即時払いが可能な給与立替えサービス

リモートワークの普及が進んだ影響で、各家庭の在宅時の支出が増加する傾向があります。家計をやり繰りするために給料の日払いへのニーズが高まっており、給与立替えサービスに注目が集まっています。

給与立替えサービスを導入すると企業側に負担が発生しそうなイメージがありますが、実は導入コストを上回る大きなメリットを得られることをご存じでしょうか。

そこで今回は、給与即時払いが可能な立替えサービス「CRIA」の仕組みやメリットについて詳しくご紹介していきます。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

CRIAとは?


CRIAは、株式会社メタップスペイメントが提供している給与立て替えサービスです。CRIAを導入すると、従業員が既に働いた分の給料を即時払いすることが可能になります。

給料の「日払い」は、求人情報サイトの検索エンジンで上位にランクインしており、求職者からのニーズが高いキーワードとして知られています。

福利厚生の一環として、求人広告への応募率や採用後の定着率を向上したいと考えている企業におすすめのサービスです。

株式会社メタップスペイメントとは?

CRIAのサービスを提供している株式会社メタップスペイメントは、東京都港区に本社を構えているソフトウェア開発企業です。

CRIA以外にもECサイトや家賃決済事業などのバックオフィス支援ツールを提供しており、「ペイメント」の名の通り、決済系のシステム開発に力を入れている企業です。

コンビニ業界では大手の「セブンイレブン」と提携しており、CRIAで払い出しを受けた給料はセブン銀行のATMで受け取ることができます。

アメリカ国立研究所基準の強力な暗号化方式を採用した高度なセキュリティが導入されているため、セキュリティ面でも安心できるサービスです。

CRIAの仕組み


ここからは、CRIAを導入して給料の即時払いを行うまでの仕組みを解説していきます。CRIAの導入を検討している事業者は参考にしてみてください。

STEP1.従業員・勤怠情報の登録

はじめに、CRIAを導入する企業が株式会社メタップスペイメントに対してサービスの申込みを行います。

申し込み手続きに必要な「直近3期分の決算書」「印鑑証明書」「申込書」を提出し、審査が通ったら従業員や勤務情報の登録をしましょう。

STEP2.従業員による即時払いの申請

従業員や勤務情報の登録が完了するとCRIAが利用できるようになるので、従業員への周知を行いましょう。

新規採用の予定がある場合は、求人広告に「即時払い可能」の旨を記載して応募者に情報提供を行います。

従業員が給与即時払いを利用したい時はCRIAのアプリをインストールし、アプリ経由で即時払いを申請します。

STEP3.メタップスペイメントによる立替え払い

登録している従業員から即時払いの申請が届くと、株式会社メタップスペイメントが申請者に給与の立替え払いを行います。

支払いが行われると、従業員はセブン銀行ATMや給与口座で即時払い分の給料を受け取ることができます。

STEP4.差額分の給料を従業員へ支払い

従業員がCRIAを利用すると、導入企業に対して立替え払いの明細が届きます。

導入企業は、次回の給料日にCRIA利用分を天引きした給料を従業員へ支払います。

STEP5.立替え分の清算

導入企業が株式会社メタップスペイメントに対して立替え費用の精算を行います。

従業員から即時払いの申請があるたびに、上記のステップで立替え払いと清算が行われる仕組みです。

従業員が即時払いを利用しても導入企業が直接支払うわけではないため、企業にとっては負担が少ないサービスといえます。

CRIAを導入する5つのメリット


CRIAは企業や従業員にとって利用しやすいサービスです。ここからは、CRIAを導入することで得られる5つのメリットを詳しく解説していきます。

困った時に引き出すことができる

CRIAの導入によって、従業員には「困ったときにいつでもお金を引き出すことができる」というメリットが生まれます。

2020年10月に年代別の貯蓄額を調べたアンケートによると、「20代の貯蓄は10万円以下が最多」だったことが明らかになっています。

即時払いサービスが利用できれば自分の給料をすぐに引き出すことができるので、貯蓄に余裕がない若い従業員も安心して仕事に集中できるようになるでしょう。

多言語に対応している

CRIAは多言語に対応しているため、外国人労働者をたくさん雇用している企業でもスムーズに導入できます。

近年は外国人労働者を雇用している企業が増えており、多言語対応サービスへの需要が高まっています。福利厚生の一環として便利なサービスを導入しても、言葉がわからなければ手軽に利用することができません。

CRIAは英語などの多言語に対応しているため、外国人労働者でも即時払いサービスを簡単に利用できます。

他社サービスにはない「ベトナム語」にも対応しており、日本に40万人以上いると言われるベトナム人労働者が安心して使えるのはCRIAの大きな強みといえるでしょう。

求人の応募数増加が見込める

求人の応募数増加が見込めることも、CRIAを導入するメリットのひとつです。CRIAのような給与即時払いサービスを導入している企業はまだ珍しいため、福利厚生の面で他の求人よりも有利な条件を応募者に提示することができます。

離職率が下がる

CRIAの導入によって離職率が下がる効果も期待できます、

若い世代を中心に給与即時払いへのニーズが高まっており、困ったときにいつでも給料の支払いが受けられる職場なら、従業員が安心して仕事に取り組むことができます。

企業にとって、従業員の定着率が向上するのは大きなメリットといえるでしょう。

求人コストが削減できる

従業員が離職するたびに求人広告を打ったり、新人教育をやり直したりするのは企業にとって大きな負担になります。

CRIAの導入によって従業員が定着すれば、求人広告費や教育人件費などのコストを削減することができるでしょう。

CRIAの料金プラン

初期費用 月額費用 その他手数料 資金準備
0円 0円 0円 不要

 

魅力的なメリットが多いCRIAですが、導入にあたって初期費用や月額費用などの費用負担はありません。

導入を検討している企業は、資料請求を行って導入までの流れを確認しましょう。

まとめ


CRIAのような給与即時払いサービスはまだ導入している企業が少ないため、求人広告を出稿する際に他の企業との差別化を図ることができます。

従業員の定着率向上などの導入メリットが多く、セキュリティ体制も整っているため安心して利用できる福利厚生サービスです。

従業員のエンゲージメント(満足度)を高めて優秀な人材を確保したい企業は、ぜひCRIAの導入を検討してみてください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳

(編集:創業手帳編集部)