企業経営を効率化しよう!おすすめのソーシャルメディア広告ツール6選

スマートフォンやタブレットなどの端末が進化し普及したことで、InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSから情報を収集する人が増えています。

それを受けて、多くの企業が自社の商品やサービスを宣伝するために、ソーシャルメディア広告ツールを導入し始めています。

ソーシャルメディア広告ツールでは、ユーザーのプロフィールや嗜好などをもとにした精度の高いターゲティング広告やリスティング広告などを出稿でき、これまではリーチが難しかった潜在層へ効率的にアプローチできるのが魅力です。

今回は、ソーシャルメディア広告ツールを導入するメリットや選定のポイントについて解説し、おすすめのソーシャルメディア広告ツール6選をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

 

ソーシャルメディア広告ツールとは

ソーシャルメディア広告ツールは、FacebookやTwitter、Instagram、LINEなどのSNSプラットフォームに広告を配信するためのツールです。

InstagramやFacebookなどのSNSのストーリーズやタイムラインに表示される広告などを配信でき、近年はバナーやテキストだけではなく、動画を活用して訴求する広告も増えています。

ソーシャルメディア広告ツールは、ターゲットや配信フォーマットなどを調整・改善しながら、広告効果の最大化を目指します。

 

ソーシャルメディア広告ツールを導入するメリット

ソーシャルメディア広告ツールの主なメリットは、以下の3つです。

・細かいターゲティング設定が可能

・より多くのユーザーに訴求できる

・潜在顧客にもリーチできる

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

細かいターゲティング設定が可能

広告ツールを導入することによってユーザーのデータが蓄積されるため、より細かいターゲティング設定が可能になります。

例えば、自社が宣伝したい商品やサービスのターゲットが「東京都の30代女性」の場合、Facebook広告で「東京都の30代女性」だけに広告を配信できます。

自社が宣伝したい商品やサービスごとにターゲットやセグメントを設定できるので、ピンポイントでターゲットにリーチできるのがメリットです。

より多くのユーザーに訴求できる

Twitterには「リツイート」という拡散力が高い機能があるので、より多くのユーザーに自社の商品やサービスを知ってもらうことができます。

ソーシャルメディア広告ツールには、ユーザーがコメントやシェアをすると、それに連動して広告パフォーマンスが変動するというアルゴリズムが組み込まれています。

ユーザーと広告の親和性が高いと拡散される可能性が高まるため、結果的に多くの人に広告を見てもらえます。

潜在顧客にもリーチ可能

メディア広告ツールを導入することで、これまでの広告配信方法ではリーチするのが難しかった潜在顧客に、自社の商品やサービスの情報を届けることができます。

より細かくセグメントを設定できるので、自社のターゲットはもちろん、より広い範囲のユーザーに情報を届けることも可能です。

 

ソーシャルメディア広告ツールを導入する際の注意点

ソーシャルメディア広告ツールを導入する際は、以下のことに注意しましょう。

・炎上することがある

・拡散が最終的な目的ではない

それぞれの注意点について、詳しく解説します。

炎上することがある

ソーシャルメディア広告を利用する際、テキストや画像、動画といったクリエイティブが適切でないと、炎上してしまうことがあります。

特にリツイート機能があるTwitterは拡散力が高いため、炎上してしまう傾向が強いようです。

そのため、広告を出稿する前にユーザーに不快感を与える内容になっていないか、必ず確認しましょう。

拡散が最終的な目的ではない

ソーシャルメディア広告の最終的な目標は、「いいね」やリツイートなどでユーザーに拡散してもらうことではありません。

拡散を目的にしてしまうと、自社の商品やサービスの情報が不足しやすくなり、ユーザーに届けるべき情報が不十分にになることがあります。

広告を出稿する前に、本当に伝えたい商品やサービスの情報が網羅されているか、またそれがユーザーのニーズが一致しているかどうかを確認しましょう。

 

ソーシャルメディア広告ツールの選定ポイント・選び方

自社の目的に合うソーシャルメディア広告ツールを選ぶ際のポイントは、以下の3つです。

・どのSNSに対応しているか

・必要な機能が搭載されているか

・UIがわかりやすいか

必要のない機能が搭載されているツールを選んでしまうと、無駄なコストを支払うことになるため、事前に何が必要かを社内で検討してからツールを選びましょう。

どのSNSに対応しているか

ソーシャルメディア広告ツールを導入する際は、自社が運営しているSNSに対応しているかどうかを確認することが重要です。

自社が運用しているSNSにツールが対応していないと意味がないので、導入する前に必ず確認しておきましょう。

複数のSNSとアカウントを持っている場合は、優先順位の高いSNSに強いツールを選ぶことをおすすめします。

必要な機能が搭載されているか

ソーシャルメディア広告ツールを導入する前に、「なぜこのツールが必要なのか」「どのような目的で導入するのか」を洗い出しておきましょう。

例えば、ソーシャルメディア広告の運用担当者が業務に非効率性を感じている場合は、投稿管理機能が搭載されているツールを導入して、自動的に広告を出稿できるようにすると良いでしょう。

まず最初に、自社が解決したい課題を洗い出してから導入を検討し、ツールを選びましょう。

UIがわかりやすいか

ソーシャルメディア広告ツールを選ぶ際は、UI(ユーザーインターフェイス)がわかりやすいかどうかも確認しましょう。

UI(ユーザーインターフェイス)、つまり操作性や使いやすさが優れていれば、簡単に情報を整理できるので、作業を効率的に行うことができます。

 

おすすめのソーシャルメディア広告ツール6選

ここでは、おすすめのソーシャルメディア広告ツール6選を紹介します。

ほとんどのツールは費用が公開されていないため、見積もりを取ってから導入を検討しましょう。

サービス名 初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
Sherpa 要問い合わせ 要問い合わせ 4.0/5 要問い合わせ
P-conne 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
Vasta 0円〜 30,000円〜
TRYFUNDS WEB MARKETING 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
Zoho Social 要問い合わせ 3,000〜24,000円
Kazakami Digital Branding 要問い合わせ 要問い合わせ ×

 

Sherpa

「Sherpa(シェルパ)」は、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSに広告を掲載できるソーシャルメディア広告ツールです。

各媒体に対する独自機能があり、特定のアカウントのフォロワーが必要としている広告を配信できるだけでなく、クロスチャンネルの配信にも対応しています。

また、ターゲティングの最適化を含めた広告運用をフルサポートで行うので、広告主は手間なく効率的に多くのユーザーを獲得できるでしょう。

 

P-conne

「P-conne(ピーコネ)」は、自社の商品やサービスなどを宣伝するためのソーシャルメディア広告で、15,000人以上の現役大学生のネットワークを活用して、同時多発的な情報拡散を実現できます。

 

Vasta

国内で初めてSNSの行動データを活用したツール「Vasta(ヴァスタ)」は、FacebookなどのSNSに広告を掲載する業務を自動化し、広告主の負担と運用コストの削減を実現します。

 

TRYFUNDS WEB MARKETING

「TRYFUNDS WEB MARKETING(トライファンズウェブマーケティング)」は「誰に、何を、どのように売るか」という戦略プランを立てることで、効率的な宣伝をサポートをするソーシャルメディア広告です。

下請けとしてのWebマーケティング代行ではなく、分析や解析、Webサイトの最適化に関するサポートを全面的に行い、自社の商品やサービスの情報を的確にターゲットへ届けます。

戦略と実行だけでなくモニタリングも行うので、高精度なマーケティングを遂行してくれるツールと言えるでしょう。

 

Zoho Social

「Zoho Social(ゾーホーソーシャル)」は、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSアカウントの運用を管理できるツールです。

広告の出稿や管理だけでなく、ユーザーの反応を分析し、最適な投稿タイミングを提案します。また、エゴサーチなどソーシャルマーケティングに必須な機能も搭載されています。

 

Kazakami Digital Branding

「Kazakami Digital Branding(カザカミ デジタル ブランディング)」は、リスクを抑えながら効率的に広告を運用して、より効果的なブランディングを実行するためのソーシャルメディア広告です。

自社の商品やサービスをターゲットに認識させるところから、効率的なブランディングまでの広告戦略を立てます。

自社の商品やサービスのイメージダウンにつながるWebサイトへの広告表示や、効果が低い広告表示を回避することもできるので、無駄な広告費を抑えて効率的に広告を運用できます。

 

まとめ

SNSから情報を得ることが一般的になっており、商品やサービスを提供している企業も複数のSNSアカウントを運用しているところが少なくありません。

複数のアカウントを利用していると、運用結果を集計する時間がかかるため非効率的です。

ソーシャルメディア広告ツールを導入すれば、シンプルかつ短時間かつリーズナブルに成果を出すことができます。

各ツールを提供している会社に見積もりを依頼し、自社にとって費用対効果が高いツールを選ぶようにしましょう。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。