あらゆる映像を高品質で作成!おすすめのVR動画制作ツール3選

飛行機を操縦するパイロットを育成するために開発されたバーチャルリアリティ技術ですが、近年はゲームや映像技術などにも使われるようになり、一般の人も臨場感のある映像に触れる機会が増えました。

当初は非常に高価でしたが、現在では数万円というリーズナブルな価格で360度VRカメラが販売されているため、以前に比べると気軽にVR動画を制作できるようになりました。

今回は、「競合他社のコンテンツとの差別化を図り、臨場感のある映像で効率的に集客したい」という方のために、VR動画制作ツールを導入するメリットについて解説し、おすすめの VR 動画制作ツール3選を紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

 

VR動画制作ツールとは

当初はパイロットの訓練のために作られたバーチャルリアリティ技術ですが、昨今はそれを利用してVR動画を制作する企業が増えています。

映像が3Dになることで、これまでは表現できなかった質感や距離感、臨場感などを伝えることができます。見ている人がまるでそこにいるかのように感じられるのが、VR動画の最大の特徴です。

例えば、不動産業界でVR動画を取り入れると「バーチャル内覧」が実現します。入居希望者が実際に賃貸物件を訪れなくても、自宅にいながらして部屋の空間などを体感できるため、内覧希望者が増え、その分成約までの期間が短くなるでしょう。

 

VR動画制作ツールを導入するメリット

VR動画制作ツールを導入することで得られる主なメリットは、以下の3つです。

・スムーズな商談が可能になる

・完成後のデザインを映像で表現できる

・ブランドの世界観を伝えられる

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

スムーズな商談が可能になる

VR動画制作ツールを導入すると、臨場感がある映像を届けられるので商談がスムーズになり、成約しやすくなります。

一般的な動画では臨場感やサイズ感などを表現することができませんが、VR動画であれば目の前にあるようなリアルな映像で伝えることができるので、自社の商品やサービスの魅力を効率良くアピールできます。

完成後のデザインを映像で表現できる

VR動画制作ツールを導入すると、完成後のデザインを臨場感あふれる映像で表現できるので、建築業界ではよくVR動画が利用されています。

住宅が完成した後のデザインやリフォームをした後の様子を映像で伝えることができるので、言葉やイラストなどで伝える場合よりも相手はイメージしやすいでしょう。

商品を販売する企業にとっても、VR動画で商品を映像で伝えることができれば、成約率が高まるはずです。

ブランドの世界観を伝えられる

VR映像制作ツールを利用すると、ブランドの世界観を映像で表現できるので、それによってブランドのファンを増やせることもメリットと言えるでしょう。

 

VR動画制作ツールを導入する際の注意点

VR動画制作ツールを導入すると多くのメリットを得られますが、導入する際は以下のことに注意してください。

・コストがかかる

・編集に手間がかかる

詳しく見ていきましょう。

コストがかかる

VR動画制作ツールを導入すると、初期費用や運用コストが発生します。

費用はツールによって異なりますが、基本的に初期費用は10万円ぐらい、運用コストが月に数万円かかります。

費用対効果が高いツールを選ばなければ、導入してもマイナスになってしまうので気をつけましょう。

編集に手間がかかる

VR動画制作ツールを導入した場合、2D映像よりも入念な編集作業が必要になるので、かなり手間がかかります。

専門的な知識も求められるので、映像制作に詳しい専任担当者が必要になるでしょう。

 

VR動画制作ツールの選定ポイント・選び方

各社から様々なVR動画制作ツールが提供されているので、どのツールが自社に適しているのかわからない方もいらっしゃるでしょう。

VR動画制作ツールを選ぶ際の主なポイントは、以下の3つです。

・VR動画の目的や用途

・配信プラットフォームに対応しているか

・自社の希望に合ったツールか

VR動画の目的や用途

VR動画は、用途や目的によって内容が大きく変わります。

例えば、エンターテイメント業界では素早くダイナミックな動きが必要ですが、不動産業界では物件の空間を隅々まで観察したい人に向けて制作する必要があるので、仕上がりは大きく異なります。

VR動画制作ツールを導入する前に、社内で「なぜツールが必要なのか」を明確にしておくことが大切です。

配信プラットフォームに対応しているか

VR動画を配信するプラットフォームについても、事前に確認しておく必要があります。

現在はYouTubeなどのWebサイトで動画が公開されるケースが圧倒的に多いのですが、より専門的なVR動画になると専用アプリを配布して視聴してもらうケースもあり、最初からHMDが主要プラットフォームに設定されていることもあります。

自社のコンテンツを、どのプラットフォームで配信すればより効果的か、ツールを提供している会社からアドバイスをもらうと良いでしょう。

自社の希望に合ったツールか

VR動画制作ツールには、CGでのVR構築が得意なものや、実写の360度映像が得意なものなど、それぞれ得意分野があります。

自社が必要なVR動画の制作に強いツールを選ぶのはもちろんですが、「どのように配信するか」も含めて全体像をはっきりさせてから、それに合うツールを選ぶようにしましょう。

 

おすすめのVR動画制作ツール3選

ここからは、おすすめのVR動画制作ツール3選を紹介します。

すべて無料トライアルが用意されているので、操作性や機能性を確かめてから本格的に導入すると良いでしょう。

サービス名 初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
VR PARTNERS 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
GuruVR 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
Kazakami Creative 要問い合わせ 500,000円〜 ×

 

VR PARTNERS

1,250本以上の制作実績を誇る360Channelが提供する「VR PARTNERS(パートナーズ)」は、年間500本以上のVR動画を制作してきたノウハウを活用して、VR映像のプランニングから撮影、編集、配信、マーケティングプロモーション、効果測定までを一貫してサポートします。

「撮影のみ」「配信のみ」にも対応しているため、必要な部分だけをサポートしてもらうこともできます。

 

GuruVR

「GuruVR(グルブイアール)」は、医療業界やテレビ業界などで圧倒的なシェアを誇る高品質VRサービスで、制作からビジネス活用まで一貫してプロデュースを行います。

企画からキャスティング、撮影、編集、加工、アプリ制作、連携機能開発、管理機能開発、効果測定まで対応しているので、より高い効果を得られるでしょう。

 

Kazakami Creative

「Kazakami Creative(カザカミ クリエイティブ)」は動画制作だけでなく、広告クリエイティブの制作もサポートするので、初心者でも手間とコストを最小限に抑えながら運用できます。

制作チームにはクリエイターはもちろん、デジタル事業会社に勤務していたスタッフや経営コンサルタントもおり、あらゆる業界で活躍してきたスタッフによるサポートを受けられます。

 

まとめ

バーチャルリアリティ技術はもともとパイロットの訓練のために開発されたものですが、現在は価格がリーズナブルになっているため、VR動画制作をマーケティングの一部として取り入れる会社が増えつつまります。

現在はコロナ禍で生活パターンやスタイルが大きく変わっているため、マーケティングのあり方も変えなければなりません。

実際のその場所に行かなくても、映像を見るだけで疑似体験ができるVR動画は、今後さらに活用されるでしょう。

自社でVR動画制作ツールを利用する目的を明確にし、費用対効果をリサーチした上で、VR動画制作ツールを導入することをおすすめします。

無料トライアルがあるツールがほとんどなので、まずは操作性や機能性を試してみてはいかがでしょうか。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック「リモートワーク手帳(無料)」が創刊されました! リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。