見えるデータ管理で先を見通す経営管理を実現

コロナ禍でリモートワークを導入している企業が増えつつあります。

従来のようにオフィスに出勤して特定の時間と場所で作業をするという働き方から、自宅で仕事をするという働き方に移行していることから、様々なクラウドサービスが注目を浴びています。

数多くの競合が出現している中で生き残るためには、素早い経営管理業務を行って会社を成長させるための戦略を立てることが必要です。

そこで今回は、経営管理をクラウド上で行うことができるSactona(サクトナ)の特徴やメリット、実際に導入して利用されている方の評判をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

Sactona(サクトナ)とは?


Sactona(サクトナ)とは、スピーディーな経営管理を実現し業務を効率化するクラウド型の経営管理システムで、見込管理や事業計画、予算編成・予算実績管理・予算管理などといった、様々な管理会計や経営管理業務をサポートします。

連結、部門別、製品別、支店別、プロジェクト別管理、販売店別など、あらゆる領域に適用可能なクラウド型システムのため、リモートワークを導入している企業にとっても便利です。

Sactona(サクトナ) の3つの特徴

  • ・経営者の課題を解決
  • ・管理部門の問題を解決
  • ・情報システム部門の問題を解決

Sactona(サクトナ)には上記3つの特徴があります。

これから、具体的にそれぞれの特徴を解説していきますので参考にしてください。

経営者の課題を解決

Sactona(サクトナ)では、社内の各部署や関係会社などが未来の予想業績をエクセルに入力し、そのデータをリアルタイムで確認することができます。

業績を予測する精度が向上されるとスピーディーに経営判断をすることができますし、マーケットの変化を読み取ることで適切な意思決定を行うことが可能です。

様々な情報を取り扱うことができるSactona(サクトナ)だと、多面的かつ複合的な視点で分析し正しい意思決定ができるでしょう。

管理部門の問題を解決

Sactona(サクトナ)は、ユーザーインターフェースとして日常的に使用しているエクセルを利用し、今まで非効率で人的ミスが発生しやすかったデータを一元化して管理することができます。

担当者により手作業で行っていたエクセルシートを統合する作業などは、Sactona(サクトナ)を利用することでコストや時間を大幅にカットすることが可能です。

エクセルシートなので新たなレイアウトに慣れるという作業もなく、使いやすいのも特徴です。

情報システム部門の問題を解決

Sactona(サクトナ)で予算編成を活用して計画や分析の精度が向上したら、続いて予実管理や業績予測・事業ポートフォリオなどを段階的に導入することが可能です。

システム効果だけでなく事業状況をチェックしながら徐々にステップアップして、新たに導入することができるためコストや負担を抑えながら運用できるのも魅力でしょう。

今までは過去の実績を表示するだけだったデータを、現在の経営状況を見極めて将来の経営を見通す重要な資産にすることが実現できます。

Sactona(サクトナ)を導入する3つのメリット

  • ・わかりやすくシンプルなレポート分析
  • ・チェックイン機能で業務の効率化
  • ・内部統制にも対応可能

Sactona(サクトナ)のメリットは主に上記3つになります。

次に、それぞれのメリットについて具体的に説明していきます。

簡潔でわかりやすいレポート分析

Sactona(サクトナ)はレポート生成機能が搭載されているため、あらゆるレポートを分析して参照することができます。

最新のデータを表示し出力対象の範囲を必要に応じて切り替えることができる上に、出力データはエクセルデータなのでパソコンなどのローカル端末に保存したりメールなどに添付して送信したりすることも可能です。

また、Sactona Managerを利用すると入力表や出力表をテンプレートとして、ポータルに一括配布することができます。

チェックイン機能で業務の効率化

Sactona Portal(サクトナポータル)によって特定のフォルダに配布されたエクセルファイルを、チェックアウトして編集することが可能です。

編集後にチェックインすることで、入力表にある数値やコメントを自動的にサーバーにあるデータベースに反映することができます。

内部統制にも対応可能

Sactona(サクトナ)は、ポータル上にある入力表を編集し保存されたらファイルの履歴が残るので、内部統制にも対応することが可能です。

Sactona(サクトナ) の評判


Sactona(サクトナ)を導入している方の使用した感想や評判を調査したところ、経営をストップしなくても必要な機能を追加して課題を解決していける点に満足している方が多くみられました。

これから、実際にSactona(サクトナ)を導入している方々の評判や導入する際の注意点をご紹介します。

柔軟な機能で迅速な移行が可能

Sactona(サクトナ)を導入することで経営管理についてやるべき課題が確認でき、さらに新しく行いたいテーマが増えたという意見もあります。

経営管理について様々な課題を迅速に解決することができるSactona(サクトナ)は、経営をストップせずに素早く移行することができる柔軟なプラットフォームです。

簡単にシステムを構築するので「スムーズに課題を解決することができる」と高い評価を受けています。

利用する際の注意点

Sactona(サクトナ)は、Microsoft製品との親和性については非常に高いのですが、それ以外の社外連携には対応していないので注意が必要です。

もし、他のアプリケーションを中心に利用している場合は、導入前にシステムの互換性についてチェックしておくようにしましょう。

Sactona(サクトナ)の料金プラン


Sactona(サクトナ)の価格設定については、具体的な料金は公式ホームページで公開されていないので、見積もりをとってから本格的な導入を検討しましょう。

その際には前もって必要な機能やおおよその予算をベンダーに伝えて、月額にかかる費用を確認してください。

料金
初期費用 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ
無料トライアル 要問い合わせ

まとめ

Sactona(サクトナ)は、クラウド上でエクセルをユーザインタフェースとして利用することが可能です。

今まで使用してきた帳票や入力フォーマットなどのデザインを変更することなく入力するため、過去の資産も有効に活用できるでしょう。

また、Microsoft Office製品との親和性が非常に高いのも特徴で、エクセルデータと同じデザインは操作性も良く、教育コストも最小限に抑えることができます。

Sactona(サクトナ)は、段階において経営管理を変えるためのサポートを徹底的に行えるので、経営管理業務が効率的になるのも魅力です。

無料トライアルは用意されていないため、自社に必要な機能や予算を洗い出してベンダーに見積もりをとってから本格的に導入するのがおすすめです。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳