企業経営の効率化をしよう。おすすめの店舗管理システム6選

店舗運営は想像以上に大変で、売上分析が必要なだけでなく、在庫管理や従業員の情報・勤怠管理など様々な業務を行う必要があります。

そのため、どうしても手が行き届かなかったり疎かになっていたり、また、売り上げ分析にまで手が回らない場合も出てしまいがちです。

そういった店舗運営者を助けてくれるおすすめツールが「店舗管理システム」です。

店舗運営者の負担を大幅に軽減してくれる他、様々な魅力があるので、「店舗管理システム」を利用するメリットや選び方・注意点などを詳しく解説します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

店舗管理システムとは


「店舗管理システム」とは名前からもイメージができるように、店舗運営に関する管理業務の効率化を図れるシステムです。

運営者の負担を大きく削減できるので、多くの店舗運営者・オーナーから利用されています。

個人経営からチェーン店など運営形態問わず活躍してくれるため、経営を行う場合はぜひ導入したいシステムです。

店舗管理システムを導入するメリット

店舗管理システムを導入すると以下の大きなメリットが3つあります。

  • ・売上や情報の一元管理化
  • ・素早い情報共有
  • ・業務の効率化

それぞれについて詳しく解説をしていきますので、導入を検討している人は参考にしてください。

店舗の売上や情報を一元管理化

店舗管理システムは、店舗での売上や店舗の詳細・従業員情報の管理をまとめて行えます。

特に、店舗運営に関する情報や売上などを一か所に集め、必要な時に色々な場所を探す必要がなくなる、インターネット環境の構築だけで導入可能な「クラウド型店舗管理システム」がおすすめです。

ほとんどの店舗管理システムはダッシュボードが搭載されており、目的に合わせた情報をすぐに引き出せるようになっているため、レポート作成や申請書類作成などもスピーディーにできます。

スムーズな情報共有

さらに、複数の店舗を会社で運営している場合は、社内で同じ店舗管理システムを利用することでスムーズな情報共有ができます。

連絡だけでなく他の店舗の売上や店舗情報などをチェックできるため、オーナーや管理者がいつでも状況を把握することが可能です。

リアルタイムで情報共有を行うことでスピード感のある対応が可能になり、より顧客に合った店舗運営ができるでしょう。

業務の効率化

情報の一元管理やスムーズな情報共有も魅力ですが、導入することで最も大きなメリットに感じるのが「業務の効率化」です。

売上管理や在庫管理などをすぐ把握できるため、時間をかけて調べる必要がありません。

管理などに割いていた時間を、売上分析や心身のリフレッシュなどに割り当てることが可能です。

他にも、時間が空くことで様々な行動ができるため、生産性も上がりやすいです。

店舗管理システムを導入する際の注意点


多くのメリットがある店舗管理システムですが、導入する際の注意として「慣れるのに時間がかかる」という点が挙げられます。

近年では、直感で操作できるようなシンプルなシステムが多く登場していますが、様々な機能を使いこなすためにはやはり「慣れ」が必要です。

さらに、店舗管理システムを多くの人と共有する場合は研修を行う必要があるので、余裕を持って導入を行うのが好ましいです。

店舗管理システムの選定ポイント・選び方

  • ・目的や課題を明確にしているか
  • ・業界・業種に合ったシステムの選び方を把握しているか
  • ・外部連携機能が搭載されているか

上記の3つが、店舗管理システムを導入する上で意識するべき選定ポイントです。

それぞれの選定ポイントについて、詳しく解説をしていきますので参考にしてください。

目的や課題を明確にする

店舗管理システムは「目的」や「課題」を明確にしてから選ぶようにしましょう。

店舗管理システムはターゲット層を絞って開発が行われているため、目的や課題が定まっていないのにシステムを選んでしまうと、失敗してしまうというケースがあります。

売上アップが目的であれば分析機能が豊富なシステム、店舗管理が課題の店舗は管理機能が豊富な店舗管理システムを選ぶ必要があります。

「失敗しない店舗管理システム選び」は、目的や課題を明確にしてから選ぶのがおすすめです。

業種・業界に合ったシステムを選ぶ

店舗管理システムには、業種・業界ごとに合うシステムが存在します。

前述でも触れたように、店舗管理システムによって使える機能が変わるため、業界・業種を考えた上で選ぶことで、適した店舗管理システムを導入できます。

【例】

  • ・ECサイトは一元管理ができる機能
  • ・飲食店は在庫・仕入れ管理が出来る機能
  • ・アパレル系は在庫管理・価格設定が出来る機能
  • ・コンビニ系は在庫・仕入れ・従業員管理が出来る機能

上記のように業種・業界別に必要な機能を把握して選ぶようにしてください。

外部連携機能

業種・業界に合ったシステムを選ぶという点と重なる部分がありますが、外部連携機能も選定ポイントとして意識するのがおすすめです。

というのも、外部サービスでは顧客管理・マーケティング・店舗管理などに特化したサービスがあります。

外部と連携が出来るとより業務の効率化が行えるため、生産性を高めるためにも外部連携機能はしっかりとチェックしておきましょう。

おすすめの店舗管理システム6選

次は、多くの企業が利用しているおすすめの店舗管理システムを6選ご紹介します。

どの店舗管理システムも豊富な機能かつシンプルなデザインなので、使いやすさに優れています。

店舗管理システムの導入を検討している人は参考にしてください。

初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
NECモバイルPOS 要問合せ 要問合せ 5.0/5
助ネコ 商品登録 30,000円 2,000円~ 5.0/5
ロジクラ 0円~
Reservia POS 5,800円~ ×
クチコプレミアム 20,000円 6,000円~
クラウドサインNOW 要問合せ 要問合せ

NECモバイルPOS

NECモバイルPOSは、複数の店舗運営をしている企業におすすめのサービスです。

店舗管理システムの中でも会計業務に特化したサービスになり、レジ業務の効率化を促せます。

ほっともっとや一風堂などの有名店舗も利用している店舗運営システムで、特に飲食店におすすめです。

会計業務を楽にすることで他のサービスに力を入れて教育ができ、より良いサービスが提供できる店舗にしていくことができます。

助ネコ 商品登録

助ネコ 商品登録は、ECサイトに特化した店舗管理システムです。

現在ver.2まで進化しており、多店舗展開をしている企業が利用しやすくなりました。

店舗ごとの在庫情報や商品情報・売上データなどを一元管理できるため、状況把握ができやすいです。

複数の商品情報の編集ができる「一括編集機能」などもあるので、複数のECサイト運営を行っている企業は、助ネコ 商品登録をチェックしてみてください。

ロジクラ

ロジクラは店舗管理システムの中でも、在庫管理に特化したサービスです。

基本、無料で使い続けることができるという点からも多くの企業から人気で、従業員や複数の店舗情報・在庫情報の一元管理が、パソコンだけでなくスマホでも利用できます。

さらに、専用のバーコードスキャナーを購入しなくても、ロジクラに搭載されている機能を使うことでスマホでもバーコードスキャナーのような商品の検品が可能です。

コスト削減ができるだけでなく、業務の効率化も図れるため、在庫管理に重点を置きたい企業におすすめになります。

Reservia POS

Reservia POSは、店舗管理システムの中でも珍しい、美容サロンに特化したサービスです。

専用のダッシュボードで日程調整や顧客管理が可能である上に、分析機能も備わっています。

予約管理・顧客管理だけでなく、売上レポートや自動クーポン配信機能なども搭載され、美容サロンの場合はReservia POSだけで完結できるでしょう。

さらに、オプションとしてコンピューターと電話を連動させるCTIシステムや在庫管理・タイムカード管理機能なども付けることが可能です。

クチコプレミアム

クチコプレミアムは、顧客の集客を目的としたサービスです。

SNSを利用して集客を行うサービスでもあり、実店舗だけでなくWebサイトを運営している企業にもおすすめです。

店舗紹介機能や顧客分析機能・メルマガ配信機能なども備わっており、ユーザー・顧客に対して的確なアプローチを行えます

集客をしたいと考えている企業は、ぜひ導入を検討してみてください。

クラウドサインNOW

クラウドサインNOWは、クラウド型の店舗管理システムですが、業務の自動化やデータ分析に特化したサービスです。

スポーツジムなどといった会員制サービスなどを行っている企業におすすめで、申込書の自動化や顧客情報の一元管理・契約情報や顧客情報・従業員情報の集計など細かい分析ができます。

シンプルで見やすいダッシュボードに加え、集計したデータはグラフ化してくれるため、データを元にした分析も行いやすいです。

まとめ

店舗管理システムは、業務負担の削減ができるだけでなく、生産性の向上やストレス軽減を図れるため、多くの企業におすすめです。

まずは、目的や課題を明確化し、業種・業界に合わせた店舗管理システムを選ぶようにすると、各店舗に合ったシステムを導入することができます。

高いエンゲージメントを維持しながら、様々な業務に時間を割くことができる便利なシステムなので、ぜひ導入を検討してください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳