生産性向上を支援!おすすめの動画制作・映像制作ツール6選

マーケティングを成功させるためには、動画などの映像媒体が欠かせない時代になりました。

イベントで使用するための動画を作成したり、会社の顔である公式ホームページに掲載する動画を社内で作成したりする企業も増えています。

そこで今回は、動画制作・映像制作ツールをご紹介します。

数多くの動画制作ツールが提供されているので、自社に合ったツールを選ぶ際のポイントやメリットについても説明します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

 

動画制作・映像制作ツールとは

動画制作・映像制作ツールとは、動画を撮影した後にアニメーションや CG(コンピュータグラフィックス) を駆使して、よりわかりやすく、多くの人の興味を引くような動画を作成するためのツールのことです。

今までは特別な機材を用いて動画の編集や映像制作を行っていましたが、動画作成のプロフェッショナルに依頼しなくてもツールを用いることで、自社で動画を制作できる時代になりました。

映像制作会社に動画の制作の依頼をするよりも、ツールを導入するほうがリーズナブルに動画を制作でき、コスト削減にもつながるので多くの企業で導入されています。

基本的に月額料金がかかりますが、導入してからすぐに利用できて、一度操作方法を覚えてしまえば気軽に使用できます。

長い目で見ればコストを大幅に削減できる上に、業務の効率化にもつながります。

 

動画制作・映像制作ツールを導入するメリット

動画制作映像制作ツールを導入することで、初心者でも一度操作を覚えてしまえば手軽に動画を制作できるようになりますが、ほかにどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、動画制作映像制作ツールを導入することで得られる具体的なメリットを見てみましょう。

優れた情報伝達力

情報を受け取る人が「読む」という作業をしなくても、映像を見るだけで会社のイメージや商品の特徴などを理解できるので、エンターテイメント業界だけでなく、多くの企業がマーケティングの一環として動画制作や映像制作に力を入れるようになってきました。

自社で動画制作・映像制作ツールを導入して、従業員が映像を制作できるようになれば、商品やサービスの魅力や特徴をスムーズに伝えることができるので、より多くの集客が見込めます。

コンバージョン率が上がる

動画は視覚だけでなく聴覚にも訴えることができるので、情報を受け取る側が商品やサービスを理解しやすく、コンバージョン率の向上が期待できます。

動画制作・映像制作ツールで制作した動画を届けることで、視聴者が商品を購入する確率が上がり、会社の利益にも貢献します。

SEO効果に貢献する

2010年にアメリカの調査会社「Forrester Research(フォレスターリサーチ)」は、動画コンテンツを含むウェブサイトは含まない Web サイトと比較すると、約53倍の確率で検索結果が1位になることを証明しました。

動画が話題になれば Google 検索の結果として表示される可能性が高まり、SEO 効果が期待できることもあって、マーケティング会社はもちろん、多くの企業が商品やサービスの動画・映像を制作しています。

 

動画制作・映像制作ツールを導入する際の注意点

動画制作・映像制作ツールを導入すれば、専門的な知識がなくても気軽に映像を制作できますが、 導入にあたっては注意すべきこともあります。

ここからは、動画制作・映像制作ツールを導入する際の注意点について解説します。

素材加工やフォルダ整理

動画・映像制作ツールを導入した後、素材を加工したら元の素材とは別のフォルダーに格納するなどして整理をしておきましょう。

素材がどこにあるかわからなくなることも多いので、前もって元の素材と加工後の素材を別のフォルダに格納しておくと、後で探す手間が省けます。

動画を編集する際は、エフェクトを最低限に抑えることで商品やサービスの特徴や魅力が伝わりやすくなるので、むやみにエフェクトを使用しないように気をつけましょう。

動画規格を把握しておく

動画制作・映像制作ツールを導入する際は、動画ファイルの規格について学んでおく必要があります。

動画ファイルにはMP4やMOVといった規格があり、投稿したい動画サービスによってアップロードできる規格や解像度が異なります。

動画の規格はインターネット上の無料変換ツールなどで変換できるので、事前に変換ツールを確認しておきましょう。

 

動画制作・映像制作ツールの選定ポイント・選び方

数多くの動画制作・映像制作ツールが提供されているので、どの製品を選べば良いかわからない方もいるでしょう。

ここでは、自社に適した動画制作・映像制作ツールを選定する際のポイントを説明します。

動画制作・映像制作ツールの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

導入実績

動画制作・映像制作ツールを選ぶ際は、動画制作会社としての実績が5年以上あるかどうか、もしくは事務所にカメラマンやクリエイター担当者または脚本家がいるかどうかをチェックしてください。

しっかりした実績がある動画制作会社であれば、満足のいくクオリティが期待できます。

Web上で動画制作の実績が公開されているところもあるので、ぜひチェックしてみてください。

費用と機能が明示されているか

製品のホームページに初期費用や月額料金が掲載されていなくても、問い合わせをすれば見積もりを出してくれる会社がほとんどです。

見積もりを取っておかないと、追加料金などによって予算が足りなくなってしまうので、導入する前に見積もりを出してもらうことをおすすめします。

コンサルティング力があるか

動画制作・映像制作ツールを導入したとしても、映像の勉強をしたことがないとどのように演出・編集したらよいかわからないこともあるでしょう。

そのような時のために、ツールを提供している会社がコンサルティングやサポートをしてくれるかどうかも選定する際のポイントになります。

作業の進行管理やサポート内容

動画制作・映像制作ツールは、操作方法を一度覚えてしまえば映像のプロでなくても使用できますが、慣れるまでは操作に戸惑うこともあるでしょう。

また、トラブルが起きた場合にツールを提供している会社が迅速に対応してくれるかどうか、または進行管理をしてくれるかどうかなどもチェックしておくとよいでしょう。

 

おすすめの動画制作・映像制作ツール6選

ここでは、おすすめの動画制作・映像制作ツール6選を紹介します。

基本的に運用コストがかかるので、本格的に導入する前に自社に適した製品かどうかを見極めて、無料トライアルを利用した上で導入を検討しましょう。

サービス名 初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
Crevo 要問い合わせ 要問い合わせ 4.3/5 ×
LOCUS 要問い合わせ 要問い合わせ 3.8/5 ×
90seconds 要問い合わせ 要問い合わせ 4.04/5 ×
G-angle 400,000円〜 要問い合わせ 4.33/5 ×
Vvideo Vvalley 250,000円〜 要問い合わせ 44.0/5 ×
NHKクリエイティブ・ライブラリー 要問い合わせ 要問い合わせ 4.04/5 要問い合わせ

 

Crevo

「Crevo(クレボ)」はユーザーの目的や用途にあった動画制作に対応しており、自社のイメージを向上するための動画制作を支援するツールです。

スタートアップから大手企業まで、毎年1,000本以上の制作実績があり、満足のいく動画を制作できます。

 

LOCUS

「LOCUS(ローカス)」は技術力のあるクリエイターとネットワークを築いて、費用対効果が見込める動画を制作できる動画制作・映像制作ツールです。

社内には経験豊富なクリエイターが常駐しており、クライアントのニーズに合う効果的な動画を制作できます。

料金体系や見積もりの明細がわかりやすいため、安心して利用できるツールです。

 

90seconds

世界52カ国で活躍するクリエイターが常駐している「90seconds(90セカンズ)」は、自社に合うクリエイターを選ぶことができ、自社のイメージに近い動画制作をサポートするツールです。

依頼を受けてから見積もり、コンサルティング、納品までのプロジェクトを管理するため、満足度の高い動画をスムーズに制作できます。

 

G-angle

映像制作を中心とした「G-angle(ジーアングル)」は、イラストや音響などの幅広い分野に対応できる動画制作サービスです。

制作実績が豊富で、商品紹介動画やゲームアニメーションの制作にも対応しています。

 

Video Valley

「Video Valley(ビデオバレー)」はWebサービスやスマホアプリに特化したプロモーション動画を制作するサービスで、映像制作を専門とする会社が長期にわたって培ったノウハウをパッケージ化しています。

高品質でありながら、低価格でクオリティの高いプロモーション動画を制作できます。

 

NHKクリエイティブ・ライブラリー

「NHKクリエイティブ・ライブラリー」は、NHKのアーカイブス番組や番組の素材から切り取った映像や音声を、創作活動に利用するための素材としてインターネット経由で提供する無料サービスです。

 

まとめ

自社で提供している商品・サービスの魅力や特徴を伝えるためには、テキストや写真だけでなく映像でも表現するのが効果的です。

より多くの集客が見込めるため、積極的に動画を制作する企業が増えつつあります。

動画制作・映像制作ツールを導入することで、映像のプロフェッショナルでなくても手軽に動画を制作できるようになります。

様々なツールが提供されているので、動画を制作する目的や内容、予算、納期などを事前に決めた上で、複数の会社に見積もりを依頼し、自社に適したツールを選ぶようにしましょう。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳