予算管理の課題をスムーズに解決

新型コロナウイルスや働き方改革によって経営環境が大きく変化する中で、競合に勝てるような経営戦略を立てるためには、人事や財務などの的確なプランニングが必要になります。

そこで今回は、業務効率向上のための予算管理をクラウド上で行うことができるAdaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)の特徴やメリット、実際に導入して利用されている方の評判をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック「リモートワーク手帳(無料)」が創刊されました! リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

 

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)とは?

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)は、予算編成や予実分析をスピーディーに行うことができるクラウドサービスで、単年から中長期の売上や経費、調達などを含めた予算編成を整理して、予実を網羅できる予約管理システムです。

組織やグループ会社などの予算に任意の予算フォームを自動で展開できる上に、申請者が業績予測や予算をシステムに入力するだけで、自動的に予算が積み上げられます。

すべての予算集計が自動化されるので、経営者はスピーディーに売上げや利益を把握でき、効率的に経営管理を行うことができます。

 

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)の4つの特徴

・先を見越したプランニングプロセス
・ワークフォースのプランを最適化
・営業パフォーマンスの向上
・経営プランの見える化

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)には、上記の4つの特徴があります。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

先を見越したプランニングプロセス

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)はファイナンシャルプランニングを実行するので、自社に適した分析と財務計画の策定が実現します。

柔軟な機能が引き出したデータから導き出されたインサイトによって、迅速に経営の意思決定を行うことができます。

また、WordやPowerPoint、ExcelなどでカスタマイズされたKPIレポートを短時間で作成できるので、分析や経営計画をスムーズに行えます。

ワークフォースのプランを最適化

目まぐるしいビジネス環境の変化に遅れることがないように、現在と未来で必須となるスキルの向上を計画できるようになります。

財務や人事、事業部門のリーダーが協力してプランを作成することで、その計画をスピーディーに行動に移すことが可能です。

採用計画や異動、離職、スキルのほか、臨時従業員やパートタイム、フルタイムなどの勤務状況も把握することで、その都度発生する課題に対応することもできます。

また、部門や勤務地、コストセンター、ポジション、レベル、スキルなどによってモデルを作成し、それぞれの成果を可視化できるため、次に起こる事態を予測して最適なプランを選べます。

営業パフォーマンスの向上

営業リソースの計画だけでなく公平なノルマも設定することができるため、営業予測の精度が向上し、目まぐるしく変化するビジネスニーズをキャッチアップできます。

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)では、管理性や目標、バランスなどを考慮した上で営業のテリトリーを作成するため、チームの能力を最大限に引き出し、業績の向上を図れます。

また、時間や地域、製品などマーケットに参入するための戦略目標を直感的に設定し、人事と財務が連携して全体的な経営計画の改善も可能です。

経営計画の見える化

財務や人事、営業など部門ごとの計画を見える化することで、予実分析とレポート作成が可能です。

また、ERP、CRM、HCMのデータ連結が実現するので、データにドリルインすることができ、経営計画の目的や背景を把握できます。

さらに、ダッシュボードにグラフが表示されるので、計画の調整を即座に実行できます。

精度の高い分析とレポーティングによって有効なデータを取得できるので、社内で賛同を得やすくなるでしょう。

 

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)を導入する4つのメリット

・組織計画を様々な角度から策定
・信頼できるモデリング機能
・様々なソースからのデータ統合
・ビジネスユーザー向けの設計

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)の主なメリットは、上記の4つです。

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

組織計画を様々な角度から策定

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)は、あらゆる部門や業務、地域を巻き込むプランについて、チーム内でコラボレーションすることが可能なので、組織計画を様々な角度から策定できます。

信頼できるモデリング機能

モデリング機能が搭載されているので柔軟性と拡張性があり、必要なシナリオモデルを作成することで、目まぐるしいビジネス環境の変化に迅速に対応できます。

様々なソースからのデータ統合

様々なデータソースに接続することができるので、どの業績に影響が及ぶのかを把握して、経営計画の内容を充実させることができます。

ビジネスユーザー向けの設計

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)は経営者が簡単に操作できるように設計されているので、使用開始からスムーズに経営計画を作成できます。

 

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)の評判

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)の評判を調査したところ、「未来の収益が見える化される上に操作も簡単なので、経営者にとって使いやすいシステム」という声がありました。

ここからは、実際にAdaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)を導入している方々の具体的な評価や、導入する際の注意点をご紹介します。

費用の予算管理と収益を予測できる

いつも使用しているExcelで予算管理や財務諸表の作成、収益の予測を簡単に行うことができ、操作もシンプルなので、システムを導入した後スムーズに運用できます。

また、セルフサービスのダッシュボードや視覚的なデータ、わかりやすいグラフで業務を分析し、経営や財務におけるKPIなどを設定して社内に共有することもできます。

利用する際の注意点

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)はクラウドシステムなので、専用サーバーやネットワーク機器などの設置費用は必要ありません。

しかし、導入までに平均2~3カ月かかるので、契約後にすぐに運用を開始できるわけではありません。

 

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)の料金プラン

Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)の料金はライセンス料のみですが、導入後にオプション機能を追加すると別途費用が発生することがあります。

具体的な料金については、自社で必要とする機能や導入の目的などをベンダーに伝えて、見積もりを出してもらいましょう。

初期費用 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ
無料トライアル あり(30日間)

 

まとめ

目まぐるしく変わる経営環境の中で競争に勝ち残っていくためには、状況に応じて経営戦略を機動的に変えていく必要があります。

それにともなって必要になるのが実績の管理であり、実績の進捗によっては期の途中でも戦略や予算を変更する必要があるでしょう。

その場合は予実管理がより重要になりますが、Adaptive Insights(アダプティブ・インサイツ)を導入すれば予実管理業務の効率が飛躍的に向上します。

導入を検討する場合は、まずは30日間の無料トライアルを利用して、自社に適したシステムかどうかを確認することをおすすめします。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。