費用を抑えつつ人事業務の効率化を図りたい企業におすすめの人事管理システム

人事管理システムを導入する上で意識するべきポイントの一つに、「コスト」があります。

システムを導入して目標設定や評価のプロセスを効率化したとしても、導入費用やランニングコストが削減した残業時間や工数を上回ってしまっては意味がないからです。

そのため、初めて人事管理システムを導入する方の中には、どの人事管理システムが費用対効果が高いのかを見極められず、導入を迷っている方もいるのではないでしょうか。

そこでご紹介したいのが、数ある人事管理システムの中でもリーズナブルな料金と導入のしやすさに定評がある「jinjer人事」です。

ここではjinjer人事の特徴や機能、料金プランについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

 

jinjer(ジンジャー)人事とは?

jinjer人事は、株式会社ネオキャリアが提供する人事管理システムです。

単なる従業員データベースではなく、タレントマネジメントや組織情報、異動情報、履歴情報、報酬、福利厚生、教育研修などのデータの一元管理ができます。

jinjer人事は機能面だけでなく、数ある人事管理システムの中でも料金がリーズナブルで導入しやすいことに定評があり、現在約13,000社に導入されるほど高く評価されています。

 

jinjer人事の特徴

jinjer人事の主な特徴は、以下の3つです。

・導入がスピーディー

・UI/UXが使いやすい

・他のサービスとの連携

導入がスピーディー

jinjer人事はクラウド型のシステムなので、サーバーに設置する必要がありません。そのため、申し込み後はすぐに利用を開始できます。

また、電話やチャット、Webなどを通じて担当者によるサポートを受けられるため、導入の際に困ることもないでしょう。

UI/UXが使いやすい

jinjer人事はUI/UXが直感的かつシンプルな操作性で、非常に使いやすいことが特徴です。

利用者目線でこだわって開発されているので、従業員も管理者もストレスなく利用できるでしょう。

他のサービスとの連携

jinjer人事を運営している株式会社ネオキャリアでは、jinjerシリーズとして「勤怠管理」「給与計算」など8つのサービスを展開しています。

これらを連携することで、企業のデータの一元管理が実現します。活用次第では、バックオフィス全体の業務効率化やコスト削減に役立つでしょう。

 

jinjer人事の機能

ここからは、jinjer人事の機能について解説します。jinjer人事の機能は、以下のとおりです。

・組織管理

・従業員管理

・ロール管理

・ダッシュボード

・項目のカスタマイズ

・入社処理

・レポート

組織管理

jinjer人事では、顔写真付きの組織図で人員を一目で把握することが可能です。

社員の異動をドラッグ&ドロップでシミュレーションしたり、人事異動を事前に予約しておくこともできます。

従業員管理

従業員の情報(所属、住所、緊急連絡先、給与、社保、学歴、職歴、資格、採用、賞罰など)をトップページから一覧にして確認することができます。

特定の項目での絞り込みや、リストビューを作って一覧画面に表示したい項目をカスタマイズすることも可能です。

ロール管理

jinjer人事では、ロール設定画面で従業員一人ひとりに編集・閲覧ができる範囲を設定することができます。

ロールの内容は項目ごとに「編集可」「閲覧可」「表示不可」があり、人事業務における役割に合わせて権限を設定することも可能です。

ダッシュボード

ダッシュボードでは、入退職者の推移やパフォーマンス別の人員比率、男女別の役職構成比などを確認できます。

従業員情報はリアルタイムで集計され、自動的にグラフ化されるので、データをもとにした戦略を立案しやすいといえます。

項目のカスタマイズ

jinjer人事では、従業員情報の登録項目を追加してカスタマイズすることができます。

プルダウン、ラジオボタン、テキストフォーム、ファイル形式などさまざまな設定ができるので、Excelや紙で管理していたデータもすべてシステム上で管理が可能です。

入社処理

入社前の従業員は、ログインなしで専用フォームから情報を登録できます。

登録してもらう項目はカスタマイズすることもできるので、雇用形態に合わせたフォーマットを作ることも可能です。

レポート

jinjer人事では、カスタマイズをしたかどうかに関わらず、レポートを出力することができます。

また過去・現在・未来の日付を設定し、その基準日時点での従業員情報を出力することも可能です。

 

jinjer人事の料金プラン

jinjer人事は、数ある人事管理システムの中でも料金設定がリーズナブルです。従業員1人あたり月額500円で利用できます。

単体で利用することもできますが、勤怠管理や経費管理、採用管理など複数のサービスを組み合わせると、さらに真価を発揮します。

各プロダクトの料金もリーズナブルで、従業員1人あたり月額200~500円です。

 

jinjer人事を導入すべき企業とは?

ここまでjinjer人事の特徴や機能、料金プランを見てきましたが、実際にjinjer人事を導入すべきなのはどのような企業なのでしょうか。

jinjer人事を導入すべき企業は、以下のような企業です。

・予算の限られる中小企業やベンチャー企業

・人事評価システムを導入したことがない企業

jinjer人事は、ハイエンドな人事管理システムと比べると機能的に見劣りする部分もありますが、基本的な人事管理システムに必要な機能が搭載されているにも関わらず、料金が安いことが魅力です。

そのため、予算が限られる中小企業やベンチャー企業にはおすすめです。

またUI/UXの使い勝手がよく、操作も簡単なので、初めて人事管理システムを導入する企業にもおすすめできます。

 

まとめ

人事管理システムを導入し、人事に関する作業を効率化することも企業にとっては重要ですが、導入費用やランニングコストが削減した残業時間や工数を上回るようでは本末転倒です。

jinjer人事は、ハイエンドな人事管理システムと比べると機能的に見劣りする部分はありますが、予算が限られている中小企業やベンチャー企業にとっては最適な選択となるサービスといえるでしょう。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。