JointApps(ジョイントアップス)

JointApps(ジョイントアップス)

アプリ制作体験ツール
誰でも簡単に、自分だけのスマートフォンアプリを制作可能に
楽しみながら論理的な思考が身につきます

<サービスの特徴>
●ブロックをつなげるだけの簡単操作
 ①ブロックをパズルのように組み合わせ、画像などを変えるだけでアプリが完成
 ②プログラム言語の知識は不要で、自由にオリジナルアプリを制作可能
●子どもたちの論理的な思考の育成に
 ①プログラミング学習前に知っておきたい素養を自然に育成
 ②アプリに必要な要素を考え、用件を定義し、論理的な設計ができるように
●さまざまなアプリを制作可能
 ①標準で「カメラアプリブロックキット」および「地図アプリブロックキット」を搭載
 ②ブロックや機能の組み合わせ、自分でつくった画像などを自由に使用可能
 ③アイデアしだいで様々なアプリを実現
●デジタルハリウッド株式会社が運営
 ①IT関連及びデジタルコンテンツ人材養成スクールを担う会社が運営を担当
 ②JointAppsのIT教育への活用と、プログラミング教育への活用を研究中

<主な機能>
●導入の流れ
 ①JointAppsPlayerをインストール→ユーザー登録→利用開始
●アプリ制作
 ①プログラムが組み込まれたブロックをつなげるだけで、気軽にアプリ作りを体験
 ②「つくる」ためのブラウザアプリと、「つかう」ためのスマホアプリで構成
 ③タブレットで作る場合は、「つくる」と「つかう」を1台で楽しめる
●練習モード
 ①ブロックエディタ内にある練習モードで、つくり方の動画が閲覧可能
●豊富なデザイン素材
 ①JointAppsには、あらかじめさまざまなデザイン素材が登録
 ②背景画像などを、カタログを見ながら変更可能
 ③デコペン・スタンプ・フレーム・ボタンも多数搭載
●デフォルトで3つのフリーフォントを登録
●タブレットに対応
 ①PCはもちろん、SIMカード入りのAndroidタブレットでも制作可能
 ②場所を選ばず、手軽にアプリ制作が行えるように

<料金>
●無料で利用可能

画像引用元:「JointApps(ジョイントアップス)」公式サイト

資料請求はこちら

JointApps(ジョイントアップス)

提供会社
デジタルハリウッド株式会社

この記事のタグに関連する情報

資料請求はこちら