請求書の作業効率が圧倒的に高くなる!

表計算ソフトを使って手入力で請求書を管理していると、入力ミスや発行作業に時間と手間がかかったり、請求書の発行数の増加にともなう郵送作業のコストが大きくなったりという課題を抱えていませんか?

これら請求書に関わる問題を解決してくれるのが、「マネーフォワード クラウド請求書」です。

請求書に関わる業務を郵送まで含めて全てクラウド上で行えるため、発注業務の時間と書類を大幅に削減することが出来ます。

他にも、自由なタグの設定やステータス・クレジットカード決済はもちろん、外部システムとの連携で会計処理の効率化も可能なため、多くの企業で導入されているサービスです。

今回は、その「マネーフォワード(MF) クラウド請求書」について詳しく解説します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

マネーフォワード(MF) クラウド請求書とは?


「マネーフォワード クラウド請求書」は、東京都港区に本社がある株式会社マネーフォワードが提供しているクラウド型の請求書サービスです。

請求書や見積書・納品書・領収書を作成し、メール送信および郵送、支払い受付などが可能で、飲食や不動産・小売りから人材紹介会社など様々な業種で利用されています。

マネーフォワード (MF) クラウド請求書の主な機能

  • 見積書 / 納品書 / 請求書 / 領収書作成
  • 定期発行で毎月自動作成
  • テンプレート切り替え
  • ロゴ / 印影の登録
  • PDF出力・ダウンロード
  • 変換・複製/合算請求書
  • 取引先の自動入力
  • 品目の自動入力
  • メール送信
  • 郵送機能
  • 会計ソフトと自動で連動

上記がマネーフォワード(MF) クラウド請求書の主な機能です。

マネーフォワード (MF) クラウド請求書の特徴


マネーフォワード (MF) クラウド請求書には下記のような様々な特徴があります。

  • 書類作成の負担が軽減される
  • 書類送付の負担が軽減される
  • コスト削減につながる
  • 人的ミスの回避が可能
  • 入金管理がしやすくなる
  • クレジットカード決済が手軽に導入できる
  • 様々なシステムとのデータ連携が可能
  • 経営状況の把握ができる
  • 書類管理が簡単になる
  • 複数人での利用が可能

それぞれの特徴を解説しますので参考にしてください。

書類作成の負担が軽減される

マネーフォワード(MF)クラウド請求書は、豊富なテンプレート画面で取引先などを選択するだけで、各種の書類が作成できます

作成した見積書から納品書へ、納品書から請求書へといった変換もできますので、業務負担の軽減が実現するでしょう。

また、定期発行機能を搭載しているため、初回のスケジュール登録後は自動で定期的に請求書を発行します。

同じ内容の請求書を担当者が繰り返し作成する必要がなくなるうえに、請求書の発行漏れを防ぐことが可能です。

書類送付の負担が軽減される

作成した書類をPDF化して、直接クライアントへメールを送付することが可能です。

郵送代行も可能で、郵送ボタンをクリックするだけで印刷から封入・発送を行うので、請求書を送る際の作業や、発送の手間が減るでしょう。

また、メールや郵送は一括での処理が可能で、メール送信した帳票は履歴が残ります。

さらに、郵送の場合には「発送ステータス」で確認ができるため、送付状況の管理もしやくすなるでしょう。

コスト削減につながる

表計算ソフトによる請求書作成・郵送からマネーフォワードクラウド請求書に切り替えた場合、人件費や郵送費削減が可能なので年間約84万円のコスト削減効果が期待できます。(月間請求書枚数が300枚の場合)

人的ミスの回避につながる

請求書に関する業務は、種類が多いことに加えて忙しい時期に作業が集中するため、人的ミスが起こることもあります。

マネーフォワード(MF)クラウド請求書は、状況を把握するのに役立つステータス管理機能や作業履歴機能、請求書の発行もれを防ぐ定期発行機能を搭載しているため、ミスは起こりにくいでしょう。

また、ユーザー間の作業の重複を防ぐための閲覧や編集を制限する、権限管理機能も搭載しているため、人的ミスの軽減に効果を発揮します。

入金管理がしやすくなる

マネーフォワード(MF)クラウド請求書には便利なステータス管理機能に加えて、未入金アラート機能も搭載しています。

未入金アラート機能は毎週メールで支払い期限を超過した請求書を通知をしてくれるので、入金状況を漏れなくチェックすることが可能です。

さらに「マネーフォワードクラウド会計・クラウド確定申告」と連携している場合は、売掛金の仕訳が請求書の送付時に自動で作成されます。

さらに、消し込み作業を行うと「マネーフォワード(MF) クラウド請求書」のステータスが「入金済」に変更されるので便利です。

クレジットカード決済が手軽に導入できる

マネーフォワード(MF)クラウド請求書は、クレジットカード決済機能付きの請求書の作成が可能です。

導入の初期費用は0円でクレジットカード決済手数料は1.99%からとなっているため、他社と比べるとリーズナブルに利用できるのも特徴でしょう。

クレジットカード決済を導入すると、取引先にとって決済手段が増えるというメリットにくわえて、請求元にとっても「銀行振り込みより入金サイクルが早くなる」「新規の取引先とも安心できる」というのも魅力です。

多くのシステムとデータ連携ができる

マネーフォワード(MF)クラウド請求書は「kintone」や「Zoho」「Salesforce」などの営業支援システム(SFA)・顧客管理システム(CRM)や消込サービスの「V-ONE」、「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」など様々なシステムと連携可能です。

営業管理ツールと請求書ソフト間でのデータ連携によって、顧客情報も共有できますし、経理以外の部署でも入金状況を把握できるため、消し込み作業や会計処理の効率化などが実現できるでしょう。

必要に応じて、様々なツールを合わせて導入するのもおすすめです。

経営状況の把握ができる

作成した請求書の金額は、マネーフォワード(MF) クラウド請求書の売上レポートに自動的に反映されるので、転記せずに資料化することができます。

売上レポートでは他にも取引先それぞれの請求金額や平均請求額がわかるため、リアルタイムで経営状況が把握できるでしょう。

また、請求書にはタグを自由に設定できます。

タグ機能を活用すると業務内容や担当者ごとにデータを確認できるので、営業方針など戦略を決定する際の判断材料としても利用できます。

書類管理が簡単になる

作成した請求書は、自動的に一覧表に反映されます。

設定したタグや各ステータスで書類を検索することができるため、探す時間が短縮されます。

複数人で利用できる

マネーフォワード(MF) クラウド請求書は、事業者ごとにメンバーの追加が可能で、複数人で同じデータを閲覧できます。

また、「閲覧のみ可能」「編集も可能」といった権限管理を行うこともできるので、状況に応じて利用するのがおすすめです。

マネーフォワード (MF) クラウド請求書の料金プラン


料金プランですが、法人用と個人事業主用に分かれています。

<法人向け>

スモールビジネス(小規模法人向け) ビジネス(請求書発行の多い法人向け) エンタープライズ(上場企業やIPOを検討の企業向け)
料金(年) 3万5,760 円 5万9,760 円 要問合せ
料金(月) 5,980円 2,480円 要問合せ

<個人事業主向け>

パーソナルライト(お得に利用したい個人事業主向け) パーソナル(請求書発行の多い個人事業主向け)
料金(年) 1万1,760 円 2万3,760 円
料金(月) 3,980円 2,480円

※プラン料金に、従量課金分やオプション料金が加算されます。

まとめ

今回は、請求書をはじめとする各種書類の作成や送付をサポートするマネーフォワード(MF)クラウド請求書サービスについてご紹介しました。

直感的に操作が可能で、便利な機能によって請求書作成の負担を軽減します。

また、自由に設定できるタグやステータス表示・入金アラートなどは、請求業務の効率化に大きな効果を発揮するでしょう。

導入を検討している方は、まず見積りと合わせて1ヶ月間の無料トライアルを試しに利用してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳

(編集:創業手帳編集部)