出張申請から経費精算までワンストップで完結!上長や総務の負担を軽減しよう

経費の申請、宿泊施設や移動手段の手配、経費精算など……出張では様々な業務を伴うため、従業員が多ければ多いほど管理が大変ですよね。

とくに承認作業を受け持つ上長の負担は非常に大きいといえるでしょう。

そんなときに頼れる味方になってくれるのが、出張に関するあらゆる業務を一括管理できるクラウド型サービス「BORDER」です。

これを使えば、宿泊施設や航空券の手配はもちろんのこと、出張費の申請・承認・決済のフローをワンストップで完結!

本記事ではそんな「BORDER」の魅力を徹底解説していきますので、出張業務の効率化に関心の向きのある方は、ぜひご一読ください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

出張支援クラウド「BORDER」はこんな企業におすすめ

・「出張業務のワークフローが逼迫(ひっぱく)している」

・「単純に出張が多い」

・「出張規定が細かく、上長の承認業務が負担になっている」

出張支援クラウド「BORDER」の4つの特徴

「BORDER」には主に3つの特徴があります。

宿泊施設は専任のスタッフが手配してくれる

「BORDER」は専任スタッフが宿泊施設の手配を行ってくれます。これでもう宿泊先探しに悩まなくて済みますね。

出張手配業務を一元管理

クラウド型サービスである「BORDER」は、従業員の出張に関するデータを集約するため、承認業務や清算業務をスムーズに行うことができます。

チャットツール搭載によりリアルタイムに連絡が可能

「BORDER」は専任スタッフとチャットでいつでもコミュニケーションがとれるため、急な出張変更やキャンセルにも柔軟に対応することが可能です。

出張支援クラウド「BORDER」の料金プラン

初期費用 手配料金 最低利用料金
0円 1,000円(通常手配) 1,000円~
2,500円(出張直前の手配) 3,000円~

初期費用が必要ないため、非常に利用しやすいといえるでしょう。

利用する際の注意点

「BORDER」を利用する際にもっとも注意しなければならないのは、「緊急事態時の対応」です。

緊急時の連絡は「E-mail」での連絡になっているため、すぐに連絡が欲しい場合はやや困ってしまうことがあります。

その点にはあらかじめご注意ください。

まとめ

出張申請、宿泊先や移動手段の手配、経費精算業務まで……「BORDER」があれば、あらゆる出張業務を一括管理できます。

「月末の経費精算業務がかなり負担になっている」

「出張申請の承認を行う上長のワークフローが滞っている」

このようなお悩みをお持ちなら、ぜひ「BORDER」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳