プロ並みのSEO対策を自分たちで!業者いらずのお手軽ツール

WebサイトやECサイトを運営する上で集客効果を上げるためにはSEO 対策が必須です。

SEO(Search Engine Optimization)は「検索エンジン最適化」と呼ばれており、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで上位に表示させるためのテクニックや対策を行う役割を果たしています。

しかし専門知識がないと効果的なSEO対策を行うことは難しいのが現状です。

そこでSEO ツールを導入すれば、ITの専門知識がなくても簡単にプロ並みのSEO対策を施すことができるようになります。

SEOツールにはWebサイトのアクセス分析や内部診断、検索キーワードの選定などの機能を豊富に搭載しているため、これまでよりもはるかに多くの集客を期待することが可能です。

今回はみなさんに、SEO ツールを導入する具体的なメリットや選び方を解説するとともに、おすすめのSEOツールを6選ご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

SEOツールを導入するメリット

SEOツールを導入することで主に3つのメリットを得ることができます。

効率的なSEO対策で工数を削減

無数に存在する競合サイトの中から、自社のサイトの検索順位を上げるためには、専門知識と膨大なデータをもとにSEO対策を必要があります。

しかしサイトの規模が大きくなればなるほど、SEO対策の手間が増えていってしまうのがネックなポイントです。

しかしSEOツールなら、データ集積や分析をオートメーション化できるため、大幅に工数を削減することができます。

細かいデータ分析で検索順位が向上

高性能なSEOツールは、さまざまな視点で詳細にデータ分析を行うことができるため、よりコアなターゲットに適したSEO対策を施すことが可能となります。

競合サイトを分析することも可能

SEOツールによっては、他社のサイトを分析することもできます。

競合サイトと自社を比較分析して、これまでになかった新たな知見やヒントが得られるかもしれません。非常に戦略的に有意義だといえるでしょう。

SEOツールの選び方

失敗しないためのSEOツールの選び方のポイントは、主に以下の3点になります。

自社が求める機能を明確にする

自社に適したSEOツールを選ぶためには、どのような機能を必要としているのかを明確にする必要があります。

あらかじめ求めている機能をリストアップしておいて優先順位をつけておき、それらの機能が搭載されているSEOツールを選ぶとよいでしょう。

費用対効果の面で有意義性があるか

SEOツールには無料・有料版があるため、導入する際はコスト&ベネフィットを比較検討する必要があります。

スタートアップ企業や個人事業主の場合は、一般企業向けの有料サービスはあまり向いていないかもしれません。

どちらにせよ、費用対効果をしっかり考えておきましょう。

使いやすいか

SEOツールは非常にバリエーションが豊富で、SEOの知識に明るい人向けのタイプもあれば、Webサイトの集客対策についてほとんど詳しくない人でも簡単に扱える仕様のものがあります。

今後SEOツールを運用していくにあたり、社内のどんな人が主に担当に就くのかをあらかじめ決めておくとよいでしょう。

おすすめのSEOツール6選

みなさんにおすすめしたい人気のSEOツールを6つご紹介します。

初期導入費 月額費用 無料トライアル
Keywordmap 要お見積もり 要お見積もり
DemandMetrics 要お見積もり 100,000円~
キーワードウォッチャー 0円~ 0円~20,000円 要お問い合わせ
WILL GATE 要お見積もり 要お見積もり 要お問い合わせ
Gyro-n SEO 要お見積もり 500~9,600円 要お問い合わせ
eMark+ 200,000円~ 200,000円~ ×

 

Keywordmap

世界最大量の日本語データを保有している「Keywordmap(キーワードマップ)」は、CVキーワードを獲得して売り上げを増加したり、分析に時間をかけずに戦略を打ち出したりするSEOツールです。

2,700万以上のキーワードやリスティング・ディスプレイ広告などの実データ分析ができるため、SEO対策に関する工数を大幅に削減することができます。

また、キーワードやURLを入力するだけで誰でも簡単にデータ抽出が可能。マーケターにとっては欠かせないツールとして多くの企業が導入しています。

DemandMetrics

「DemandMetrics(ディメンドメトリクス)」は、競合サイトと比較して自社サイトの改善を行うことができるSEOツールです。

SEO対策に必要な情報を数値やグラフで可視化してくれるため、サイト内の状況を一目で把握することが可能になります。

キーワードウォッチャー

「キーワードウォッチャー」は、Webサイトの訪問者が関心を持っていることや頻繁に検索するキーワードを調査するSEOツール。

リスティング広告やマーケティング、SEO対策に欠かせない機能が多数搭載されています。

WILL GATE

「WILL GATE(ウィルゲート)」は、様々な業種のコンテンツマーケティングをサポートするSEOツールです。

Webマーケティング・メディア・コンテンツプロデュースのサービスを組み合わせているため、独自性の高いマーケティングを実現することができます。

Gyro-n SEO

株式会社ユニヴァ・ペイキャストが提供している「Gyro-n SEO(ジャイロン SEO)」は、SEO対策の検索結果順位だけでなく、SEO担当者が手間だと感じている作業をサポートします。

SEO対策の面で問題のある点を洗い出して分析してフィードバックするため、少ない工数でより効果的なサイトづくりが実現可能です。

eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」は、ユーザーの様々なWebサイトへのアクセス状況を分析するSEOツールです。

性別や年齢などの具体的な属性情報を把握し、モニター会員へのアンケート調査を実施することもできます。

SEOツールを導入する際の注意点

SEOツールを導入する前に以下の点に注意しましょう。

SEO対策の最適解は常に変化する

検索エンジンのアルゴリズムは日々刻々と変化しているため、これまで通用したSEO対策が今後もうまくいくとは限りません。

そのため、SEO対策ツールの更新頻度が低いタイプのものは、すぐに陳腐化してしまう恐れがあります。

「導入コストが安いか」という観点はもちろん大切ですが、それ以上にSEO対策ツールのサポート体制や更新頻度も同様に重要だといえるでしょう。

SEO対策はすぐに効果が出るわけではない

しばしば勘違いされてしまうのですが、SEO対策の効果が実際にどれくらいの期間で表れるのかはWebサイトによって異なります。

つまり「SEO対策をした次の日から集客が改善される」わけではないのです。

SEO対策の本質は、検索エンジンのアルゴリズムに評価される「最適なサイト」につくり変えること。

検索の上位にランクインするには、多かれ少なかれ時間を要するという事実を理解しておきましょう。

まとめ

近年はますますWebサイトやECサイトを活用したビジネスが勢いを増しています。

数ある競合サイトより優位に立つには、検索エンジンの上位にランクインするためのSEO対策が必須です。

SEO対策を専門とする業者に依頼するのもいいですが、SEO対策ツールを導入すれば、外注するよりもはるかに安い費用でSEO対策自体を内製化することができます。

「サイトの集客率が悪い」「ECサイトビジネスを手掛けていきたい」というお悩みやご要望をお持ちなら、ぜひ一度SEO対策ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

事業規模の大きい企業はもちろんのこと、中小・スタートアップ企業や個人事業主にもおすすめです。

「創業手帳」から、日本初のリモートワーク専用ポータルサイト 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました。リモートワーク環境での課題の解決に役立つ情報を無料でご覧いただけます!あわせてご活用ください。