操作性

さらに、広告統合管理ツールの選定ポイントとして「使いやすさ」も重要です。

専用のダッシュボードを使って統合管理ができても、使いこなせなければ意味がありません。

専門的な知識がない人でも利用できるような、シンプルで操作性の高いツールを選ぶのが良いでしょう。

サポート体制と対応範囲

料金プランや操作性と合わせてチェックしていただきたいのが「サポート体制」と「対応範囲」です。

統合管理ツールを十分に使いこなせることができると問題ありませんが、操作がわからない場合には提供している企業に問い合わせを行う必要があります。

サポート体制がしっかりとしているサービスだと、スムーズな連絡を行ってくれるので安心です。

分析可能範囲や集計可能範囲もそれぞれ異なるため、サポート体制と合わせて対応範囲もチェックしておきましょう。

おすすめの広告統合管理ツール6選


次は多くの企業が利用しているおすすめ広告統合管理ツールを6選ご紹介します。

注意点や選定ポイントと合わせて参考にしてください。

初期導入費 月額費用 主な特徴 無料トライアル
SPinno 要問合せ 要問合せ シンプルな操作性 ×
glu 要問合せ 要問合せ レポート自動生成機能付き ×
Marketia 要問合せ 要問合せ デジタルマーケティング分析 ×
Bypass 0円 0円 マルチデバイスに対応
Vasta 要問合せ 要問合せ 高精度なターゲティング ×
AdFlow 要問合せ 要問合せ 広告効果レポーティング

SPinno

SPinno(スピーノ)は、ECサイト運営を行っている人に使われていることが多い、広告統合管理ツールです。

パソコンだけでなくタブレットでも確認・操作が可能で、シンプルなダッシュボードは直感的に操作ができます。

広告データの集計・分析だけでなく、書類データやメール・電話データなどの管理も可能です。

glu

glu(グルー)は、広告運用業務に特化したサービスです。

レポーティング自動生成ツールが搭載されており、広告の効果や金額などをはじめとした細かい分析がスムーズにできます。

glu(グルー)で分析したデータを外部サービスに移して使用することもできるため、戦略的なマーケティングに活かすことが可能です。

顧客情報、予算情報などの記録管理もできるため、多くの企業で活躍するでしょう。

Marketia

Marketia(マーケティア)は、リスティング広告の広告管理や最適化など、デジタルマーケティングに強いツールです。

広告や自然検索からの流入に対する分析ができるため、集客分析に力を入れたい企業におすすめになります。

広告やアフィリエイトのタグの紐づけが可能で、一元管理ができやすい点からも人気です。

Bypass

Bypass(バイパス)は、スマホやタブレットなどマルチデバイスに対応したプラットフォームです。

広告の一元管理化ができるだけでなく、広告の自動最適化や配信までがスムーズに行えるツールです。

効果測定やレポーティングまで可能なうえに、無料で使い続けることができる点からも人気があります。

Vasta

Vasta(ヴァスタ)は、ソーシャルメディア特有のデータ分析に長けている統合管理ツールです。

広告運用者視点に立ったオートビッド機能が魅力で、管理者だけでは賄いきれない部分もしっかりとサポートされた配信ができます。

SNSでのプロモーション・マーケティングを支援してきたノウハウを基にしたターゲティングもできるため、より効果的に広告配信を行いたい企業におすすめです。

AdFlow

AdFlow(アドフロー)は、プロジェクト管理ツールとして有名ですが、AdFlowの中に広告の一元管理とレポーティングが可能な「AdFlow Banner Pool」があります。

広告管理がしやすいシンプルなダッシュボードで、広告の入稿や管理・配信分析など様々なアクションが可能です。

デモ体験ができるので、実際に利用してみてから導入を検討できます。

まとめ

広告統合管理ツールは、しっかりと広告を管理・分析して、集客・マーケティングに活かすことが可能なため、Webメディア運営を行っている企業にはおすすめです。

広告予算の管理や分析を行うことにより無理のない広告運用ができるので、複数の広告入稿を行っている企業は利用を検討してみてください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳