クラウド型サービスだからリモートワークでも大活躍!

これまで従業員の給料はエクセルなどで管理されることが多く、雇用契約で決められた基本給の料金に社会保険料や所得税などを引いた額を算出するのが当然でした。

しかし、エクセルで給与計算を行うことは作業の負担が大きいということだけではなく、人為的なミスが発生することもあります。

近年は働き方改革で様々な働き方が推奨されるようになり、給与形態が複雑化し、エクセルで給与計算を行うことに限界を感じている方も多くいるのではないでしょうか。

そうした背景から、最近では人為的なミスもなくスムーズに複雑な給与体制を算出するために、給与計算ソフトツールを導入している企業が増えつつあります。

そこで今回は、給与給与計算ソフトを導入するメリットや選定ポイント、おすすめの給与計算ソフトツール6選をみなさんにご紹介したいと思います。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

給与計算ソフトとは?

給与計算ソフトとは、従業員の情報と勤怠データを基に、毎月の基本給から社会保険料と所得税のところ差し引いて算出したり、年末調整の計算を行ったりなどして、手作業では複雑でミスが発生しやすい業務を一括して行うツールのことです。

給与計算ソフトを導入すれば、これまで負担になっていた業務時間や人件費を大幅に削減することが期待できます。

給与計算ソフトを導入するメリット

計算ソフトツールを導入すると、以下のようなメリットを得ることができます。

給与計算業務の効率化を実現

従業員ごとに給与の計算は異なるため、手作業で行うと時間も労力もかかってしまいますよね。保険や税金などの計算は複雑なので、ミスも発生しやすくなります。

しかし、給与計算ソフトを利用すれば、最初に必要項目を入力して設定して設定すれば細かい計算も自動的に行ってくれるので、ストレスなく給与計算業務を遂行可能です。

属人化を解消して生産性を向上

給与計算業務を特定の人だけしかできない状況だと、万が一その人が業務を遂行できなくなった場合は業務そのものが滞ってしまいますよね。

それに、お金に関わる業務が属人化すると、不正があったときになかなか気づくことができません。

そのようなことが起こらないように、ぜひ給与計算ソフトを活用しましょう。給与計算ソフトを使えば、複雑な法制度や計算方法が詳しくない方でも、マニュアル通りに従って操作をすればスムーズに業務を行うことができます。

端末や場所を選ばない

クラウド型サービスの給与計算ソフトを選択すれば、イターネット環境と端末があればどこでも業務ができます。

パソコンのOSに影響されないのもうれしいポイントです。IDパスワードを所持している人であれば誰でも場所を問わず操作することができるため、テレワークや出張先でも気軽に業務を遂行することができます。

万全のセキュリティ対策

クラウド型のソフトについては、インターネット環境があればどこでもアクセスすることができるということから、セキュリティに関して不安を抱く方も多いかと思います。

しかし、近年の給与計算ソフトは万全のセキュリティ対策を行っているため、従業員の個人情報や企業機密などが外部に漏れるリスクもほとんどありません。重要なデータもクラウド上にバックアップしていますので、安心です。

法改正への対応もスムーズ

法改正が行われた場合、増税や保険料のパーセンテージなどを変更しなければなりません。そうなると、これまでの給与計算方法も法改正に対応する必要があります。

税率や保険料の変更に伴い、混乱した経験はありませんか?

給与計算ソフトさえあれば、法改正の度に自動的にバージョンアップしてくれますよ。これでもう、残業せずとも余裕を持って法改正に対応できるようになります。

給与計算ソフトツールを導入する際の注意点

給与計算ソフトを導入する際には、いくつかの注意点があります。

ネット接続環境に影響される

多くの給与計算ソフトはクラウド型サービスであるため、インターネット環境が整っていれば問題なく業務を行うことができます。

しかし、自然災害などによりインターネットが遮断されてしまった場合、業務ができなくなってしまう可能性があります。

また、一度に使用するデータ量が多い場合に、処理速度が遅くなってしまうということもしばしばありますので、あらかじめ注意が必要です。

必要とする機能が揃っていないことがある

自社が必要としている機能と、実際に搭載されている機能が一致しない可能性があります。

またその逆に、必要としている内容以上の機能がたくさん搭載されており、高い利用料金を支払わなければならない場合も考えられます。

「有名だから」「みんなが使っているから」という理由だけで選ぶのではなく、まずは導入前に必要な機能が搭載されているかしっかり確かめることは大切です。

費用対効果を考慮する

給与計算ソフトを導入する際は、費用対効果の面をしっかり検討しておきましょう。

各ソフトによって料金体制は異なりますが、月額支払いの場合はたいてい料金が固定されており、課金制の場合は従業員の数に応じて課金されていきます。

事前に利用する人数を決めておいてから月額制が良いのか課金したらよいのかを決めましょう。

給与計算ソフトツールの選び方

どのような給与計算ソフトを導入するべきか迷っている方のために、選び方のポイントを3つご紹介します。

自社に適したツールを選ぶ

高い評価を得ている給与計算ソフトツールであっても、会社にとってメリットのある機能や設定が搭載されていない場合は適しているとはいえません。

ソフトを導入する前に、まずは自社がどのような目的で給与ソフトを必要としているのかなどを熟慮した上で、各製品と比較しながら選ぶようにしましょう。

サポート体制が整っている

基本的に給与計算ソフトは専門知識がなくても簡単に扱うことができますが、万が一疑問点やトラブルがあった場合のために、カスタマーサポート体制がしっかり整っている製品を選ぶことをおすすめします。

費用を試算してコスト面での負担を軽減

給料計算ソフトで業務の効率化を実現することができたとしても、ランニングコストで想定を超えた費用がかかってしまっては、元も子もありません。

各ツールによって料金体制も異なるので、従業員の人数や必要な機能リサーチし、経費の大きな負担とならないようなツールを選ぶようにしましょう。

おすすめの給与計算ソフト6選

以下では、おすすめの給与計算ソフトツール6選をご紹介します。

多くの給与計算ソフトが無料トライアル版を提供しているので、自社にマッチしたツールを試験的にに利用してみてください。

初期導入費 月額費用 無料トライアル
マネーフォワード クラウド給与 要お見積もり 要お見積もり
給与奉行クラウド 50,000円 96,000円
ジョブカン給与計算 0円~ 400円~ ×
フリーウェイ給与計算 0円~ 1,980円~
人事労務 freee 0円~ 1,980~8,080円
Pay-Look 100,000円~ 30円/ユーザー

 

マネーフォワード クラウド給与

「マネーフォワード クラウド給与」は、クラウド型サービスであることのメリットを活かし、厚生年金保険料率・所得税率・健康保険料率といった税率などを自動で更新します。

ネット環境とユーザーIDがあればどの端末からでもアクセス可能ですので、パソコンやスマートフォンがあれば、テレワークや出先でも気軽に業務を行うことができます。

給与奉行クラウド

「給与奉行クラウド」は、専門家ライセンスを搭載したクラウド型の給与計算ソフト。

自動アップデートや外部システムとのシームレス連携で人為的なミスを徹底排除し、生産性を高めます。

インターネット環境があればどこでも利用できる上に、30日間無料でトライアルが可能なので試験的に導入したい方にもおすすめです。

ジョブカン給与計算

顧問社労士監修により作成された「ジョブカン給与計算」は、同社で発売しているジョブカンシリーズで培った技術や知識を結集させたイチオシのソフト。給与計算を担当する人の「こんな機能が欲しかった」を叶えます。

勤怠管理システムをはじめとする他のジョブカンシリーズと連携することで、さらに効率的に給与計算を行うことが可能です。

また、給与規定・単価の端数処理・計算式の設定を細部に行えるため、複雑な給与計算ルールにも柔軟に対応します。

フリーウェイ給与計算

初期費用が無料の「フリーウェイ給与計算」は、最大月額1,980円で利用できるリーズナブルなクラウド型給与計算ソフトツールです。

「総務部の人材を確保できるほど予算がない」「経理担当者を雇うのが現状難しい」という中小・スタートアップ企業にぴったりのソフト。ぜひお試しください。

人事労務 freee

給与計算をオートメーション化できる「人事労務 freee(フリー)」は、給与計算や年末調整などで発生しやすい人為的なミスを防ぐクラウド型サービス。

マルチデバイスに対応しているため、パソコンやスマートフォンがあれば場所を問わず作業を行うことができます。リモートワークにもおすすめです。

税率は常に最新の状態を反映してくれます。わざわざ手作業で対応する必要がないため、専門知識がなくても安心です。

年末調整もおまかせください。マニュアル通りに必要事項を入力すれば、自動で書類が作成。「経理専門のスタッフがいなくて毎年大変な思いをしている」という方はぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

Pay-Look

2,200社を超える導入実績を持つ「Pay-Look(ペイルック)」は、給与明細書を発行するまでの時間と費用をカットすることができる便利な給与計算ソフト。

パソコンやスマートフォンだけでなく、なんと携帯電話からでも給与明細を閲覧できるのが特徴です。

まとめ

「従業員が増えて、給与計算体系が複雑化してしまった」

「リモートワークに移行したいが、総務部の人は給与計算のために出社せざるを得ない」

「給与計算の業務負担が増加している」

このようなお悩みをお持ちなら、クラウド型の給与計算ソフトを導入してみてはいかがでしょうか。

給与計算ソフトツールがあれば、複雑な給与計算もラクラク自動化。常に最新の税率を反映しているため、わざわざ手作業で修正する必要もありません。

多くの給与計算ソフトでは、無料トライアル版が提供されているため、気になった方は、まずはそちらからお試しください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳