「電話営業×AI」がコールセンター業務の新常識!

営業スタイルはさまざまですが、現在も「電話営業」で新規顧客を獲得したり、満足度を高めたりしている企業は少なくありません。

電話営業はたしかに効果的な手法のひとつ。

しかしビジネストークや顧客対応の質は人によって異なるため、全体のスキルの底上げになかなかつなげにくいのも事実です。

非常に大変な労力と時間を使うことになるため、電話対応のスキルを一人ひとりに教え込むわけにもいきませんよね。

「テレフォンアポインターの質を効率よくあげたい」

「商談に結び付いたケースとそうでないケースを比較研究したい」

「より実際的で効果的な新人研修の資料がほしい」

こうしたご要望やお悩みはございませんか?

今回みなさんに紹介する「MiiTel(ミーテル)」は、AIを搭載した電話システム。通話内容と履歴を子細に記録し、いつでも詳しく分析することができます。

近年、着々と導入実績を伸ばし続けている「MiiTel(ミーテル)」ですが、人気の秘密はどこにあるのでしょうか?以下では、その魅力に迫ります!

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

「MiiTel(ミーテル)」の特徴

以下に、「MiiTel(ミーテル)」のすぐれた特徴をいくつか挙げていきましょう。

録音データはすべてクラウド上で保存

「コールスタッフが大量にいるから、みんなの録音データを会社のPCに保存するのは限界があるのでは……?」と不安に思っている方はどうかご安心ください。

「MiiTel(ミーテル)」は、あらゆる電話対応をすべて自動で録音し、そのデータをクラウド上に保存します。

たとえ何百人というコールスタッフが一日に何千件もの電話対応を行ったとしても、会社のPCに一切負担をかけることはありません。

会話記録を“見える化”

録音データはトークスキルの研究やスタッフへのコーチングを行う際、とても便利ですが、音声だけだと、聞き逃しがあったり、いちいち巻き戻しをしなくてはならなかったりと、不便を感じることも少なくありません。

しかし「MiiTel(ミーテル)」なら、単に録音データを記録するだけでなく、その実際の会話内容を、まるでSNSチャットのような形式で文字起こししてくれます。

テキスト形式なら、研修にも大いに役立つことでしょう。

CRM(顧客管理システム)との連携が可能

みなさんもすでにご存じであったり、実際に会社に取り入れていたりしているかもしれませんが、CRM(顧客管理システム)とは、「Salesforce(セールスフォース)」や「kintone(キントーン)」などのツールのことを指します。

「MiiTel(ミーテル)」が画期的なのは、そういったCRM(顧客管理システム)と連携することができ、電話の発信・受電業務の際に、スピーディーに顧客情報を検索したり紐づけたりできる点です。

「MiiTel(ミーテル)」とCRMシステムの連動は、すなわちオペレーターの負担軽減を意味します。これによって、業務効率のさらなる向上を期待できるでしょう。

情報共有がカンタン

電話対応に関するあらゆるデータをクラウド上に保存する「MiiTel(ミーテル)」では、ユーザーであればいつでも誰でもその情報にアクセスすることができます。

つまり、一般のコールセンタースタッフが、空き時間を利用して自分のビジネストークを聞きなおして反省したり、成約率の高いスタッフのトークを研究したりすることもできるわけです。

「MiiTel(ミーテル)」は、みずから学んで成長する社風づくりにも貢献してくれるかもしれません。

数々のメディアに掲載された実績を持つ信頼性

何事においてもそうですが、社会的信頼や実績は非常に大切です。

数え切れないほど存在するビジネスツールのなかで、「MiiTel(ミーテル)」は果たしてどれだけの信用があるのでしょうか?

その点に関してはご安心ください!株式会社RevCommが提供する「MiiTel(ミーテル)」は、単純に数多くの企業が導入しているという実績があるだけでなく、テレビ朝日、Yahoo!JAPANニュース、東洋経済などで紹介された経歴があります。

気になる「MiiTel(ミーテル)」の料金プランは?

「導入してみたいけれど、自分の会社の規模を考えると、費用対効果はいいのだろうか?」とお悩みの方も多いはず。

結論からいいますと、「MiiTel(ミーテル)」は、1つのIDにつき月額5,980円(税抜)の料金プランとなっています。

このプランを高いと思うか安いと思うかは、会社によってさまざまだと思います。

たとえば、現在の電話営業で単価の高い案件を扱っているとすれば、月額5,980円(税抜)は費用対効果がよいといえるかもしれませんね。

「MiiTel(ミーテル)」がおすすめできる企業の特徴は?

これまで紹介・解説してきた内容をふまえて、「MiiTel(ミーテル)」を導入すればメリットを享受できる企業の特徴についてみていきたいと思います。

以下の項目にひとつでも当てはまったら、導入を検討する価値があるかもしれません。

教育コストを削減したい

コールセンターは、スタッフの入れ替わりが激しい世界です。だからこそ、いかに効率的に新人を教育するかがカギとなってきます。

とはいえ、新人研修はけっしてラクではありません。実戦を積みながら成長していく人もいれば、マニュアルに従って着々と成績を伸ばす人もいます。

「できるだけ多くの新人が短時間で成長できるような研修をしたい」

「成約率の高いベテランのトークスキルを教材にしたい」

「新人が自分の営業トークを客観視できる環境がほしい」

こんなご要望やお悩みはございませんか?

あらゆる電話内容を録音し、文字起こしもしてくれる「MiiTel(ミーテル)」なら、新人教育にかかるコストをきっと削減してくれますよ。

アポイント獲得率を高めたい

コールセンタースタッフは十人十色ですし、その日によって調子の良しあしも変わってきます。

アポイント獲得率の高いベテランさんも、「まったく獲れなかった」ということもあるでしょう。

ここで大切なのは、膨大な会話内容を比較分析して、アポイント獲得に結び付く条件を徹底的に研究すること。

調子の良しあしに左右されない、安定した営業トークの方法論をマニュアル化することが、会社にとって最重要課題なのです。

まさに「MiiTel(ミーテル)」は、営業トークの研究にうってつけ。なかなかアポイントを獲得できない人も、最近調子がいい人も含めて、よき研究材料となってくれることでしょう。

まとめ

コールセンタースタッフの質は、アポイント獲得率と直結します。

AIを搭載したクラウド型IP電話「MiiTel(ミーテル)」は、効果的で効率的な新人研修はもちろんのこと、録音した会話データをもとに営業トークを徹底的に研究したり、マニュアルをつくったりすることも可能です。

現代は、あらゆるビジネス業界で「ヒト×AI」が主流になってきています。それは、コールセンター業務も例外ではありません。

みなさんも「MiiTel(ミーテル)」を使って、ライバルの競合他社と差をつけませんか?

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳