世界最高水準のAIを駆使して競合他社と差別化を図ろう!

「名刺や書類の手入力が大変で業務に負担がかかっている」

「文章読み取りシステムを使っているが、精度に満足していない」

このようなお悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。

名刺や書類を手入力していると業務に負担がかかってしまため、なんとしても効率化を図っていきたいですよね。

そこでおすすめなのが、最新のAI機能で文字認識を行うことができる「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」。あの有名なLINE株式会社が提供するクラウド型サービスです。

①カメラ機能などを利用して書類や画像などを読み込む②「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」のAIが分析を行う③書類や画像に記載されている文字を読み取る④読み取った文章をテキストに起こす――これら4つのすぐれた機能を搭載しており、書類の電子化や業務負担の軽減に役立ちます。

以下では、「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」の魅力や料金について解説していきますので、ご興味のある方はぜひご一読ください!

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

こんな企業に「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」がおすすめ!

①本人確認作業のワークフローを効率化したい

②大量の顧客情報を保有しているため、データ処理作業が負担になっている

③これまで溜め込んできた紙媒体の名刺を電子化したい

「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」の特徴

「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」には、一体どのような特徴があるのでしょうか。さっそくみていきましょう。

世界最高水準のAIエンジン

「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」のAIは、文字認識能力に関してはピカイチの実力を誇ります。

搭載されているのは、文書解析と認識に関する国際会議(ICDAR:2019/3/29時点)において、4分野での世界No.1の実績を誇る世界最高水準のAIエンジン。

画像や書類の文字が歪んでいる状態でも正確に文章を読み取るため、これまでの文字認識サービスの基準をはるかにこえた結果を期待することができるでしょう。

多言語の認識ができる

「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」は日本語だけでなく様々な言語の認識もできるため、外国人労働者の書類の読み込みが必要な時も大活躍。

海外企業とやり取りを行うグローバル企業や、外国人ビザを取り扱う行政機関も、「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」がとても頼りになることでしょう

AIによる本人確認機能/h4>

「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」の文字認識AIを使って、免許証や保険証を読み取り、精度の高い本人確認を行うことも可能です。

しかもそれだけではありません。身分証画像と自撮り画像を比較分析し、本人と一致しているかどうかを判別することもできてしまうんです!

「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」は、従来のAI認識機能を上回る性能を秘めているといえるでしょう。

書類や画像をAIが自動でテキスト化

請求書、納品書、仕分伝票、報告書など……すぐれた文字認識能力を備えた「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」のAIなら、瞬時に文字を読み込んでデータ化します。

もちろん、手書きの文字にも柔軟に対応可能。斜めになった文字や歪んだ文字も、かなりの高い精度で読み取ります。

「LINE Works」との連携でビジネスツールとしても活躍

「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」はビジネスチャット機能を持つ「LINE Works」と連携することで、チームワークをより強化したり、顧客満足度や業務効率を高めたりします。

「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」の料金プラン

プラン名 トライアル コマーシャル エンタープライズ
月額料金 無料 50,000円 要お見積もり
利用期間 3カ月 制限なし 制限なし
チャット回数 1,000回 制限なし 制限なし
Q&A登録数 100 制限なし 制限なし

無料トライアル期間は3ヵ月間使用できるため、まずはこちらから試してみることをおすすめします。

まとめ

世界最高水準の文字認識AIが、これまでの業務の在り方を一新する。

「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」は、あのLINE株式会社が満を持して提供する最新のクラウド型サービスです。

名刺、見積書、請求書、契約書など……手書きを含めたあらゆるテキストを自動で認識し、データ化します。走り書きで歪んで見にくい文字も、かなりの精度でしっかり対応。

「LINE BRAIN(ライン・ブレイン) OCR」は、従来の文字認識ツールとは一線を画す存在だといえるでしょう。

「データ入力作業が膨大で全体のワークフローが停滞している」
「顧客情報の入力作業を大幅にカットして営業に集中できるようにしたい」

このようなお悩みやご要望をお持ちなら、ぜひ一度、導入を検討してみてはいかがでしょうか。まずは無料トライアル版からお試しください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳