従業員一人ひとりの貢献を見える化!おすすめのピアボーナスツール5選

「組織を活性化して、従業員のエンゲージメントを向上したい」と考えている経営者や人事担当者は多いでしょう。

そこで、感謝の気持ちこめて社員同士が小額の報酬を送り合えるシステム「ピアボーナス」の導入をおすすめします。

ピアボーナスについて知らない方にもわかりやすいように、どのようなシステムなのか、どのようなメリットが得られるのかを説明した上で、おすすめのツール5選をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック「リモートワーク手帳(無料)」が創刊されました! リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

 

ピアボーナスツールとは

ピアボーナスとは、社員同士が相手に感謝を示すために小額の報酬を送り合うシステムで、英語で「仲間」や「同僚」を意味するPeer(ピア)と、「特別手当」を意味するBonus(ボーナス)を組み合わせた言葉です。

頑張っている従業員に対して感謝の気持ちを表すためにポイントを付与したり、社員同士が報酬を与え合ったりすることができます。

ポイントが貯まれば、企業が用意した商品などに交換することも可能です。

 

ピアボーナスツールを導入するメリット

ピアボーナスツールを導入することで得られる主なメリットは、以下の3つです。

・従業員のエンゲージメント向上

・社内のコミュニケーションが活性化される

・優秀な人材の定着率アップ

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

従業員のエンゲージメント向上

ピアボーナスツールを導入することで得られる最大のメリットは、従業員のエンゲージメントが向上することです。

自分の頑張りや成果がポイントとして還元されれば、「この会社に貢献していきたい」「働き続けたい」と思うようになります。

会社に対する愛着が湧く従業員が増えて、生産性が高まることも期待できるでしょう。

社内のコミュニケーションが活性化する

ピアボーナスツールを導入することで、社員同士のコミュニケーションが活性化します。

システム内ではポイントを付与するだけなく、「ありがとう」などのコメントを残すこともできるため、受け取る側は感謝の気持ちを感じることができ、社内のコミュニケーションも自然と円滑になるでしょう。

優秀な人材の定着率アップ

自分の努力や成果がポイントとして還元されるため、優秀な人材が他社に流出することが減り、社員の定着率が上がります。

従業員の離職率が下がれば採用コストを削減できるため、業績にもプラスに働くでしょう。

 

ピアボーナスツールを導入する際の注意点

ピアボーナスツールの導入にあたっては、以下のことに注意する必要があります。

・費用対効果を考慮する

・自社に適した機能が搭載されているか

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

費用対効果を考慮する

ピアボーナスを導入する前に気をつけておきたいのは、ツールを導入することで得られる効果を把握しておくことです。

ピアボーナスツールを導入すると、初期費用だけではなくランニングコストもかかるため、予算に見合う効果が得られるかどうかを確認した上で、導入を検討しましょう。

自社に適した機能が搭載されているか

メリットが多いピアボーナスツールですが、自社に適していないものを選ぶと、期待した効果が得られません。

そのため、すべての従業員が利用できるかどうか、使いやすいかどうかを、無料トライアルを利用して確かめておくことをおすすめします。

 

ピアボーナスツールの選定ポイント・選び方

ピアボーナスツールを選ぶ際のポイントは、以下の3つです。

・サポート体制が整っているか

・付随機能が搭載されている

・チャットツールと連携可能か

1つずつ見ていきましょう。

サポート体制が整っているか

ピアボーナスツールを初めて利用する方のためにも、製品を提供している会社のサポート体制が整っているかどうかは、導入する前に確認しておきたいポイントです。

使い方がわかりにくく、操作に時間がかかると、本来の業務に支障が出ます。

従業員がスムーズに操作できるようにするためにも、充実したサポート体制があるツールを選ぶようにしましょう。

付随機能が搭載されている

他の社員に対してポイントや報酬を与える機能だけでなく、グループ内掲示板やビジネスチャットなどを付随機能が搭載されているかどうかもチェックしておきましょう。

とはいえ、自社にとって必要な機能が搭載されているものを選ばなければ、最終的に使われなくなってしまいます。

そのため、あらかじめ「自社にとって必要な機能は何か」を検討した上でツールを選ぶことをおすすめします。

チャットツールと連携可能か

ツールによって異なりますが、ピアボーナスツールにはChatworkやSlackなどのビジネスチャットと連携できるものもあります。

現在多くの企業がビジネスチャットを導入しているため、連携ができるものを選ぶと従業員がツールを利用しやすくなるでしょう。

 

おすすめのピアボーナスツール5選

ここでは、おすすめのピアボーナスツール5選を紹介します。

ほとんどのツールが初期費用やランニングコストを公表していないため、導入を決定する前に見積もりを取ることをおすすめします。

サービス名 初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
Unipos 要問い合わせ 要問い合わせ 4.69/5 要問い合わせ
TUNAG 400,000円 要問い合わせ 2.0/5 ×
THANKS GIFT 要問い合わせ 要問い合わせ 4.0/5 要問い合わせ
OKWAVE GRATICA 0円 0円〜 ×
インセンティブ・ポイント 要問い合わせ 要問い合わせ ×

 

Unipos(ユニポス)

ピアボーナスツール「Unipos(ユニポス)」では各社員の貢献を可視化できるので、普段は見えにくい成果や努力を報酬として還元することでモチベーションを向上することができます。

また、ツールを導入した後の組織改革もサポートしているため、部門間の連携を強化して組織の課題を解決することが可能になります。

 

TUNAG(ツナグ)

エンゲージメント経営を実現する「TUNAG(ツナグ)」は、組織の課題に合ったピアボーナス制度を運用できるのが特徴で、3,000社以上が導入しています。

「TUNAG(ツナグ)」は、「組織の課題を解決したいが、その方法がわからない」という企業を徹底的にサポートして、組織改善を支援します。

また、目的ごとにカスタマイズが可能で、導入前の設計や導入後の運用・改善もサポートしてくれます。

 

THANKS GIFT(サンクスギフト)

「THANKS GIFT(サンクスギフト)」は社員への感謝の気持ちをコメントできるカードや、仕事に対する努力や成果に対して支払われるコインを活用して、社員同士でお互いのモチベーションを上げられる環境の構築をサポートします。

また、追加料金なしで専属スタッフによるコンサルティングを受けられるので、気軽に相談することもできます。

 

OKWAVE GRATICA(オウケイウェイヴ グラティカ)

「OKWAVE GRATICA(オウケイウェイヴ グラティカ)」は、社員のモチベーションを上げて離職率を下げるために、社員の努力や成果をポイントなどで還元する制度の運用をサポートするピアボーナスツールです。

クラウド型ツールなのでソフトをインストールする必要がなく、少人数でも利用できます。

 

インセンティブ・ポイント

「インセンティブ・ポイント」は優秀な人材の離職率を下げるために、成果や努力をポイントとして還元する仕組みを実現するピアボーナスツールです。

貯まったポイントは、約2万個のアイテムの中から選んだものと交換することができるため、社員の向上心やモチベーションを高められます。

 

まとめ

少子化が進行する中で、いかに優秀な人材を確保するかが企業における最大の課題となっています。

離職率を下げるためにもピアボーナスツールを導入して、努力や成果を目に見える形で還元することで、従業員のモチベーションの向上を図るべきでしょう。

各社からさまざまなピアボーナスツールが提供されていますが、自社に適した機能が搭載されていて、かつ費用対効果が高いツールを吟味した上で導入することをおすすめします。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳