生産性向上を支援!おすすめのシフト管理システム6選

従業員の「シフト作成に時間がかかる」「シフト管理が難しく、困っている」といった悩みがある企業は多いです。

さらに、従業員によってシフトの希望時間がバラバラ・小刻みに分かれている状況になってしまうと、シフトを組むのに時間がかかってしまうでしょう。

このように業務の負担になりがちなシフト管理におすすめなのが、「シフト管理システム」です。

シフト管理システムはどのような魅力があるのか、メリットや注意点・選び方を含めておすすめ6選をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

シフト管理システムとは

シフト管理システムとは「シフト作成業務」や「従業員による勤怠登録業務」の効率化を図れる支援システムです。

日々のマネジメント業務を支援しますので、業務の負担が減り、他の業務に集中できるようになります。

現場のことをしっかりと考えた使いやすさに優れたツールが多く登場しており、多くの企業から利用されています。

シフト管理システムを導入するメリット

シフト管理システムを導入するメリットは主に3つあります。

  • ・シフト表作成などの業務負担の削減
  • ・シフト管理・人材配置の一元管理化
  • ・管理業務の効率化

それぞれの特徴について詳しく解説をしていきますので、シフト管理システムの導入を検討している人は参考にしてください。

シフト表作成などの業務負担削減

シフト管理業務において最も時間がかかってしまうのが「シフト表作成業務」でしょう。

  • ・営業時間
  • ・従業員の人数
  • ・従業員の対応可能時間
  • ・希望時間
  • ・従業員のスキル

シフト表は上記の5つを意識して組む必要がありますが、しっかりとシフトを組むことができないと店舗運営が回らない可能性が高いです。

シフト表通りに進めば問題ありませんが、シフトに穴が開いてしまうという可能性もゼロではないです。

このように時間も手間もかかるシフト作成ですが、シフト管理システムだと自動でシフト作成を行ってくれる機能を搭載したツールも多いため、業務負担を大幅に下げられます。

人材配置の一元管理化

シフト管理システムを利用することで、人材の配置管理もできる点がメリットとして挙げられます。

人件費の過不足は利益に大きな影響を与えやすく、利益を出していくためには考える必要があるポイントです。

シフト管理システムではシフト表の作成とともに、人件費なども表示され、過不足時間などがわかるようになっています。

人材配置の一元管理ができることで過不足がわかるだけでなく、どの人材がいつ入っているのか一目瞭然なので店舗の運営状況もイメージしやすいです。

管理業務の効率化

シフト管理システムは、管理業務の全体を効率化できます。

なぜかというと、シフト管理システムを利用するとシフト表が自動作成できるため、業務の負担が軽くなり、時間が割けた分を従業員のシフト希望に対してしっかりと考えて組むことが可能です。

従業員の希望通りにシフトを組むことで従業員全体のモチベーションも高まり、仕事の効率も良くなるでしょう。

シフト管理システムを利用することで管理業務だけでなく、店舗全体の良い環境作りができるため、多くの企業におすすめです。

シフト管理システムを導入する際の注意点

シフト管理システムによっては、シフト管理機能以外にも多くの機能が搭載されていますが、導入する際には「使用できる機能」に注意が必要です。

機能が豊富なのは魅力的なポイントですが豊富な機能が搭載されているとその分、料金が高くなっている場合が多く、十分に使いこなせないとコストがかかるだけになっていまします。

そうなると、コストパフォーマンスが悪いと感じてしまうため、導入する際にはシフト管理システムと合わせて他の機能などもチェックし、自社で必要な機能かを考えるのがおすすめです。

シフト管理システムの選定ポイント・選び方

  • ・使いやすさ
  • ・対応可能店舗数
  • ・搭載されている機能

シフト管理システムは、上記の3つの選定ポイントを意識して選ぶのが好ましいです。

それぞれの選び方について解説をしていきますので、シフト管理システムの導入を検討している人は参考にしてください。

使いやすさ

シフト管理システムの最も重要なポイントは「使いやすさ」です。

いくら便利な機能であっても、使いこなすことができなければ意味がありません。

できるだけ無料トライアルがあるものを選び、自社で使えるかどうかを検討して導入するのがおすすめです。

対応可能店舗数

シフト管理システムによっては対応店舗数が変わります。

低コストで導入できるシステムは1店舗だけの場合が多いのですが、システムによっては複数店舗を同時に管理できるツールもあります。

複数の店舗を運営している場合は一括管理ができるシステムを利用すると、導入コストも抑えることができるため、対応可能店舗数もチェックしましょう。

シフト管理以外の機能

シフト管理システムの注意点でも触れましたが、シフトの管理機能以外の機能もチェックするようにしましょう。

従業員のシフト管理以外にも休暇・申請管理や出退勤管理機能などが搭載されているシステムもあります。

さらに、シフト管理システムによっては外部のサービスと連携可能なツールもあるため、連携させることでより業務の効率化を図ることも可能です。

おすすめのシフト管理システム6選

次は、多くの企業が利用しているおすすめシフト管理システムを6選ご紹介します。

どのシフト管理システムもシンプルで使いやすいと好評なので、導入を検討している人は参考にしてください。

初期導入費 項月額費用 利用者満足度 無料トライアル
ジョブカン勤怠管理 0円 200円/1ユーザー 4.14/5
jinjer勤怠 300円/1ユーザー 3.22/5
Touch On Time 0円 300円/1ユーザー 4.33/5
マネーフォワード
クラウド勤怠
2,980円~ 3.8/5
バイバイ
タイムカード
要問合せ 要問合せ 4.17/5 ×
シフオプ 0円 300円/1ユーザー 3.5/5 ×

ジョブカン勤怠管理

ジョブカン勤怠管理は、導入社数6万社以上超える人気のシステムです。

「LINE シフト確認」や「シフト募集機能」などもあり、シフトに関する機能も充実しています。

また、シフト管理システム以外にも出退勤管理システムや休暇・申請管理機能も備わっています。

さらに、ジョブカンには他のシリーズも存在し、中でもジョブカン給与計算と合わせると便利です。

シンプルで使いやすい点からも人気があり、初めてシフト管理システムを利用する人におすすめです。

jinjer勤怠

jinjer勤怠も、シフト管理システムの中で利用者満足度が高い人気のサービスです。

利用している企業の契約継続率99.4%・サポート満足度91.6%という高実績を獲得しており、無料トライアルもあるため、自社に合うか使ってみてから検討可能です。

シフト管理だけでなく、勤怠データの自動集計機能や打刻機能・予算管理機能などもあります。

人事労務の業務削減をしっかりと行えるシステムなので、まだ人事労務のクラウド化を行っていない企業にはおすすめです。

Touch On Time

Touch On Timeは24,500社以上が利用している人気勤怠管理システムです。

搭載されている全ての機能が月額300円で利用可能で、勤怠集計機能や打刻機能、ワークフローや通知・アラート機能なども搭載されています。

連携できるタイムレコーダーレンタルサービスもあるため、起業したばかりでタイムレコーダーを購入する負担を下げたいと考えている会社にもおすすめです。

マネーフォワードクラウド勤怠

マネーフォワードクラウド勤怠は、ダッシュボードで簡単に勤怠管理ができることで人気があるサービスです。

シンプルなレイアウトなので直感的な操作で使いこなせるだけでなく、マルチデバイスに対応しているため、スマホやタブレットでも管理できます。

クラウドサービスだからこそ複数の人数で管理することができるので、複数の店舗経営を行っている企業にもおすすめです。

バイバイタイムカード

バイバイタイムカードは名前からもわかりやすいように、打刻機能に特化したシステムです。

タイムカードが必要のない簡単な打刻が可能なうえに、シフト管理機能やリアルタイムの人件費表示機能・勤務実績管理などもできます。

様々な打刻方法に対応しているため、打刻機能を利用した出退勤管理・シフト管理を行いたい企業におすすめです。

シフオプ

シフオプはシフト管理に長けているサービスで、銀のさらやほっともっとなどの有名店舗も利用しているサービスです。

自動計算された人件費をモニタリングできる機能や、労務コンプライアンスに反していないシフトなのか判断する機能も備わっています。

シフトなどを管理するダッシュボードも至ってシンプルなので、直感的な操作で使用可能です。

まとめ

様々なシフト管理システムが存在しますが、どのシステムも人事労務の負担を大きく削減し、業務効率化を促してくれます。

多くのシステムが存在するため迷ってしまいますが、注意点や選定ポイントをしっかりと意識し、自社にとってできるだけ使いやすいシステムを選ぶのがおすすめです。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳