営業活動の生産性を高めることができるSFA

「SFAやCRMを導入してもいまいち使いこなせない……」
「部署全体の進捗状況が把握できなくて、人手をどこに集中すべきかわからない……」

営業活動や進捗管理がうまくいかず、上記のような悩みを抱えている企業は少なくありません。

ひと昔前に比べてSFA(営業支援システム)を利用している企業は増えていますが、うまく使いこなせていないと嘆く企業も多いのではないでしょうか。

「UPWARD (アップワード)」は、パソコンが苦手な人でもゲームを操作するような感覚で使える営業管理ツールです。

今回は、UPWARDの特徴や評判・料金プランなどを詳しく解説していきます。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

UPWARDとは?


UPWARD (アップワード)は訪問作業の効率化を支援してくれる営業管理ツールです。

日本では有名企業の「ダイハツ」や「アサヒグループ」なども導入しているサービスで、公式サイトでは利用してから1年後に売上が5.5倍になったというダイハツの事例が紹介されています。

導入企業の利用継続率は約93%に達しており、ユーザーの6割が大手企業である点を見ても信頼性や満足度が高いサービスであることが伺えます。

UPWARD株式会社とは?

UPWARD株式会社は、2002年に設立された東京都中央区の会社です。

現在は営業管理ツール「UPWARD」を中心に事業を展開していますが、全世界で15万社以上が利用している「Salesforce」と連携しており、これからさらに伸びていくことが期待されている企業です。

UPWARDの6つの特徴


UPWARDの特徴は、以下の6つです。

・訪問活動や業務報告がスムーズ
・優先顧客のピックアップ
・案件情報のゲーミフィケーション
・営業活動・進捗状況の見える化
・リアルタイムの情報共有
・高度なセキュリティ

それぞれの特徴について詳しく解説していきますので参考にしてください。

訪問活動や業務報告がスムーズ

UPWARDはモバイル端末に対応しており、「訪問活動」や「業務報告」をスマートフォンから行うことができます。

Excelなどで営業日報や業務報告書を作成している企業は多くありますが、訪問活動を1件終えるごとに会社に戻って活動記録を作成することは現実的に困難です。

UPWARDはスマートフォンを使って外出先から訪問活動や業務報告書が作成できるため、記憶が新鮮なうちに営業活動を記録することができます。

優先顧客のピックアップ

UPWARDは優先順位の高い顧客と営業担当者の位置情報を照らし合わせ、現在地に近い優良顧客を表示してくれます。

営業ルートを検討する際に、契約更新が近い顧客などを地図上に色別で表示できるため、成約率が高い訪問先を優先的に回ることが可能です。

訪問回数が少ない顧客を優先度が高い赤色で識別しておけば、訪問忘れを防ぐこともできます。

ゲーミフィケーションを応用したマッピング

UPWARDはゲーミフィケーション(※)を営業活動に取り入れることができます。

例えば、営業の進捗状況に合わせて地図上のマークが赤色に変わっていくという設定も可能です。自分が活動した結果が地図上に変化として表れるため、仕事に対するモチベーションを上げることができます。

※ゲーミフィケーション…ゲームデザインやゲーム的な要素をゲーム以外の物事に応用すること

営業活動・進捗状況の見える化

スマートフォンなどで営業活動や業務報告を作成すると、最新の進捗状況を即時に反映できます。

ほかの担当者の活動記録も閲覧できるため、成約率が高いトップセールスマンの活動記録を自分の営業活動に活かすことも可能です。

リアルタイムの情報共有

UPWARDはクラウド上で営業担当者と管理者がつながっているため、相談が必要な事態が発生した時は、営業先からスピーディーに連絡を取り合うことができます。

管理者は各担当者の営業活動の結果をリアルタイムで確認できるため、次の営業指示やアドバイスを送ることも可能です。

高度なセキュリティ

UPWARDは、世界でもトップクラスの安全対策基準に準拠している「Salesforce」のクラウド環境を採用しているため、顧客情報を守る万全のセキュリティ体制を整えています。

種類が異なる2つの情報を組み合わせる二要素認証や、パスワードの利用期間などを制限するパスワードポリシーを設定できるため、安心して利用できます。

UPWARDの評判


UPWARDの導入を検討するにあたり、既に利用しているユーザー企業からの評判を知りたいという事業者も多いのではないでしょうか。

ここからはユーザー企業の声を紹介しますので、導入検討時の参考にしてください。

良い評判

・訪問営業の効率がアップした
・スケジュール管理がしやすい
・優先顧客が地図上に色付きで表示されるので、視覚的にわかりやすい

訪問営業の効率化やスケジュール管理のしやすさを評価する声が多く見られました。

優先顧客情報が地図上に表示されるのが便利という声も多く、見た目のわかりやすさを支持するユーザーも多いです。

良くない評判

・利用開始までに時間がかかる

UPWARDを購入してから利用をスタートするまでの期間は、Salesforceを導入している場合でも3週間かかるため「導入してから利用できるまでに時間がかかる」という声が寄せられていました。

Salesforceを導入していない場合は、顧客情報などのインポートデータをCSVファイルで用意して、ユーザーの割り当てを行うのにおよそ6週間かかる見込みです。

導入サポートはありますが料金がやや高額なので、導入コストを抑えるためには初期設定などを自社で行う必要があります。

UPWARDの料金プラン

初期費用 月額料金 無料資料ダウンロード
要問合せ 要問合せ

 

UPWARDの料金はユーザー数や利用方法によって異なります。正確な料金が知りたい場合は、公式サイトから見積もりを依頼してみましょう。

まとめ


UPWARDは、訪問活動の効率化をサポートする営業管理ツールです。ゲーミフィケーションを応用した進捗管理などの個性的な機能が詰まっており、営業メンバーのモチベーションアップを図りながら営業活動を展開することができます。

SFAの導入を計画している事業者は、今回ご紹介したUPWARDの利用も検討してみてください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳