Webサイト訪問者の“イライラ”を解消!顧客満足度と集客率を改善しよう

みなさんは、ユーザーにとって快適なサイト運営を実現出来ていますか?

たとえばWeb サイトや EC サイトの表示速度が遅ければ、ユーザーの離脱が著しくなり、売り上げを安定させることが難しくなってしまいます。

競合他社に負けないサイトづくりのためには、「見やすい」「価値のある」ユーザーに寄り添ったサイトを提供しなければなりません。

そこで今回は、ページの表示速度を改善するサイトパフォーマンス(UX)ツールをみなさんにご紹介していきたいと思います。

導入するメリットや選び方のポイントも詳しく解説しますので、サイト集客に悩んでいる方はぜひご一読ください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

サイトパフォーマンス(UX)ツールとは?

サイトパフォーマンスとはWebサイトやECサイトの表示速度のことを指し、これを最適化することでサーバーのレスポンス速やページ読み込み速度(ロード速度)の改善を実現します。

「サイトが見やすい」「ストレスがない」というのは、サイト訪問者にとって非常に重要な指標です。Web集客を成功に導く秘訣はサイトパフォーマンスにあるといっても過言ではありません。

サイトパフォーマンス(UX)ツールは、ITに関する専門的な知識がなくても大丈夫。自動でサイトパフォーマンスを改善してくれるため、大企業から中小・スタートアップ企業に幅広く導入されています。

サイトパフォーマンス(UX)ツールを導入するメリット

サイトパフォーマンス(UX)ツールを導入すると、以下3つのメリットが生まれます。

ページの読み込み速度アップ

WebサイトやECサイトのページの読み込み速度がスピーディーであればあるほど、ユーザーの離脱率が減少し、訪問者のリピート率を高める効果を期待できます。

近年、Webサイトの訪問者は“せっかち”である傾向が強まっているといわれています。興味を持ってサイトを訪問しても、「見にくい」「ページスクロールが遅い」と判断した瞬間、あっという間にサイトを離れてしまうのです。

つまり、たとえどれだけデザインに優れていたとしても、サイトの読み込みが遅ければ、意味がないということです。

しかしサイトパフォーマンス(UX)ツールを導入すれば、WebサイトやECサイトのページ表示速度を劇的に改善します。

顧客満足度アップで売上につながる

顧客満足度が高ければ、売り上げや契約維持率の向上にも寄与するため、非常に重要です。

サイトパフォーマンス(UX)ツールで見やすくて快適なWebサイトを提供することにより、サイト訪問者の顧客満足度を高められるでしょう。

検索順位が上がりやすくなる

サイトパフォーマンスが改善されると自然にアクセス数も伸びていくため、検索順位が引き上がる可能性があります。

サイトパフォーマンス(UX)ツールの選び方

サイトパフォーマンス(UX)ツールを導入する際には、以下のポイントを参考にして選ぶようにしましょう。

運用コストが適正か

サイトパフォーマンス(UX)ツールは、初期導入費や月額費用が発生します。月額が10万円を超えることもあるため、費用対効果が適正かどうかをしっかり検討するようにしましょう。

セキュリティ対策が万全か

せっかくサイトの集客率が上がってきたのに、ある日突然、不正アクセスなどで閉鎖の危機に追い込まれるのは嫌ですよね。

サイバー攻撃やウイルスに強いかどうかも、サイトパフォーマンス(UX)ツールを選ぶ基準となります。

Webサイトの脆弱性を狙ったサイバー攻撃の対策がしっかり施されているかどうかを確認しておきましょう。

導入後のサポート体制は充実しているか

「ITに詳しくないから、ツールを使いこなせる自信がない」「万が一のトラブルがあったときに頼れる人が周りにいない」

このようなお悩みをお持ちなら、サイトパフォーマンス(UX)ツールを導入する際は、カスタマーサポートが充実しているかどうかを確認しておくことをおすすめしま

おすすめのサイトパフォーマンス(UX)ツール4選

おすすめのサイトパフォーマンス(UX)ツールを4つご紹介します。

初期導入費 月額費 無料トライアル
Cloudflare 0~250,000円 0~100,000円
Instana 要お見積もり 要お見積もり 要お問い合わせ
SpeedCurve 150,000円 50,000円 ×
SiTest Lite 0円~ 8,500~30,000円

 

Cloudflare

「Cloudflare(クラウドフレア)」は、初期導入から運用までフルサポート対応。

会社のWebサイトやコンテンツサイト、金融機関のページなど、組織規模や業態に適したセキュリティレベル(3段階)が用意されているサイトパフォーマンス(UX)ツールです。

日本国内はもちろん、世界中の企業から多くの支持を受けており、初めてサイトパフォーマンス(UX)ツールを導入する企業にもおすすめできます。

Instana

次世代アプリケーションパフォーマンスマネジメント「Instana(インスタナ)」は、複雑化するクラウドサービス時代に対応したリアルタイムモニタリングが可能なサイトパフォーマンス(UX)ツールです。

カスタマーエクスペリエンス(CX/UX)を把握して、ユーザーが快適にWebサイトを利用できるよう日々パフォーマンスを改善していきます。

SpeedCurve

「キャンペーン開催時には、どれくらいページ表示速度が遅くなっているか」「メルマガなどの告知でサイトの込み具合はどう変わるか」「もっともWebサイトに訪問者が集中するといわれている時間帯のアクセス数は?」

「SpeedCurve(スピードカーブ)」は、このような具体的な改善点を洗い出し、訪問者に寄り添ったサイトづくりを目指すサイトパフォーマンス(UX)ツールです。

SiTest Lite

500,000サイトを超える導入実績を誇る「SiTest (サイテスト)」は、動画分析やヒートマップ分析に特化したサイトパフォーマンス(UX)ツール。

リーズナブルな価格で利用できるため、導入コストを懸念している初心者の方にも非常におすすめです。

まとめ

コロナ禍で在宅ワークが増えたこともあり、今後はますますWebサイトの訪問数が増えていくことでしょう。

つまり言い換えれば、集客サイト同士の競合はいっそう厳しいものとなっていくことを意味します。

競合サイトと差別化を図るための第一歩は、やはりなんといっても「ページ速度の速さ」すなわち「ユーザビリティ」です。

サイトパフォーマンス(UX)ツールは、あなたの集客サイトのページ速度を改善する頼れる味方。これを使うか使わないかで、一年後、いや半年後のアクセス数は大きく違ってくることでしょう。

料金体系は様々ですので、大企業はもちろんのこと、中小・スタートアップ企業にも幅広くおすすめできます。ぜひ一度、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳