経営の意思決定に活用できる!おすすめのテキストマイニングツール3選

お客様からの問い合わせメールやSNSといったテキストベースの文章には有益な情報が隠れており、うまく活用すれば経営の意思決定に役立てることができます。

しかし、個人の感覚や勘だけで重要なキーワードを判別するのは難しいでしょう。

「テキストマイニングツール」を使えば、テキストから有益な文章を見つけ出すことができます。

今回は、テキストマイニングツールのメリットや注意点、選び方、おすすめのツールについて解説します。

テキストマイニングツールの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック「リモートワーク手帳(無料)」が創刊されました! リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

 

テキストマイニングツールとは

テキストマイニングツールは、テキストを単語や文節で区切り、「出現頻度」「出現の相関」「出現傾向」「時系列」などを解析することで、有益な情報を取り出すことができるツールです。

あらゆるデータが集まる昨今、データを効果的に活用するために必須のツールと言えるでしょう。

テキストマイニングツールの活用方法としては、テキストから消費者の声を抽出し、商品が売れない理由や機会損失の原因を究明し、適切に対応するなどが挙げられます。

テキストマイニングツールを利用することで、消費者の声から自社の状況を把握し、経営の意思決定に活用できるのです。

 

テキストマイニングツールを導入するメリット

テキストマイニングツールを導入するメリットは、大きく分けて以下の3つです。

・顧客の声の分析

・ノウハウの形式化

・ビッグデータによる将来予測

顧客の声の分析

テキストマイニングツールを使うことで顧客の声を分析することができ、それを商品開発や品質向上、解約防止、満足度向上につなげることが可能です。

ノウハウの形式化

テキストマイニングツールを使えば、日報や作業報告書などのデータから業務上のナレッジを抽出することもできます。

テキストデータからノウハウを抽出し社て内に共有することで、社員全体のスキルアップを図ることも可能です。

ビッグデータによる将来予測

SNSなどの投稿データを入手し、テキストデータをテキストマイニングツールで解析することで、株価など不規則に変動するものや商品の需要などを予測することができます。

ビッグデータを経営の意思決定に活用することで、ニーズに合った事業運営ができるでしょう。

 

テキストマイニングツールを導入する際の注意点

テキストマイニングツールを利用する際の注意点は「表現が似ている言葉を判別するのが苦手」ということです。

似ている言葉や表現、表記ゆれ、誤字脱字などを正しく区別できないのです。

この問題を解決する上で重要なのが、「辞書機能」です。

辞書機能は、表記ゆれや誤字脱字も含めて関連付けることでテキストをより正確に判別できる機能で、テキストマイニングツーには必須の機能と言えます。

辞書機能を自由にカスタマイズるできるものを選べば、より緻密な分析が可能になるので、辞書機能の精度にはこだわるべきでしょう。

 

テキストマイニングツールの選定ポイント・選び方

テキストマイニングツールを選定する際の主なポイントはt、以下のとおりです。

・ツールのインタフェース

・分析結果の出力種類

・ツールに搭載されている機能

・費用対効果

「導入することは決まっているが、選び方がわからない」という方はぜひ参考にしてください。

ツールのインタフェース

どれだけ優れたテキストマイニングツールだとしても、ユーザーインタフェースが使いにくければ、データ分析を行う際にストレスになってしまいます。

そのため、テキストマイニングツールを選ぶ際は、ユーザーインタフェースが使いやすいものや分析担当者との相性が良いものにしましょう。

また、同時に出力されたデータの並べ替えや整理、項目の抽出やグラフ化ができるかどうかも、分析のしやすさに大きく関わるためチェックすることをおすすめします。

分析結果の出力種類

テキストマイニングツールによって得られたデータを分析するためには、条件などを柔軟に設定できることが求められます。

そのため、どのような形で分析結果が出力されるかは、必ず確認しておいてください。

ツール側で提供される分析結果だけなのか、任意で分析結果の表示などを変えられるかどうかについても、チェックしておきましょう。

ツールに搭載されている機能

テキストマイニングツールには、ルールや計算式によってテキストを分析する機能以外にも、様々な機能が搭載されています。

特に、表記ゆ揺れや誤字脱字も含めて関連付けることで、より緻密なデータを得られる「辞書機能」は重要です。

ツールにどのような機能が搭載されているか、必ずチェックするようにしてください。

費用対効果

テキストマイニングツールを導入する際は、費用や時間も含めたコストバランスを考慮する必要があります。

優れたテキストマイニングツールでも、有効活用するためには時間がかかり、ノウハウを構築するまでの学習コストがかかるからです。

場合によっては専任の人材育成も考える必要もあるので、利用料金以外に人的コストも想定しておくと良いでしょう。

 

おすすめのテキストマイニングツール3選

ここでは、おすすめのテキストマイニングツールを3つ紹介します。

各ツールの概要は、以下の表のとおりです。

サービス名 満足度 初期費用 月額利用料 無料トライアル
見える化エンジン 3.75/5 300,000円〜 150,000円〜 要問い合わせ
TextVoice 200,000円〜 100,000円〜
アイタス 要問い合わせ 100,000円〜

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

見える化エンジン

見える化エンジンは現在1,500社以上が導入しているテキストマイニングツールで、クラウド型テキストマインングツールのシェアではトップです。

SNSや音声認識データをもとにしたソーシャル分析に加えて、コールセンターの入電ログをもとにした顧客の声や、営業日報などのデータの収集・分析・レポートをワンストップで行います。

 

TextVoice

TextVoice(テキストボイス)はアンケートや日報、問い合わせ履歴など、自社で保有するデータから社外のSNS上のデータを分析できるテキストマイニングツールです。

最大の特徴は辞書の自動作成機能で、事前に辞書を整備する手間がなく、すぐに分析を行うことができます。

 

アイタス

アイタスは単語レベルだけではなく、構文レベルの解析を用いて文章の意味を抽出できるテキストマイニングツールです。

構文レベルの解析ができるため、テキストデータの中身を正しく可視化し、スムーズな分析が可能です。

また、独自のAIでテキストデータから「意見の多さ」と「感情の強さ」を読み取り、優先的に取り組むべき課題を特定してくれるので、顧客満足度の向上や解約率の低下に向けた対策をスムーズに講じることができます。

 

まとめ

テキストマイニングツールを活用すれば、商品が売れない理由や機会損失の原因を特定できるので、マーケティングに役立てることができます。

また、SNSなど変動する情報を解析するテキストマイニングツールを利用すれば、ユーザーのニーズを特定し、会社の意思決定に役立てることもできるでしょう。

さらに、社内の書類を解析することで社内ノウハウを掘り起こし、社員全体のスキルアップを狙うのもおすすめです。

あらゆるデータが集まる昨今は、テキストマイニングツールを利用したデータ解析が必須です。まだ導入していない企業は、これを機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳