Webサイト管理を効率化しよう。おすすめのWeb運用ツール5選

ECサイトやWebサイトを作成して公開しても、なかなかアクセス数が伸びなかったり、更新が面倒だったりすることも多いのではないでしょうか。

しかし、企業の顔でもあるサイトの運営を的確に行わなければ、集客が見込めないだけではなく自社のブランドイメージを損なってしまう可能性もあります。

そこで今回は、Webサイトの運用を一括でサポートしてくれる「Web運用ツール」についてご紹介します。

全国の起業家が「定番のアイテム」として活用している創業手帳からリモートワークに役立つガイドブック「リモートワーク手帳(無料)」が創刊されました。ぜひあわせてご参考にしてください。

事業承継手帳

Web運用ツールとは

Web運用ツールとは、サイトの運用や更新・デザインの変更や改善を行うだけでなく、サーバー保守やセキュリティの管理など、運用に関する業務を一括で管理するシステムです。

ビジネスにおいて成果を出すには必要な「会社の顔」となるサイト運営は、手間がかかるだけでなく専門的な知識も要します。

そのため、サイトの運用に便利な「Web運用ツール」に依頼している企業が増えつつあります。

Web運用ツールを導入するメリット


Web運用ツールを導入すると、以下のメリットを得ることができます。

  • Web広告の運用管理を全て依頼可能
  • 報告資料の作成が不要
  • 社内での運用担当者の採用が不要
  • Webサイト改善をしてもらえる
  • ABテストと改善を最短ルートで実現

それぞれのどのようなメリットが生まれるのか、具体的に解説していきます。

Web広告の運用管理を全て依頼可能

運用ツールを利用する最大のメリットは、ECサイトやWebサイトの手間のかかる運用をすべて任せられるということでしょう。

広告を運用するということは、広告に関する基礎を学んだり管理画面の使い方を習得したりなど、膨大な工数がかかります。

さらに、広告運用に関する細かい問題点を改善していく必要も出てきます。

しかし、Web運用ツールを導入することで、製品を提供している専門知識を持つスタッフが、Web運用に関する業務を一括で行なってくれるためおすすめです。

報告資料の作成が不要

Webツールを導入すれば、一般的に1ヶ月に1回レポートを作成してくれるので、社内で報告資料を作成するという手間が省けます。

Web運用に関する報告書作成は時間がかかるため、作業を任せることで効率的に広告運用を実現することが可能です。

社内での運用担当者の採用が不要

Web運用ツールは、ツールを提供している会社に業務を任せるということなので、自社で運用に関する専門の担当者を採用する必要はありません

そのため、採用に関するコストと労力が削減し、その分の時間と費用を他の業務に活かすことができます。

Webサイト改善をしてもらえる

基本的にWeb運用ツールを提供している会社であれば、ランディングページ(LP)のノウハウも持っているので、ツールを運用してから比較的すぐに成果が期待できるでしょう。

また、結果によってその都度サイトを改善するサポートにも対応しているため、常に高いクオリティでWebサイトを運用することが可能になります。

ABテストと改善を最短ルートで実現

WebサイトやECサイトの運営において、初期段階では何がうまくいって何が失敗するのかということがわからないため、テストと改善を繰り返しを行い試行錯誤することで、成功パターンを探ることが必要になってきます。

しかし、Web運用ツールを提供している会社であれば、あらゆる業種の成功パターンを蓄積している可能性が高く、何度もテストと改善を繰り返さなくても比較的初期段階から効果を期待することができます

Web運用ツールを導入する際の注意点


Web運用ツールを導入する際には、以下の注意点を知っておく必要があります。

  • 初期費用や運用コストが発生する
  • 社内に広告運用ノウハウが蓄積されない
  • ツールの対応に時間がかかる可能性

それぞれの注意点について具体的に解説します。

初期費用や運用コストが発生する

Web運用ツールを導入すると、初期費用や運用コストなど、場合によっては手数料がかかるツールもあります。

導入する前に、トータルコストを洗い出して費用対効果があうかどうかを見極めてから、自社の予算と目的にあったツールを選ぶようにしましょう。

社内に広告運用ノウハウが蓄積されない

Web運用ツールを導入すると、Web広告に関する業務をすべて依頼することになるため、社内で広告運用のノウハウが蓄積されないというデメリットもあります。

ただ、基本的には毎月レポートを提出してもらえるので、そのレポートで運用のノウハウを学ぶことは可能です。

Web運用ツールの選定ポイント・選び方


Web運用ツールの導入を失敗しないために、以下のポイントに気をつけましょう。

  • 自社に適した運用コストかどうか
  • アカウントについての説明がある
  • 対応している媒体のチェック

それぞれのWeb運用ツールの選定ポイントについて、具体的に説明していきます。

自社に適した運用コストかどうか

現在、多くのWeb運用ツールが提供されていますが、初期費用が無料のツールもあれば30万円近くするものもあります。

また、初期費用が無料でも運用コストが10万円ほどかかる場合もあります。

注意点でも記載しましたが、社内でWeb運用ツールを導入した場合のトータルコストを洗い出し、自社に適した運用コストかどうかをチェックしてから本格的に導入するようにするのがおすすめです。

アカウントについての説明がある

Web運用ツールを導入する選定ポイントとして、ツールを提供している会社がWebアカウントについて詳しい説明があるのかも重要です。

例えば、これまで使用していたアカウントをそのまま引き継いで運用すると言われた場合、Web運用にかかる設定の工数を削減しようとしている可能性もあります。

新しくアカウントを開設た場合、なぜそのアカウントを構成したのかという戦略を開示してくれるかどうかもチェックしましょう。

対応している媒体のチェック

Web運用ツールを選ぶポイントとして、対応している媒体の確認も必要になってきます。

基本的に、Google広告とYahoo!プロモーション広告を取り扱っていることが多いのですが、近年では、LINE Ads PlatforやFacebook広告、TwitterなどのSNS媒体を取り扱っているWeb運用ツールもあります。

Google広告やYahoo!プロモーション広告だけでなく、複数の媒体を取り扱っているとビジネスチャンスも広がりやすいです。

おすすめのWeb運用ツール5選


これから、おすすめのWeb運用ツール5選を紹介します。

自社のトータルコストを洗い出して、費用対効果があうツールを導入しましょう。

初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
Webサイトパートナー 0円〜 108,000~216,000円 5.0/5 問い合わせ
Googleマイビジネス運用サービス 100,000~500,000円 50,000~3,000,000円 4.0/5 問い合わせ
トコトン 0〜100,000円 19,800~80,000円
売れるECサイト支援サービス 300,000円~ 150,000円~ 問い合わせ
ディーテラーのデジタルマーケティングコンサルティング 問い合わせ 問い合わせ ×

Webサイトパートナー


「Webサイトパートナー」は、あらゆるジャンルのWebサイトやコンテンツを作成できます。

そのため、自社のサイトに適したWebサイトを運用できるツールです。

Webサイトの作成は、メールで依頼することが可能なので、電話をかける手間も省けます。

作成可能なコンテンツも豊富で、Webページ作成だけでなくバナーやページタイトル用の画像作成に加え、SEOに有効な記事作成も可能です。

さらに、サイトが正常に機能しているかの監視や、目的に適したアクセス解析にも対応しています。

Googleマイビジネス運用サービス


株式会社エフェクチュアルが提供している「Googleマイビジネス運用サービス」は、Googleマップ経由の来店数をアップするWeb運用ツールで、過去にはWebアクセスや電話の数を180%まで上昇させた実績があります。

Googleマイビジネス運用の代行・レビューコンサルティング、さらにGoogleマップ上で自社の店舗を上位に表示させる、MEO対策にも対応しているサービスです。

トコトン


「トコトン」は、シンプルな機能でストレスなくWebサイトの管理を効率的に行う、Web運用ツールです。

Webサイトの運用業務に特化しているプロジェクト管理ツールで、長期プロジェクトというより、単発的に発生する複数の案件に臨機応変に対応できるのが特徴です。

売れるECサイト支援サービス


「売れるECサイト支援サービス」は、提供企業エクステンシスの技術や科学で、ECサイトのパフォーマンスを改善します。

これまでの豊富な経験から、売れるECサイトの制作やデザインなどシステムの構築をサポートします。

Webサイトの課題点を徹底的に分析し、ユーザーと商品を結びつけ、コミニュケーションの場を支援するサービスです。

ディーテラーのデジタルマーケティングコンサルティング

「ディーテラーのデジタルマーケティングコンサルティング」は、デジタルマーケティングの専門技術を生かして複雑・多様化した広告サービスにおいて、マーケティングを機能させるサポートを行います。

オフライン広告やWeb広告(オンライン広告)データ活用やリサーチなどといった、バラバラになりがちなマーケティング施策を統合して成果にコミットします。

まとめ

WebサイトやECサイトの運用は、アクセス数を伸ばしたり更新したりするだけでなく、問題点や課題点を分析してサイトを改善していくことも必要です。

サイトの運営には、膨大な工数と労力が必要になる上にシステムが複雑化してきているため、Web運用ツールを利用して専門のスタッフに任せることをおすすめします。

様々なツールが各会社から提供されているので、注意点や選定ポイントを参考にして、まずは無料トライアルを試してみてはいかがでしょうか。

創業手帳からリモートワークの課題を解決に導くガイドブック「リモートワーク手帳(無料)」をお届けしています。ぜひお役立てください。

事業承継手帳
関連記事
記事タイトル
記事タイトル

(編集:創業手帳編集部)