営業支援システムが注目を浴びている

近年多くの企業がAIを活用した便利なシステムを導入していますが、営業を行う企業向けの営業支援システム(SFA)も多く登場しています。

SFAは顧客管理システム(CRM)の一つで、データベースの分析や顧客の管理、見込み客の発掘などができるため人気があります。

現在多くの会社が営業支援システムを提供していますが、特にナレッジスイート株式会社が提供する「Knowledge Suite」はサービスが充実していると好評です。

「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」には、どのような特徴があるのでしょうか。導入をおすすめする企業や、料金プランも紹介するのでぜひ参考にしてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

 

Knowledge Suite(ナレッジスイート)とは?

Knowledge Suite(ナレッジスイート)は営業支援システムの一つで、すでに多くの企業が導入しています。

ナレッジスイート株式会社が提供しているサービスの一つで、社員数が多い企業は特に利用しやすいため、人気があります。

営業に関するデータベースの構築やプロセス・情報の共有がクラウド上でできるため、多くのシーンで活躍する便利な営業支援システムです。

ナレッジスイート株式会社とは?

重要な部署である営業の支援システム・顧客管理システムが利用できるKnowledge Suiteですが、「ナレッジスイート株式会社」を知らないために利用を躊躇する人もいるかもしれません。

ナレッジスイート株式会社は業界では有名な大手企業で、グループウェアが付いたSFA&CRMの営業支援システムの開発会社として知られています。

設立は2006年で、本社は東京都港区。2017年から東証マザーズに上場しています。全国各地に営業所が展開されているため、これからさらに伸びることが予想される会社です。

 

ナレッジスイート株式会社「Knowledge Suite」5つの特徴

Knowledge Suiteは上場企業が開発している営業支援システムなので、安心して利用できます。ここからは、Knowledge Suiteと他の営業支援システムの違いを見ていきましょう。

最初から複数のアプリケーションを使える

Knowledge Suiteの最大の特徴は、利用開始直後から複数のアプリケーションを使用できることです。

「Knowledge Suite」はオールインワンタイプであり、どの料金プランでもさまざまな機能を持つ「GRIDYグループウェア」を使用できます。

会社内でクラウド共有によって連絡を取り合うこともできるため、営業部門だけでなく他の部署との連携も円滑になります。

アプリケーションの数が多いため使わないものもありますが、自社で使わないアプリケーションを非表示にすることも可能です。

アプリケーションの豊富さだけでなく、使いやすさにもこだわっているサービスといえます。

さまざまなデバイスに対応

多くのアプリケーションを利用できるKnowledge Suiteですが、さまざまなデバイスに対応していることも人気の理由の一つです。

会社のPCだけでなく、スマホやタブレットでもKnowledge Suiteのアプリを利用できます。

データはクラウド上にあるため、外出先でも顧客分析や案件管理、スケジュール管理が可能です。

利用可能ユーザー数が無制限

他の営業支援システムとナレッジスイート株式会社の「Knowledge Suite」の最大の違いは、利用可能ユーザー数です。

ほとんどの営業支援システムはユーザー数に対応した料金体系になっているため、多くのユーザーが利用する場合はコストが膨らんでしまいます。

しかし「Knowledge Suite」は1法人1契約であり、1契約のユーザー数は無制限です。

料金プランの詳細は後述しますが、ナレッジスイート株式会社「Knowledge Suite」は3GBや5GBなど、容量に応じてプランを選べます。

スケジュールの動的可視化

Knowledge Suiteの興味深い特徴は、スケジュールの動的可視化ができることです。

例えば共有スケジュールに予定を入れる際、相手によって表示する内容を変えることができます。

企業では社長をはじめ、部長・課長・係長などの役職がありますが、役職ごとに知っておくべき機密情報は変わります。

情報を共有する際、役職に合わせて情報開示レベルを変更できるため、社内でも情報機密性の確保が可能です。

セキュリティが充実している

Knowledge Suiteはセキュリティが充実しているため、安心して利用できます。

例えば、システムにログインできるユーザーIDを限定できます。

クラウド上では「誰かが誤ってデータを変更してしまい、元の内容がわからなくなった」ということが起こり得ますが、重要人物だけがログインできるように設定できるため、不要な操作を防ぐことができます。

第三者機関の監査によるセキュリティ対策が施されているほか、アクションログ取得機能を実装しているため、不正リスク・情報漏えいリスクの抑制が可能です。

 

Knowledge Suite(ナレッジスイート)をおすすめする企業

Knowledge Suiteは魅力的な営業支援システムサービスですが、どのような企業が利用すると効果的なのでしょうか。

ここからは、Knowledge Suiteをおすすめする企業を紹介しますので、該当する企業はぜひKnowledge Suiteの営業支援システムサービスをチェックしてください。

コストを抑えつつ多くの人数でSFAを利用したい企業

Knowledge Suiteはユーザー数が無制限であることも魅力で、料金もそこまで高くありません。

そのため、「コストを抑えながら、多くの人数で営業支援システムを利用したい」と考えている企業に向いています。

業績が拡大すると社員数が増えますが、データ容量が大きいプランに変更すれば、さらに多くの人数でも利用できます。

リアルタイムで情報を共有したい企業

Knowledge Suiteはクラウド型の支援システムであるため、リアルタイムで情報共有が可能です。

そのため、外出先でも本部からの情報や営業マンからのデータを確認できます。

情報をリアルタイムで共有することでスピーディーな行動や対応ができるため、成約率の向上を期待できます。

スムーズに部署同士の連携を図りたい企業

部署があることで正確性や専門性の向上を図れますが、セクショナリズムによって初歩的な伝達ミスが起こることがあります。

Knowledge Suiteはどの部署でも使いやすいオールインワンパックなので、それぞれに適したアプリケーションや機能を利用しながら、必要な情報のみを共有することが可能です。

スムーズに情報を共有できるため、部署同士の連携がさらに円滑になるでしょう。

 

Knowledge Suite(ナレッジスイート)の料金プラン

Knowledge Suiteには3つの料金プランがあり、どのプランでも初期費用はかかりません。

そのため、初期費用を抑えたい企業にも向いています。

料金プランは「グループウェアの3GBプラン」「SFAスタンダードの5GBプラン」「SFAプロフェッショナルの50GBプラン」の3種類で、営業支援システムのSFAが使用できるのは「SFAスタンダード5GBプラン」と「SFAプロフェッショナル」です。

料金プランごとの機能は、以下のとおりです。

<グループウェア>

容量:3GB
基本料金:6,000円/月額(税抜)
1GB超過あたり:2,000円/月(税抜)
主な機能:グループウェア

<SFAスタンダード>

容量:5GB
基本料金:50,000円/月額(税抜)
1GB超過あたり:8,750円/月(税抜)
主な機能:
・グループウェア
・SFA
・リードフォーム
・CENTER
・名刺CRM(月間500枚まで)
・メールビーコン(5,000件まで)

<SFAプロフェッショナル>

容量:50GB
基本料金:80,000円/月額(税抜)
1GB超過あたり:8,750円/月(税抜)
主な機能:
・グループウェア
・SFA
・リードフォーム
・CENTER
・名刺CRM(月間1,000枚まで)
・メールビーコン(15,000件まで)

 

まとめ

ナレッジスイート株式会社の「Knowledge Suite」はオールインワンタイプなので多機能であり、コスト面の負担が少ない営業支援システムサービスといえます。

使いやすさでも優れており、必要なアプリケーションだけを表示することができます。

企業内で部署間の連携を円滑化したい場合は、ナレッジスイート株式会社の「Knowledge Suite」の導入をおすすめします。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳