生産性向上を支援!おすすめのWebプッシュ通知サービスツール4選

新規顧客や既存顧客を飽きさせないためにも、興味を刺激できるようなサービスや魅力的な情報を定期的に提供していくことが大切です。

中でも、Webサイト運営を行っている企業におすすめなのが「Webプッシュ通知サービス」です。

Webプッシュ通知サービスはどのようなサービスなのか、導入するメリットや注意点・選び方を含めておすすめツールをご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

Webプッシュ通知サービスツールとは

Webプッシュ通知サービスとは、Webブラウザから魅力的な情報をユーザーに届けるシステムです。

類似サービスとして「プッシュ通知」がありますが、プッシュ通知は利用しているアプリ上で情報が届きます。

Webプッシュ通知の場合、アプリではなく、ブラウザタイプの通知が届くと考えるとわかりやすいでしょう。

大多数の方が使用しているスマホにも、Webサイト上に挙げたお得なイベントやキャンペーンなど、魅力的な情報を届けることが可能です。

特に、能動的なサービス展開を行いたいと考えている企業におすすめです。

Webプッシュ通知サービスツールを導入するメリット

Webプッシュ通知サービスツールを利用する大きなメリットは3つあります。

  • リアルタイムで情報を届けられる
  • 需要の発掘や興味を刺激できる
  • ユーザー側が登録できやすい

それぞれの特徴について詳しく解説をしていきますので、導入を検討している人は参考にしてください。

リアルタイムで最新情報・おすすめ情報を伝えられる

いくら魅力的なキャンペーンやイベントを行っても、新規顧客や既存顧客に見てもらえなければ意味がありません。

Webプッシュ通知サービスツールを導入する最大のメリットはやはり「魅力的な情報をリアルタイムで届けられる」という点です。

たとえ通知をすぐに開いてもらえない場合でも、キャンペーンやイベントを開催していることを知らせることができるため、時間差でも効果が出やすいです。

Web訪問数をしっかりと増やしたいと考えている人におすすめします。

需要の刺激ができる

Webプッシュ通知サービスツールはさらに、需要に刺激を与えられます。

Webサイトは全てしっかりと読み込んでくれる人もいれば、一通り目を通すだけという人もいます。

特に、一通り目を通すだけという人の場合、見落としている部分も多いのですが、このようなユーザーに対しても他にも魅力的なサービスがあることを伝えることが可能です。

ユーザーの興味を刺激できる点も大きなメリットでしょう。

登録が行いやすい

Webプッシュ通知サービスツールは「ユーザーが登録しやすい」という点も特徴です。

ユーザーの個人情報を入力して情報を提供するようなサービスがありますが、個人情報を入力するというのは、多くの方にとってハードルが高いでしょう。

しかし、Webプッシュ通知サービスツールだと、通知を受け取るプッシュボタンを押すだけで登録ができるため、登録のハードルが低くユーザーも利用しやすいです。

Webプッシュ通知サービスツールを導入する際の注意点

  • 通知の回数に注意
  • 情報の内容に注意

Webプッシュ通知サービスツールは魅力的なサービスですが、導入する際には気を付けるべき注意点も存在します。

どのような点を気を付けるのが良いのかを解説しますので、参考にしてください。

回数が多いとユーザーにストレスを与える

Webプッシュ通知サービスツールは、お得なイベントやキャンペーンも伝えられるサービスですが、頻繁に送ってしまうとユーザーに連続して通知が届くようになるため、ストレスを与える可能性が高いです。

回数は適度にして、魅力的なサービスを提供するのがおすすめです。

興味がない通知が届くと飽きられる

さらに、ユーザーの興味がないキャンペーンやイベントを送り続けてしまうと、飽きられてしまうという傾向があります。

ユーザーによってニーズが異なるため、難しい点ではあるのですが、多くの人が魅力的に感じるようなキャンペーン・イベント展開を行うのが好ましいです。

Webプッシュ通知サービスツールの選定ポイント・選び方

  • 料金プラン
  • 対応ブラウザ
  • 機能

Webプッシュ通知サービスツールは上記の3つが選定ポイントとして挙げられます。

それぞれの選び方について詳しく解説を行いますので、参考にしてください。

料金プラン

Webプッシュ通知サービスツールの3つの選定ポイントの中でも、気を付けるべきなのが「料金プラン」です。

低コストで抑えたいと考える人も多いのですが、Webプッシュ通知サービスツールは通知する送信量に応じた料金プランが多い傾向があり、通知を送りすぎると高額の料金になります。

さらに、料金プランが低いと他に便利な機能が搭載されていない場合もあるため、ある程度の運用資金を視野に入れておくのが好ましいです。

対応ブラウザ

Webプッシュ通知サービスツールの利用では、対応ブラウザもしっかりとチェックしておきましょう。

対応していないブラウザが多いと、どうしてもユーザー数が限られてしまいます。

ユーザー数を幅広く拾うためにも、対応ブラウザはしっかりとチェックしてください。

備わっている機能

Webプッシュ通知サービスでは、通知サービス以外にも分析機能をはじめとした様々な機能が存在します。

他の機能と合わせて使うことでより多くのメリットを得られるため、自社に合った機能が備わっているWebプッシュ通知サービスツールを選ぶのがおすすめです。

おすすめのWebプッシュ通知サービスツール4選

次は、多くの企業が利用している、おすすめのWebプッシュ通知サービスツールを4選ご紹介します。

Webプッシュ通知サービスツールの導入を検討している人は、参考にしてください。

初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
GMOおみせアプリ 0円~ 20,000円~ 4.07/5
Funnel Push 要問合わせ 要問合わせ ×
Metaps Bridge 要問合わせ 要問合わせ
Appvisor Push 要問合わせ 要問合わせ

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリは、店舗運営を行っている企業向けのツールです。

クーポンやスタンプカードの発行も可能で、効率的に顧客の集客が期待できます。

スタンプカードはアプリで電子化もできるため、ユーザーはスマホがあればいつでもお得なポイントを溜めることが可能です。

テンプレートを元にして、必要な機能を店舗に合わせたカスタマイズが出来るのも魅力です。

Funnel Push

Funnel Pushは、スマホやタブレットに特化したツールです。

マーケティング機能を搭載しているので、ターゲット層を分析して的確なキャンペーンやイベントを送ることができます。

対応プラットフォームもiOS 7.0以降、Android OS 4.0以降と幅広いため、多くのユーザーが利用しやすいでしょう。

さらに、誤操作が起こらないよう承認機能を付けることもできるので、承認機能付きのWebプッシュ通知サービスツールを探している人におすすめです。

Metaps Bridge

Metaps Bridgeも、モバイルユーザーに長けているWebプッシュ通知サービスツールで、マーケティング機能も備わっています。

データ分析機能も搭載されているため、的確な通知を送ることが可能です。

ユーザーの行動分析ができるので、ユーザーの行動に合わせたキャンペーンやイベントの企画もできる点が、大きな魅力になります。

料金プランなどは詳細が明かされていないため、まずは問い合わせから行う必要があります。

Appvisor Push

Appvisor Pushは、大手企業も利用しているプッシュ通知サービスです。

配信・管理・分析ができるオールインワンパックとなっており、送信だけでなく管理や分析ができる使い勝手に優れたサービスになります。

Appvisor Pushには、アプリ開発専門の運営会社bravesoftのエンジニアが在籍しているので、企業の要望に合わせたカスタマイズも可能です。

無料トライアルもあるため、実際に利用してみてから検討するのもおすすめです。

まとめ

Webプッシュ通知サービスは定期的に訪れるユーザーだけでなく、眠っている顧客を再度呼び戻せる魅力的なサービスです。

注意点をしっかりと意識しながら定期的に配信することで、多くのメリットを得られます。

分析機能が搭載されたツールも多く、的確に顧客満足度を高めたいと考えている人は、利用を検討してみてください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳