マスタ共有と販売システムで会計業務の効率化

会計部門のシステムに求められているのは、どれぐらいコスト削減が可能なのか、どのくらい業務を効率化するかという点です。

しかし、システムを選ぶ際に実際に現場で行われている会計業務を支援する機能については、評価されていない場合もあります。

また、急速に変化するビジネス環境に対応するために、リアルタイムで会計を把握したり販売システムと連携したりすることも重要な課題です。

そこで今回はおすすめの会計ソフト「GrowOne Cube 会計」の特徴やメリット、実際に導入して利用されている方の評判をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

GrowOne Cube 会計とは?


GrowOne Cube 会計は、できる限りルーチンワークを自動化することが可能なため、スピーディな会計業務が実現されるシステムです。

決算の早期化だけでなくビジネスサイクルの高速化もサポートする機能を多数搭載し、その他にも販売システムと連携してマスタを共有したり、迅速な管理会計ができたりと会計業務を効率的に行うことが実現できます。

専門知識があるシステムエンジニアが業務や環境を把握した上で運用開始まで支援するため、安心してシステムを導入することができます。

GrowOne Cube 会計の3つの特徴

  • ・日々の仕訳を一括で起票
  • ・経営に関する役立つ情報の提供
  • ・使いやすさと見やすさを追求

GrowOne Cube 会計には、上記の3つの特徴があります。

これから、それぞれの特徴を具体的に解説していきますので参考にしてください。

日々の仕訳を一括で起票

各種ライセンス費用や光熱費などを毎月、または年に1回など定期的に発生する仕訳を一括で起票することができるのが特徴です。

起票間隔と内容をセットで登録しておくと計上日に一括起票することが可能で、作業の負担を削減し二重計上や計上漏れといった人為的な入力ミスを防止することができます。

さらに、引き落としの確認も一覧でできるためチェック作業も簡単です。

経営に関する役立つ情報の提供

GrowOne Cube 会計は、財務会計に影響を与えることがない管理会計用の残高管理機能が搭載されているので、管理レポートの出力も簡単にできます。

また、管理用の機能コード(任意コード)を利用すれば、セグメントやプロジェクトごとに個別集計をすることも可能です。

さらに、販管費を把握するなど会計情報を多角的に分析することで、経営判断に必須な情報をスピーディーに提供することが実現されます。

使いやすさと見やすさを追求

GrowOne Cube 会計は、各種管理用帳票や財務諸表のレイアウトを自社に合わせて柔軟に変更することが可能です。

仕訳伝票や元帳の項目の表示・非表示・並び順なども自社のニーズに合わせて変更できる、見やすさと使いやすさが追求された作りになっています。

GrowOne Cube 会計を導入する3つのメリット

  • ・ルーチンワーク自動化で手間とミスを減少
  • ・マスタ共有と販売システムが実現
  • ・導入から運用開始まで徹底サポート

GrowOne Cube 会計には、主に上記3つのメリットがあります。

これから、具体的にどのようなメリットがあるのかを説明していきます。

ルーチンワーク自動化で手間とミスを減少

会計業務で作業の負担が大きいのは、特に仕訳伝票の起票でしょう。

GrowOne Cube 会計は、日々発生する仕訳を一括で起票することができる機能が搭載されています。

さらに、外部ファイルを取り込んで起票する機能、そして仕訳伝票の起票を支援する機能といった会計業務の手間を省くことができる機能も搭載されているため、入力ミスに加え入力の手間を減少させることができます

マスタ共有と販売システムが実現

GrowOne Cube 会計には、様々な販売システムと連携することができるインターフェースが用意されています。

例えば、GrowOne Cube 販売と連携することで、より業務の高度化と効率化を実現できるでしょう。

マスタ共有も可能なので、より確実に効率的な入力業務ができるだけなく、迅速な管理会計も実現できます。

導入から運用開始まで徹底サポート

カスタマイズには特化していない会計システムですが、担当者がITについて専門知識がなくても、ベンダーであるニッセイコムが専任システムエンジニア制を採用しているので不安になることはありません。

企業の環境や業務を熟知したシステムエンジニアが責任をもって運用開始まで支援するため、スムーズなシステム導入が可能です。

GrowOne Cube 会計の評判


実際にGrowOne Cube 会計を導入している方々の評判や導入する際の注意点をご紹介します。

専任SEによる徹底的なサポートで安心

GrowOne Cube 会計は、社内の従業員にシステムの専門知識がなくても、何か疑問があれば専任システムエンジニアがわかりやすく説明してくれるので、安心して導入までの業務を任せることができたという点が高く評価されています。

また、導入後のサポートもあるのでシステムを使用していてわからないことがあれば、気軽に質問することも可能です。

利用する際の注意点

GrowOne Cube 会計を利用することで多くのメリットが生まれますが、導入や運用コストが高くなる可能性もあるということに注意してください。

各企業のニーズによって運用コストは異なるため、公式ホームページでは料金設定は非公開となっていますが、場合によっては他のシステムより高くなることもあるでしょう。

事前に自社に必要な機能や予算などを決めたうえで、ベンダーと相談しながら見積もりを出してもらうのがおすすめです。

GrowOne Cube 会計の料金プラン


GrowOne Cube 会計の価格設定については、公式ホームページでは非公開となっているので直接ベンダーに問い合わせをしてください。

前もって自社が必要とする機能や導入目的、トータルコストを洗い出しておいて見積もりをとってから本格的な導入を検討しましょう。

料金/他
初期費用 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ
無料トライアル なし

まとめ

アフターコロナに向けて働き方改革の促進が早まる中で、あらゆるクラウドサービスが提供されています。

数年前からスタートした働き方改革と2020年から猛威を奮っている新型コロナウイルスの影響で、ビジネス環境の変化が加速化しているため、生き残るためには新しい働き方を取り入れて柔軟性のある企業に成長する必要があります。

会計業務においても、人によるミスやルーティン作業の手間を削減し、経理担当者が会社経営に直接関わる業務に集中できるよう、GrowOne Cube 会計のような会計ソフトを積極的に導入してみるのもおすすめです。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳