組織状態を定量化し、組織の問題解決をサポートする人事評価システム

企業を運営する上では、適切に自社の組織状態を把握し、PDCAサイクルを回しながら組織状態を改善していくことが求められます。

しかし組織の状態を把握しようと思っても、従業員の満足度調査や離職率のデータなどを頼るしかなく、定量的に評価するのは難しいでしょう。

そんな時、今回ご紹介するモチベーションクラウドが役に立ちます。

モチベーションクラウドを利用すれば、従業員に組織診断サービスに回答してもらうことで、組織の状態を簡単に把握できます。

ここでは、モチベーションクラウドの特徴やメリットを解説しますので、従業員のモチベーションを把握し、組織を活性化させたい方はぜひ参考にして下さい。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

 

モチベーションクラウドとは?

モチベーションクラウドは、株式会社リンクアンドモチベーションが提供している人事評価システムです。

リンクアンドモチベーションが20年に渡る組織人事コンサルティングで得た経験と、国内最大級のデータベースを活用した診断技術で組織の状態を定量的に計測し、組織の課題を根本から解決に導きます。

組織の状態の改善サイクルを回すところまでがセットになっているので、離職率や従業員のモチベーション不足に悩んでいる企業におすすめです。

なお、現在3,000社を超える企業が利用しています。

 

モチベーションクラウドの特徴

モチベーションクラウドの特徴は、大きく分けて以下の3つです。

・簡単に使いこなせるUI/UX

・国内最大級のデータベース

・20年間の組織人事コンサルティング実績

簡単に使いこなせるUI/UX

モチベーションクラウドでは、従業員のモチベーションを把握するためにアンケートを実施しますが、従業員に負担をかけないように操作性にこだわっているのが特徴です。

短時間で終わる上にモバイルにも対応しているので、従業員がどこにいても簡単にアンケートに答えられます。

企業側で確認する診断結果の画面や分析表示機能、分析後のアクションプランの実行画面の操作性も優れているので、使い続けやすいシステムといえます。

国内最大級のデータベース

モチベーションクラウドには、2000年から蓄積している6,620社、157万人以上の国内最大級の組織データベースがあります。

他社比較によって組織の状態を把握できるので診断結果の信頼性が高く、さまざまな角度から分析ができます。

国内最大級のデータベースを用いた分析を行った上で、自社の状況に合わせた適切なアクションプランが提案されるため、課題の解決に役立ちます。

20年間の組織人事コンサルティング実績

モチベーションクラウドを提供している株式会社リンクアンドモチベーションは、組織・人事に関する総合コンサルティング会社として有名です。

20年間のコンサルティング実績で得た豊富な知見をもとに、どのような業種・規模の企業にも最適な解決策を提案できます。

すべてのプランにおいて、専門のコンサルタントが運用をサポートしてくれるため、安心して利用できます。

 

モチベーションクラウドの導入メリット

ここからは、モチベーションクラウドを導入するメリットについて解説します。

モチベーションクラウドを導入することで得られる主なメリットは、以下の4つです。

・組織の状態を数値化し分析できる

・従業員の本音を収集できる

・改善が必要な部署を特定できる

・退職率を大幅に下げることができる

組織状態を数値化し分析できる

どの企業も経営指標を掲げていますが、組織状態の指標を持っている企業は多くありません。

指標がなければ、従業員の満足度調査や離職率などもとに組織状態を把握することになるので、定量的な評価ができないだけでなく、対応が後手に回る恐れがあります。

モチベーションクラウドを利用すれば、アンケートで収集したデータをAIが自動で解析して数値化するので、組織状態を定量的に把握することができます。

そのデータは他者比較、項目比較、属性比較などさまざまな角度から分析できるので、自社の組織状態における課題の把握も可能です。

従業員の本音を収集できる

モチベーションクラウドでは匿名アンケートが用意されているので、従業員の本音も収集できます。

操作が簡単な上に、アンケートの回答に必要な時間はわずか20分なので、業務に支障をきたすことなく運用が可能です。

改善が必要な部署を特定できる

モチベーションクラウドでは、部署ごとにエンゲージメントスコアを比較できるので、改善が必要な部署を簡単に特定できます。

退職率を大幅に下げることができる

モチベーションクラウドを利用すれば、会社への不満を特定し改善することができるので、離職率を下げることも可能です。

また、「会社でデジタル化を進める」など反発が起こりそうな施策を行う場合、モチベーションクラウドを導入しておけば、組織状態を把握できるので、反発を抑えながら施策を実施できます。

 

モチベーションクラウドを導入すべき企業は?

ここまでモチベーションクラウドの特徴や導入メリットについて解説しましたが、実際にモチベーションクラウドを導入すべきなのは、どのような企業なのでしょうか?

モチベーションクラウドを導入すべきなのは、以下のような企業です。

・根本的な働き方改革を行いたい企業

・愛社精神が大切だと考えている企業

・組織状態を定量的に計測したい企業

モチベーションクラウドを利用すれば、従業員のモチベーション(やる気)を明らかできる上に、株式会社リンクアンドモチベーションが20年間で培った組織人事コンサルティングのノウハウを活かして、改善のためのアクションを行うことができます。

「従業員の愛社精神を育むことが活気ある組織運営につながる」と考えている企業には、特におすすめです。

人事評価システムといっても、人事評価基準の策定や従業員のランク付けなどをシステムが代行することはできません。

あくまで「従業員の意見を取り入れて、組織の問題を明確にし解決したい」という目的で利用するようにしてください。

 

モチベーションクラウドの料金プラン

モチベーションクラウドの料金は利用人数に応じて変わるため、公式サイトにも明示されておらす、別途見積もりを取る必要があります。

なお、公式サイトで氏名やメールアドレスを入力すると無料のデモを体験することができるので、使い勝手を確かめる意味でもデモを試してみることをおすすめします。

 

まとめ

組織運営していく上で、従業員のモチベーションを高く保つことは非常に重要です。

従業員のモチベーションが高ければ、それだけ高いパフォーマンスを発揮してくれるからです。

モチベーションクラウドを利用すれば、組織の状況を可視化した上で適切な目標を設定し、実行支援まで行ってくれるので、簡単に従業員のモチベーションを高く保つことができます。

従業員のモチベーションを把握し向上させ、企業を活性化させていきたい方は、モチベーションクラウドの導入を検討することをおすすめします。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。