車両管理業務の効率化を支援!おすすめの車両管理システムツール6選

社用車の運転記録やガソリン残量を紙の台帳やExcelなどで管理すると、手間がかかる上に人為的なミスも発生しがちです。

「データ上はガソリンが残っているはずなのにガス欠になっていた……」、「誰も予約していないはずなのに社用車が空いていない……」などの管理上のトラブルにお悩みの事業者には、車両管理システムツールの導入がおすすめです。

車両管理システムツールは社用車の情報を一括管理できるだけでなく、管理担当者の業務負担を軽減して運用コストを削減することもできます。

今回は、おすすめの車両管理システムツール6選や導入メリット、選び方のポイントなどをご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

車両管理システムツールとは?


車両管理システムツールとは、社用車やリース車に紐付いている車両情報や運転記録を一括管理するツールです。

例えば、保険番号や車検記録などの車両情報や、走行履歴や車両日報、ガソリン残量なども記録できるので、車両運行データの正確な管理ができるようになります。

さらに、走行距離やGPSデータなどを分析して物流や配車業務の効率アップに役立てることもできます。

パソコンだけではなくスマートフォンなどのモバイル端末に対応しているツールもあるので、外出先で管理データの閲覧や運行情報の記録を行うことも可能です。

車両管理システムツールを導入するメリット


ここからは、車両管理システムツールを導入するメリットについて説明します。

管理担当者の負担軽減やコスト削減などのメリットがあるので、車両管理システムツールの導入を検討してる事業者はぜひ参考にしてください。

管理担当者の負担を軽減

社用車の車両情報や運行記録をWebサイトで一元管理できるため、管理担当者の業務負担を軽減できます。

車の種類などの基本的な情報だけでなく、メンテナンス情報やリース・保険の契約内容などをシステム上に集約できるので、わざわざ紙の書類を探さなくても必要な情報を確認できます。

車両情報の精度を向上

保険の加入情報や車検の更新日などの社用車に関する情報をシステム上で管理するため、車両情報の精度が向上します。

紙やExcelで作成した車両台帳をコピーして使っていると、車両データの更新忘れや誤記による運行記録のズレが起こりがちですが、車両管理システムツールを導入すれば最新の車両情報を社内全体で共有できます。

コスト削減

車両管理システムツールは社用車の使用状況を簡単に把握できるため、運行に必要な車両台数や燃料費や整備コストを見直すのに役立ちます。

業務の割り振りを改めて車両の稼働率を高めたり、適切な時期に点検や整備を行って故障の発生頻度を抑えたりすることで車両維持コストの削減が可能です。

車両管理システムツールツールを導入する際の注意点

車両管理システムツールを導入することで、管理者の業務負担軽減や維持管理コスト削減などの多くのメリットがありますが、導入にあたって注意すべき点があります。

車両の位置をGPS機能で常に確認できるため、ドライバーによっては「24時間監視されている」というストレスを感じる場合があります。

車両管理システムツールを導入する時は従業員全体に周知を行い、システムの導入メリットを理解してもらうことが大切です。

車両管理システムツールの選定ポイント・選び方


ここからは、自社に適した車両管理システムツールの選定ポイントについて解説します。

デバイスの形式

車両管理システムツールを選定する時は、車両に取り付けるデバイスの形式を確認します。

シガーソケットやドライブレコーダー、運転席の自己判断装置(OBD-Ⅱ)の差し込みポートなどに差し込むタイプがあるので、会社で所有しているすべての車両に取り付け可能かチェックしてください。

リアルタイムで通信を行う製品は、別途通信料が発生することにも留意しましょう。

搭載機能

車両管理システムツールの導入目的を明確にして、目的を達成するために必要な機能が搭載されている製品を選びましょう。

運転状況を把握したい場合は「運転診断機能」や「走行分析機能」、詳細な運転記録を保存したい場合は「運行情報取得機能」を搭載しているシステムがおすすめです。

UIの扱いやすさ

車両管理システムツールを大量に導入する場合は、UI(ユーザー・インターフェース)の扱いやすさを重視すると良いでしょう。

複雑なシステムは操作方法の習得が難しいため、運行データの取得や保存に失敗する恐れがあります。部署によってはIT機器の扱いが苦手な従業員もいるので、UIの扱いやすさや運転手の負担になる煩雑な操作がないことを確認しておきましょう。

おすすめの車両管理システムツール6選

ここからは、おすすめの車両管理システムツール6選をご紹介します。

サービス名 DRIVE CHART Cariot SmartDrive Fleet
初期費用 要見積もり 0円 要見積もり
月額費用 要見積もり 要見積もり 要見積もり
無料トライアル △(デモ体験のみ)

 

サービス名 無事故プログラムDR® ビークルアシスト Linkit Maps
初期費用 0円 0円~ 2,800円~
月額費用 2,980円~ 980円~ 500円~
無料トライアル

 

DRIVE CHART


「DRIVE CHART(ドライブ チャート)」は、AIを搭載したドライブレコーダーが常に従業員の運転を解析してくれる車両管理システムツールです。

ながら運転や、あおり運転などの事故の原因となる運転行動をAIが自動的に検知して、映像として記録します。

ドライバーの運転のクセを可視化してレポート画面で確認できるため、事故防止や安全運転の指導に役立つでしょう。

Cariot


「Cariot(キャリオット)」は、輸配送やフィールドサービスに従事する車両の情報を可視化・分析して、管理者の業務負担を軽減する車両管理システムツールです。

パソコンだけでなくスマートフォンのアプリでも位置情報や運転状況などのあらゆるデータをインターネット経由で取得できるので、社用車の運行情報を可視化できます。

危険運転検知機能や運転日報の自動作成機能を搭載しており、輸配送業務の効率アップをサポートしてくれます。

SmartDrive Fleet


「SmartDrive Fleet(スマートドライブ フリート)」は、デバイスを社用車のシガーソケットに設置するだけですぐに利用できる車両管理システムツールです。

ドライバーの運転状況を診断して、ギフト券などと交換できるポイントを付与する「ドライバーエンゲージメント機能」を搭載しており、ドライバーの安全運転へのモチベーションを高めることができます。

スマートフォン用のアプリを使って車両予約や運転日報の自動作成ができるので、運転手の業務負担軽減にも役立つでしょう。

無事故プログラムDR®


日本ユニシスが提供する「無事故プログラムDR®」は、50,000台の導入実績を誇る車両管理システムツールです。

通信機能が搭載されており、危険運転や違反などの重大事故につながる行為を検知すると、リアルタイムで管理者に通知してくれます。

初期費用が不要で、月額費用はドライブレコーダーやSDカードのレンタル料などを含めて1台あたり2,980円で利用できるため、導入コストをできるだけ節約したい事業者におすすめです。

ビークルアシスト


「ビークルアシスト」は、運行状況の管理や安全運転の指導などを自動化して、管理者の業務負担を削減してくれる車両管理システムツールです。

効率が良い配送ルートを作成して各車両の端末へ送信できるため、新人ドライバーの業務効率アップを図ることができます。

手軽に導入できるフルパッケージ版だけでなく、自社製の配車管理システムと連携できる「ビークルアシスト API」も提供しているので、既存のシステムを流用することで導入コストが削減できます。

Linkit Maps


「Linkit Maps(リンキットマップス)」はチャット連動型の動態管理サービスです。チャット上でドライバーに訪問先を指示したり、訪問先を色別に表示して重要度を可視化したりすることができます。

従業員の位置情報をリアルタイムで把握してコミュニケーションが取れるので、事故や災害発生時の安否確認がスムーズに行えます。

まとめ


車両管理システムツールを導入すると、ドライバーの位置情報や運転傾向などの把握が容易になるので、事故防止や安全運転の指導に役立てることができます。

ツールによっては初期導入費用が0円で無料トライアルを用意しているものもあるので、初めて車両管理システムツールを利用する事業者は、無料トライアルを体験してみてから本格的な導入を検討してはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳