Excelを今後も使い続けるすべてのユーザーの味方

「資料の収集や保管数が膨大で管理が大変……」

「複数の相手とメールで資料ファイルをやり取りするのは面倒」

「頻繁にデータをやり取りするため、最新バージョンがどこにあるのかわからなくなってしまう」

「レポート作成のために費やす作業量が年々増大している」

経営管理に携わっているみなさん、このようなお悩みをお持ちではありませんか?

資料収集、データ管理、レポート作成など……事業規模が拡大すればするほど、必然的に作業量は逼迫(ひっぱく)していくものです。経営管理業務に割くリソース(労働力と時間)を少しでもカットできれば、スタッフはより有益な事柄に集中でき、結果として会社の収益に貢献することになるでしょう。

では、どのようにして経営管理の課題解決を?

今回みなさんにご紹介するのは、経営管理に必要なシステムをオールインワンしたクラウド型サービス「BizForecast(ビズフォーキャスト)」です。

プライマル株式会社が提供する「BizForecast(ビズフォーキャスト)」は、昔からビジネスツールとしてお馴染みの「Excel」の力を最大限に活かし、スマートかつクリエイティブな経営管理を実現する唯一無二のサービス。

「経営管理の業務効率を改善したい」

「そろそろ“脱Excel”をしようと考えているが、いまさらExcel以外のツールを導入するとなれば、相当な手間と労力がかかりそうで正直迷っている」

このようなご要望やお悩みをお持ちなら、「BizForecast(ビズフォーキャスト)」を検討してみる価値がきっとあるはず。そこで以下では、具体的にどのような魅力があるのか、特徴をみながら解説していきたいと思います。ぜひご一読ください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

こんな企業に「BizForecast(ビズフォーキャスト)」がおすすめ!

①これまでExcelを中心にデータ収集・分析をしていた

②いつでもどこでも経営管理ができる環境にしたい

③リモートワークに対応したい

④Excelの使い方が人によって異なるため、資料や情報共有が円滑になされていない

⑤グループ経営しているため、各店舗の経営管理に目が行き届いていない

「BizForecast(ビズフォーキャスト)」のすぐれた特徴とは?

さっそく「BizForecast(ビズフォーキャスト)」の特徴をみていきましょう。

「脱Excel」ではなく「活Excel」

「BizForecast(ビズフォーキャスト)」のもっとも大きな特徴といえば、「活Excel」です。

このクラウド型サービスのコンセプトは、Excelを最大限に活かすこと。

ユーザーは、これまで慣れ親しんできたExcelをパワーアップした状態で今後も使い続けられます。新システムをわざわざ導入するよりも、この方式のほうがはるかに効率がいいことは自明ですよね。

多くのビジネスツールでは、ユーザーを「脱Excel」の方向に誘導しようとしますが、「BizForecast(ビズフォーキャスト)」は、あえてExcelの良さを引き出そうという考えを持っています。

「Excelを今後も使い続けたい」というユーザーにはうってつけのサービスだといえるでしょう。

シンプルな画面で会社の全体像を一目で把握

プロジェクトの進捗状況、予算、会社の経営状況など……経営管理に必要な情報を、ひとつの画面で一覧することができます。

「BizForecast(ビズフォーキャスト)」はクラウド型サービスであるため、アカウントさえあれば、もちろん自宅のパソコンからでも操作可能。

リモートワークに移行しても安心して業務を遂行できますよ。

一元管理したデータベースによりインプット・アウトプットがスムーズに

「BizForecast(ビズフォーキャスト)」なら、これまで蓄積してきた経営管理データを丸ごとひとつに集約できます。

データはクラウド上にバックアップされるため、アカウントさえあれば、いつどこでもアクセス可能。データを更新した人物や日付のログがしっかりと履歴化され、情報更新の追跡も容易となっています。

またExcel使用者の独特の“クセ”を排除し、いわゆる「属人化」の問題も解決します。

あらゆるデータを“見える化”

分析は得手不得手があり、「データをもとに資料をうまく作成することができない」という方もいることでしょう。しかしご安心ください。「BizForecast(ビズフォーキャスト)」は、Excelデータをもとに、多様なグラフ・チャートで“見える化”を図ることができます。

操作に必要なのは、分析の“材料”(データ)を指定するだけ。

あとは「BizForecast(ビズフォーキャスト)」が自動で見やすいグラフ・チャートを生成してくれます。もちろんマーケティング分析もお手の物。これでもう、資料作成で頭を悩ませなくて済みますね。堂々と会議に参加できるようになることでしょう。

データの情報共有はリアルタイムで

組織はスピードが命。プロジェクトチームが新しい情報をいち早く共有し、次の行動にフィードバックできれば、会社はこれまで以上の成果を期待できるようになるはずです。リアルタイムの情報共有なら、「BizForecast(ビズフォーキャスト)」におまかせください。

息の合ったチームワークの構築に貢献することができますし、遠隔にある他店舗や支社とのスピーディーな連携でも力を発揮してくれるでしょう。

「BizForecast(ビズフォーキャスト)」の料金プラン

気になる料金プランですが、こちらは基本的に要お見積りとなっております。導入を検討している方は、まずはお気軽に、公式HPからお問い合わせをしてみてください。

業種、事業規模、従業員の数、予算など……みなさんの会社組織の現状に合った最適なプランを親身に提案してくれることでしょう。

まとめ

資料収集、データ管理、レポート作成、マーケティング分析、スピーディーなデータ共有など……経営管理のオールインワンシステムである「BizForecast(ビズフォーキャスト)」は、Excelの良さを最大限に活かしたクラウド型サービス。

多くのビジネスツールが「脱Excel」を主張するなかで、あえてExcelのさらなる可能性に目を向けていくことには、競合他社と差別化を図っていくうえで、非常に価値のあることだといえるのではないでしょうか。

アカウントさえあれば、場所にとらわれずに、いつでもどこでも経営管理業務を遂行できるのも、クラウド型サービスの強みです。

「グループ経営のため、各店舗の経営状況をしっかりと把握できていない」

「情報更新にタイムラグがあり、遠隔地にいる管理者との情報共有が速度が遅い」

このような課題を抱えているなら、ぜひ一度、「BizForecast(ビズフォーキャスト)」を試してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳