マーケティングの最適化を実現!おすすめのO2Oツール6選

店舗への集客はネットショップと比べてかなり難しく、宣伝や広告などの戦略が重要になります。

「実店舗を開いたものの集客の仕方がわからない」「新規顧客がなかなか獲得できない」といった悩みを抱えている人におすすめなのが「O2Oツール」です

O2Oツールはどのようなサービスなのか、導入するメリットや注意点・選び方を含めておすすめ6選をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

O2Oツールを導入するメリット

O2Oツールを導入することで得られるメリットは以下の3つがあります。

  • 即効性のあるアプローチができる
  • 新規顧客のスムーズな獲得が出来る
  • マーケティング分析ができやすい

それぞれのメリットについて、詳しく解説をしていきますので参考にしてください。

即効性のあるアプローチが可能

O2Oツールはクーポン情報やイベント情報を配信できるため、顧客の興味を刺激できます。

既存顧客に案内を促せるだけでなく、眠っている顧客の発掘に繋がるケースも少なくありません。

さらに、期間限定の案内をすることで購買意欲や、サービス利用に関する利用意欲を掻き立てることができ、早い段階で効果が実感できるようになるでしょう。

O2Oツールは即効性を狙いたい場合におすすめです。

新規顧客の獲得ができやすい

O2Oツールは新規顧客の獲得ができやすいです。

友達紹介キャンペーンなどを促すことで、既存顧客から新規顧客の紹介をしてもらえる場合も多いです。

もちろん、新規顧客に継続して利用してもらう・購入してもらうためには、紹介をしてもらった後にはしっかりとした案内ができることが重要になります。

マーケティング分析が行いやすい

O2Oツールの中には分析機能が付いているサービスもあるため、顧客の反応をチェックできます。

専門的なマーケティングツールを導入するとある程度の費用がかかりますが、O2Oツールを利用した際の効果を知りたい場合は付属している分析機能で十分可能です。

分析結果に応じてアプローチ方法を変えていくことで、効果的なアプローチの仕方を探ることもできます

O2Oツールを導入する際の注意点

O2Oツールを導入する際の注意点としては、顧客育成が難しいことを念頭に置きましょう。

というのも、O2Oツールを利用して訪れた顧客は「お得なキャンペーンがある」という点を意識して来ているため、次回に繋がるようなキャンペーンがなかった場合は、再度、来店してもらえる可能性は低くなる傾向があります。

そのため、O2Oツールを利用した顧客育成は一度目の訪問以降のことも考えて行うことが必要です。

O2Oツールの選定ポイント・選び方

  • 利用料金
  • カスタマイズが出来るか
  • マ分析機能や管理機能について

O2Oツールは上記の3つが選定ポイントとして挙げられます。

それぞれの選び方について解説をしていきますので、O2Oツールの導入を検討している人は参考にしてください。

運用コスト

O2Oツールは、新規顧客や既存顧客を刺激できる案内を送ることができますが、運用コストを視野に入れておかないと損をする可能性も高くなります。

注意点でも触れましたが、O2Oツールはお得なキャンペーンが案内できるものの、次回以降の来店に繋げにくい傾向があります。

高い運用コストを払って案内したのにもかかわらず、一度きりの訪問だけで終わったという状況になれば意味がないため、運用コストもしっかりと考えた上で選ぶのがおすすめです。

カスタマイズ性

O2Oツールはさらに、カスタマイズ性を意識して選ぶようにしてください。

既に、案内が出しやすいようにテンプレートを用意しているツールもありますが、テンプレートのまま送ってしまうと一度目は効果がでても、二度目・三度目はワンパターンだと感じられて飽きられる可能性もあります。

カスタマイズ可能なO2Oツールだと、オリジナリティ溢れる案内が送れるだけでなく、その都度、魅力的なデザインで案内ができるため顧客を飽きさせません。

顧客獲得や顧客を育てていく上では大切なことなので、出来るだけカスタマイズが可能なO2Oツールを選びましょう

管理・分析機能の充実度合

O2Oツールは、分析機能や管理機能があるとさらに、高い効果を実感しやすいです。

管理機能や分析機能があると、O2Oツールを利用したことで「どのくらいの反響があったのか」「その後どのくらいの継続顧客に繋がったのか」などを調べることができます。

反応が悪い場合は、違うアプローチに変えるといったふうに変更することが必要です。

効果を実感し反映させるためにも、管理機能や分析機能がついているツールを選ぶのがおすすめです。

おすすめのO2Oツール6選

次は、多くの企業が利用している、おすすめO2Oツールを6選ご紹介します。

O2Oツールの導入を検討している人は参考にしてください。

初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
LINE公式アカウント 0円 0円 4.12/5
Peatix(ピーティックス) 0円 0円 4.03/5
こくちーず 0円 0円 3.68/5
GMOおみせアプリ 要問合せ 20,000円~ 4.07/5
Doorkeeper(ドアキーパー) 1,500円~ 4.08/5
SmartPlate(スマートプレート) 要問合せ 4.4/5

LINE公式アカウント


LINE公式アカウントは、LINE@がサービス移行したビジネス向けコミュニケーションツールになります。

店舗で使用できるクーポンを作成を行ってメッセージとしての配信や、LINE上でポイントカードの発行管理ができ、利用者の分析も可能です。

LINEアプリで、友達になっている人物に対して案内を送れる点が魅力です。

さらに、多くの人が利用しているLINEなら、幅広い人を対象に案内が送りやすいでしょう。

Peatix

Peatix(ピーティックス)は、オンライン・オフラインイベントを開く際に利用されることが多いツールです。

中でも、フェス・グルメ・セミナー・アートイベントなど、イベントを開く際には特に有効です。

集客が出来やすい点が人気で、460万人以上が利用しているサービスになります。

こくちーず


こくちーずも、オンラインイベントを開催したい場合に役立つツールです。

検索エンジン最適化(SEO)対策やSNSでの紹介機能も充実しており、集客ができやすいWebページ作りも行いやすいです。

参加者の一括管理機能なども搭載しているため、集客効果などもしっかりと把握できるのも魅力でしょう。

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリは美容室や飲食店をはじめ、7,000店舗以上が利用しているサービスです。

スタンプカードやクーポンの発行を電子化でき、いつでも忘れずに提示してもらうことが可能なツールになります。

紙媒体での発行をしなくても済むため、コスト削減が図れるのも魅力です。

ニュースやクーポンの発行を、プッシュ通知という形で送ることが可能で、リアルタイムで顧客への刺激を行えます。

Doorkeeper


Doorkeeper(ドアキーパー)は多くの企業が利用しているコミュニティツールで、イベント開催に長けています。

イベントの作業工程を効率化できるイベント管理システムでもあり、参加率アップのノウハウが詰め込まれているのが特徴です。

初めてイベントを開催して集客を行う人にもおすすめのツールです。

SmartPlate


SmartPlete(スマートプレート)は、QRコードを有効活用できる便利なツールです。

スマホをかざすだけでWebサイトやTwitte・LINE・動画・地図といった様々な情報を取得できます。

お得なクーポンを配信できるだけでなく、スタンプラリー機能なども利用できるため、リピートを狙うことができるツールです。

多くのメディアでも掲載されている人気のツールでもあり、今後さらに人気が高まると注目されています。

まとめ

O2Oツールは、イベントやキャンペーンを行うときに活躍するツールが多く、利用することで新規顧客の獲得や潜在顧客の発掘を行うことができます。

初めて利用する場合は、初期費用がかからないO2Oツールがおすすめです。

集客を考えている人は、ぜひO2Oツールの利用を検討してみてください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳