エクセルをオンライン化して業務負担を軽減

ビジネス環境が目まぐるしく変化する中で、スピーディーな戦略立案や課題分析が求められるようになりました。

そのためには、できるだけ手間がかかる作業をシステムに任せて、経営に直結する業務に集中する必要があります。

そこで今回は、専門家によるコンサルティングが用意されている予算管理システム「BizForecast(ビズフォーキャスト)」の特徴やメリットについて解説し、すでに導入している方々の評判をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

 

BizForecast(ビズフォーキャスト)とは?

BizForecast(ビズフォーキャスト)は、エクセルの長所である柔軟で使いやすい集計や分析機能、入力インターフェースを保持しつつ、エクセルの情報保全や情報共有におけるデメリットを解消するクラウドシステムです。

膨大なエクセルファイルを一元化することにより、各部門の進捗状況を一目で把握できるので、経理担当者の手間と労力を削減できます。

また、エラーチェック機能や入力制御機能などが搭載されているので、ヒューマンエラーを防止しつつスピーディーに業務を遂行することが可能です。

 

BizForecast(ビズフォーキャスト)の4つの特徴

・便利なエクセルをそのまま使える
・エクセルとシステムの長所を融合
・進捗状況やエラーチェックを見える化
・経験の豊富なスタッフによるコンサルタント

BizForecast(ビズフォーキャスト)には、上記の4つの特徴があります。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

便利なエクセルをそのまま使える

BizForecast(ビズフォーキャスト)は、現在使用しているエクセルをそのまま使用できるので、新しいシステムを導入する際にありがちなストレスを感じることなく、スムーズにいつもどおりの入力作業ができます。

エクセルとシステムの長所を融合

今まで使用していたエクセルを使って、目まぐるしく変化する経済環境や自社の経営戦略の修正に迅速に対応できます。

データを修正する際は、マスターシートを修正するだけで済むため、従来のエクセル作業で発生するコピペ作業を削減できます。

進捗状況やエラーチェックの見える化

BizForecast(ビズフォーキャスト)を利用すれば、これまでのツールでは管理が困難だった報告や承認、エラーチェックや進捗状況の把握が容易になり、わかりやすい画面で即座に全体の状況を掌握できます。

また、根拠資料も添付することができ、進捗状況が変わるたびにメールで通知することもできます。

経験豊富なスタッフによるコンサルティング

予算編成は各社の独自業務なので、システム構築方法が重要なポイントになります。システムの導入を成功させるためには、予算管理の経験が豊富なコンサルティングメンバーによるアドバイスが不可欠です。

BizForecast(ビズフォーキャスト)を導入すれば、予算業務システムの構築について経験豊富なスタッフがサポートしてくれるので、自社の課題や不安が解消するでしょう。

 

BizForecast(ビズフォーキャスト)を導入する3つのメリット

・自社に適したシステム実装
・予算に合わせた機能を搭載
・経験豊富なスタッフによるコンサルタント

BizForecast(ビズフォーキャスト)の主なメリットは、上記の3つです。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

自社に適したシステム実装

BizForecast(ビズフォーキャスト)は、これまで使用してきたエクセルと同じ画面でストレスなく操作することができ、自社の目的に適した機能をシステムに実装できます。

それによって経理担当者の手間や工数が減り、ヒューマンエラーの防止にもつながります。

予算に合わせた機能を搭載

BizForecast(ビズフォーキャスト)は、集計やデータ収集、レポーティングまで1つのシステムで完結でき、各企業の予算に合ったコストでシステムを構築できます。

導入する前に社内で費用対効果が高い機能を洗い出しておき、コンサルタントと相談しながらどの機能を搭載するか決めていきます。

経験豊富なスタッフによるコンサルティング

BizForecast(ビズフォーキャスト)を導入する際は、会社ごとに異なるシステムを構築することになるので、予算管理システムについて経験豊富なコンサルタントのサポートが必要になります。

BizForecast(ビズフォーキャスト)の導入にあたっては、経験豊富なコンサルタントと会計業務に関する知識を持つ技術者が手厚くサポートします。

 

BizForecast(ビズフォーキャスト)の評判

ここでは、実際にBizForecast(ビズフォーキャスト)を導入している方々の具体的な評価や、導入する際の注意点について解説します。

分析結果を一元管理できる

BizForecast(ビズフォーキャスト)の評判を調査したところ、「情報収集から分析までを一元管理できるため手間がかからなくなり、ヒューマンエラーも大幅に減少した」と満足している方がほとんどです。

従来のエクセルの長所はそのままに、蓄積したデータを活用しながら効率良く予算を管理できます。

利用する際の注意点

BizForecast(ビズフォーキャスト)には無料トライアルが用意されていないので、導入する前に操作性や自社に適したシステムかどうかを確認することができません。

公式ホームページから問い合わせて、自社に必要な機能や予算などを伝えて、利用料金の見積もりを依頼することになります。

また、コンサルティング費用なども発生するので、トータルコストを洗い出した上で費用対効果を確認しておきましょう。

 

BizForecast(ビズフォーキャスト)の料金プラン

BizForecast(ビズフォーキャスト)は、基本的にライセンス費用と導入コンサルティング費用がかかり、導入後はライセンス保守費用が発生します。

具体的な料金は導入する会社によって変わるので、提供元に問い合わせて見積もりを取得すると良いでしょう。

初期費用 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ
無料トライアル なし

 

 

まとめ

予算管理業務や管理会計業務は経営に直結する重要な業務であり、スムーズかつ的確に行う必要がありますが、エクセルによる管理のままだとミスが発生したり、膨大な工数が発生したりします。

BizForecast(ビズフォーキャスト)を導入すれば、エクセルのメリットを活かしたまま、収集やレポーティング、分析をデータベースで一元管理できるので、経理担当者が本来の業務に集中できます。

予算管理業務の効率化を図るために、BizForecast(ビズフォーキャスト)の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳