企業経営を効率化をしよう!おすすめの派遣管理システム6選

大企業だけでなく、中小企業でも派遣社員を雇うことが一般的になっており、派遣会社は派遣者ごとの給与や勤怠情報、休暇取得など、さまざまな情報を把握する必要があります。

これらの情報の管理は複雑化しており、担当者の負担も大きくなっています。

派遣管理システムを導入すれば、派遣者に関する情報を一元管理できるようになります。

今回は、派遣管理システムを導入することで得られるメリットやツールを選定する際のポイント、おすすめの派遣管理システム6選をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

 

派遣管理システムとは

派遣管理システムは、人材派遣ビジネスで発生する業務を効率的に管理することを目的として作られたツールです。

派遣スタッフの個人情報だけでなく、スキルや稼働率、給与などのデータを一元管理することができるので、派遣会社の担当者の負担や工数を削減できます。

また、請求書発行や給与計算などの業務もシンプルになるので、業務をよりスピーディーに、正確に行うことができます。

 

派遣管理システムを導入するメリット

派遣管理システムを導入することで得られる主なメリットは、以下の3つです。

・勤怠管理がシンプルになる

・給与計算の自動化

・派遣スタッフから信頼を得られる

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

勤怠管理がシンプルになる

日々の勤怠管理を人の手で入力していると、どうしてもミスや漏れが発生します。

派遣管理システムを導入すれば、必要最低限の情報さえ入力しておけばシステムが管理を行うため、人為的なミスが大幅に減少します。

ミスが減ることによって業務の工数も減り、業務全体を円滑に進めることができます。

給与計算の自動化

人材派遣システムは給与計算も行うため、派遣スタッフの給与管理が楽になります。

個々の派遣スタッフの情報を入力しておけば、派遣スタッフのニーズにあった支払い方法に対応することも可能です。

システムを用いることで、スタッフごとに週払い・日払い・月末払いなどに設定できるので、あらゆる勤務形態の派遣スタッフに対応でき、人材募集で有利になります。

派遣スタッフから信頼を得られる

派遣会社と頻繁に連絡が取れないと、依頼主だけでなく派遣スタッフも不安になります。

派遣管理システムを導入すれば、派遣スタッフとの連絡が円滑になるだけでなく、依頼主との連絡もスムーズに行うことができるので、依頼主側と派遣スタッフ側の両方の信頼を得られます。

派遣スタッフから信頼を得られると、優秀な派遣スタッフを獲得できる機会が増えます。

 

派遣管理システムを導入する際の注意点

メリットの多い派遣管理システムですが、導入する前に注意すべきことを押さえておきましょう。

・初期費用や月額費用が高い

・システム操作を覚える必要がある

それぞれについて、具体的に説明します。

初期費用や月額費用が高い

派遣管理システムは基本的に初期費用や月額費用が発生しますが、最も安価なシステムでも1人あたり月額15,000円からで、高度な機能を必要とする場合は月額15万円以上かかるものもあります。

また、パッケージ購入の場合は100万円以上かかることもあるので、前もって自社が派遣管理システムを導入する目的や、費用対効果などを洗い出しておくと良いでしょう。

システム操作を覚える必要がある

これまで紙ベースやエクセルなどで情報を管理していた会社の場合、派遣管理システムが導入しても使いこなせない方もいるかもしれません。

そのため、初心者でも簡単に使いこなせるような派遣管理システムを試験的に導入して、少しずつ情報のデータ化を目指すことをおすすめします。

 

派遣管理システムの選定ポイント・選び方

派遣管理システムにはさまざまな仕様がありますが、選定する際の主なポイントは以下のとおりです。

・初期費用や運用コストが適切か

・他のシステムとの連携が可能か

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

初期費用や運用コストが適切か

システムを導入する際は費用を確認することになりますが、派遣管理システムは1人あたり月額15,000円以上かかるツールが多いので、導入前に費用対効果を確かめる必要があります。

また、月額費用だけでなく初期費用も考慮して、自社の予算と目的に適しているツールを選びましょう。

他のシステムと連携可能かどうか

派遣管理システムを選定する際は、他のシステムとの連携が可能かどうかも確認しておく必要があります。

すでに既存のシステム(勤怠管理や給与管理など)を運用している場合は、派遣管理システムと連携することで、さらに業務の効率化を図れるからです。

既存のシステムと連携ができないものを選ぶと、連携のための費用が別途発生します。すでに自社で運用している他のシステムとの連携が可能かどうかをチェックしてから導入しましょう。

 

おすすめの派遣管理システム6選

ここからは、おすすめの派遣管理システム6選を紹介します。

費用対効果を考慮した上で、自社に適したツールを選ぶようにしましょう。

サービス名 初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
スタッフナビゲーター 要問い合わせ 要問い合わせ 3.0/5
キャスティングナビ 要問い合わせ 要問い合わせ 3.0/5
PORTERS 0円 15,000円〜
CROSS STAFF 0〜150,000円 30,000〜50,000円
jobs 要問い合わせ 30,000円〜
staff-one 300,000円〜 300,000円〜 ×

 

スタッフナビゲーター

2,700社への導入実績がある「スタッフナビゲーター」は、派遣事業コンサルティング会社とタッグを組んで開発された人材派遣業総合管理システムです。

派遣会社に必要な機能を標準装備しており、派遣業務において必要な情報を一元管理できる仕組みになっているため、導入した日から運用することができます。

 

キャスティングナビ

「キャスティングナビ」は、日々発生する煩雑な派遣業務をスムーズかつシンプルに処理できる派遣管理システムです。

派遣スタッフの増加によって多様化している雇用形態や支払形態(日払い・週払い・月払いなど)に対応しているので、派遣スタッフからも高い評価を得ています。

導入すればすぐに運用することができる上に、派遣スタッフの予約やキャスティング、勤怠入力、勤怠承認、請求、給与計算といった一連の業務を行うため、派遣会社の担当者の負担を大幅に減らすことができます。

 

PORTERS

11カ国、1,500社以上で利用されている「PORTERS(ポーターズ)」は、企業や拠点管理、求人管理やマッチングなど、人材と契約する際の一連の業務を一括で行うことを可能にする管理システムです。

Webサイトと自動的に連携して登録票や求人票を発行できる上に、メール配信などの機能も搭載されているため、人材派遣ビジネスの生産性向上をサポートします。

 

CROSS STAFF

「CROSS STAFF(クロススタッフ)」は、人材派遣業務における契約書の作成や台帳作成のほか、派遣スタッフとの雇用契約書、依頼主との契約書の発行することをサポートする管理システムです。

データ管理だけでなく、Webやアプリで専用のマイページを作成して、派遣スタッフとのコミュニケーションを円滑に行うこともできます。

 

jobs

「jobs(ジョブズ)」は中小企業向けの派遣管理システムなので、中小企業における業務フローに適した設計になっています。

派遣管理業務は煩雑かつ複雑であり、膨大な作業時間と工数が発生しますが、「jobs(ジョブズ)」を導入すれば、これらを大幅に削減できるため、リソースを有効に活用できます。

 

staff-one

「staff-one(スタッフワン)」 は、派遣事業者が抱える派遣スタッフの勤怠管理や勤怠実績、請求書作成といった派遣業務に特化した管理システムです。

今まで手作業で行われていた派遣スタッフの勤怠実績や時間外労働時間を把握し、請求書作成などの業務を効率的にサポートします。オプションで、日報や月報機能などを追加することも可能です。

 

まとめ

コロナ禍でリモートワークが普及したことで、働き方がさらに多様化しています。

「プライベートと仕事を分けたい」と考える人も増えるにつれて、派遣スタッフとして働くという働き方も一般的になりましたが、その分派遣会社は多くのスタッフの情報や勤怠管理をしなければならなくなっています。

派遣管理システムを導入することで、派遣管理業務を効率的かつスムーズに行うことができますが、システムの導入・運用にはコストがかかるため、導入する目的や費用対効果などを事前に調べて、明確にしておく必要があります。

今回ご紹介した選定ポイントや選び方を参考にして、おすすめの派遣管理システムを比較検討し、まずは無料トライアルから始めてみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳