社員のスマホがビジネスフォンに!ひかりクラウドPBXの魅力を解説

  • ・ビジネスフォンを使っていたけどコストがかかりすぎてやめた
  • ・音質が悪くて肝心な場面で繋がらない
  • ・音質が悪くて肝心な場面で繋がらない

上記はIP電話を利用している企業で挙がりやすい声です。

IP電話は仕事用として使える点から一躍注目を集めていましたが、自分が使用していない電話を持つため、慣れるのに時間がかかるのと従業員の人数分端末の用意が必要なので、コストがかかりがちです。

しかし、近年ではIP電話のデメリットを大きく解消しているクラウド型電話機システムが登場しています。

中でも、東日本電信電話株式会社の「ひかりクラウドPBX」は、メリットも多く便利だと人気です。

ひかりクラウドPBXはどのような特徴があるのか、評判・料金プランと合わせて解説をしていきます。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

ひかりクラウドPBXとは?


ひかりクラウドPBXは、PBX機能を搭載したクラウド型電話機システムサービスです。

イメージとしては、会社の固定電話を手持ちのスマホと一緒に持ち歩けるようになるサービス、と考えるとわかりやすいでしょう。

たとえば、顧客から本社に問い合わせが合った場合、外出している営業マンにそのまま内線を飛ばし、会社の番号として営業マンが電話対応ができるという画期的なサービスになります。

他の企業のサービスと異なるのは、自分が持っているスマホで「ビジネス用」と「プライベート用」と切り替えを行って使用ができるという点です。

東日本電信電話株式会社とは?

ひかりクラウドPBXのサービスを提供しているのは東日本電信電話株式会社です。

東日本電信電話株式会社はNTT東日本のことを指し、インターネット環境やクラウドサービスに力を入れている知名度が高い大手企業です。

ひかりクラウドPBXもNTT東日本がこだわって開発を行っており、安定した通信下でのクラウド電話・通信が可能なので、多くの企業から好評の声が挙がっています。

ひかりクラウドPBXの5つの特徴

  • ・音質が良好
  • ・プライバシーが守られる
  • ・大幅なコスト削減
  • ・コールセンター構築も可能
  • ・外部サービスとの連携もできる

ひかりクラウドPBXの5つの大きな特徴について詳しく解説を行っていますので、クラウド型のビジネスフォンサービスが気になる人は参考にしてください。

音質が良い

「IP電話は音質が悪くて相手の声が聞こえなかった」という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

IP電話は音質や通信状況に大きく左右されやすく、使っていても重要なシーンで効果を発揮してくれないという声は少なくありませんでした。

しかし、ひかりクラウドPBXは音質にこだわって作られており、相手方の距離が遠かったとしてもノイズや遅延がほとんど生じません

特に実感しやすい音質の良さは、高音質の電話サービスを利用したい企業におすすめです。

プライバシー保護ができる

ひかりクラウドPBXはさらに、プライバシーが守られるという点の大きな特徴です。

ビジネスフォンを導入していない企業だと、営業マンが連絡先を伝える際に、自分がプライベートで使用している電話番号を教えることがほとんどです。

会社での営業先にプライベートの電話番号を伝えてしまうと、ON・OFFの境界線がなくなり、ストレスにもなるでしょう。

しかし、ひかりクラウドPBXだと会社の電話番号を利用して自分のスマホで取引先に連絡ができるため、プライバシーも守れます。

ON・OFFをしっかりと分けることで精神的負担も減らせるのは、営業マンにとってプラス働きます。

コスト削減が可能

ひかりクラウドPBXを使用すると、従業員専用のビジネスフォンを購入する必要がありません。

ビジネスフォンは端末代も高いだけでなく、通信費も必要なので、どうしてもコストがかかりがちですが、ひかりクラウドPBXだと端末代が必要ない上に、外出先でも内線は無料で通話できるため、通信費の削減ができます。

コスト削減をしっかりと図りたい企業にもおすすめのサービスです。

コールセンターの構築もできる

さらに、ひかりクラウドPBXはコールセンターとして使うことも可能です。

問い合わせが多い場合は、電話台数を増やさないといけませんが、電話機の購入は負担になります。

ひかりクラウドPBXでは人数分すでに端末があるため端末の購入負担がない上に、いつも自分たちが使っているスマホでの対応になるので操作に迷うこともありません。

内線もスムーズに飛ばしやすいので、コールセンターを構築したいと考えている企業にもおすすめです。

外部サービスとの連携が可能

他にもひかりクラウドPBXの大きな特徴として、顧客管理システム(CRM)で世界シェア率No.1を誇るSalesforceとの連携ができます。

顧客管理システムと連携させることで、発着信の履歴を顧客情報とともに残すことができ、顧客一人ひとりに対して的確なアプローチが可能です。

すでにSalesforceを導入している企業だと、とても便利に利用できるのでおすすめです。

ひかりクラウドPBXの評判


利用している企業の声は、導入する際の参考になりやすいです。

ひかりクラウドPBXを利用している企業が、魅力的に感じるポイント・惜しいと感じるポイントを解説します。

魅力的に感じるポイント

ひかりクラウドPBXの魅力的に感じる声では「コスト削減ができる」「高音質で従来のビジネスフォンのような使い方ができる」という点が挙げられます。

音質に対する評価は高く、ノイズが発生しない・遅延をしないといった点が特に好評です。

使いやすさとともにコスト削減も出来る「コストパフォーマンスに優れたサービス」は多くの企業が導入しています。

惜しいと感じるポイント

ひかりクラウドPBXは「まだまだビジネスツールに対応していない」という点が惜しいという声があります。

世界的に有名なSalesforceとの連携は可能であるものの、近年ではCRM/SFAサービスも多く登場しています。

まだ対応している外部サービスが少ないため、今後の連携に期待の声が挙がっています。

ひかりクラウドPBXの料金プラン


ひかりクラウドPBXは、クラウド構築が行えるNTT東日本のサービス「まるらくオフィス」を利用しているかどうかによって、初期費用や月額料金が変わります。

月額料金比較表

まるらくオフィスあり まるらくオフィスなし
10 IDパック/1契約 16,500円 11,000円
20 IDパック/1契約 26,400円 20,900円
30 IDパック/1契約 33,000円 27,500円
追加ID利用料/1ID 660円 660円

初期費用(訪問工事あり)

まるらくオフィスあり まるらくオフィスなし
基本額 4,950円 4,950円
加算額 3,850円 3,850円

初期費用(訪問工事なし)

まるらくオフィスあり まるらくオフィスなし
訪問工事無し 1,100円 1,100円

月額料金は利用する人数によって大きく変わるため、事前に相談を行って見積もりを出してもらうのがおすすめです。

無料トライアルは2週間ありますので、実際に利用してみてから検討するのがよいでしょう。

まとめ

新しいビジネスフォンとして活躍してくれるひかりクラウドPBXは、多くの企業におすすめのサービスです。

成長している企業だと、コールセンター構築化までできるのはコスト削減にもなります。

導入するにはまず、無料トライアルを利用して検討してみましょう。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳