組織の内部から改善していくクラウド型サービスが登場!

企業によって悩みの種は異なりますが、人事関係や社内の環境は多くの企業が悩みやすいポイントです。

「離職率が高くなっているけど何が原因かわからない」「社内全体の雰囲気を改善したい」といった悩みはあるものの、どのようにして改善していけばいいのか分からずに解決できずにいるという企業もたくさんあります。

このような組織の内部改善を行いたいときに活躍してくれるのが「モチベーションクラウド」です。

「モチベーションクラウド」はどのようなサービスなのか、特徴や評判・料金プランについて詳しく解説をしていきます。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

モチベーションクラウドとは?

「モチベーションクラウド」は、組織内部に対する問題解決が可能なクラウドサービスで「株式会社リンクアンドモチベーション」が提供しています。

  • ・社内の現状把握
  • ・目標設定
  • ・目標に対する実行促進
  • ・進捗確認

上記の一連の流れを繰り返し実行できるようにサポートし、社内の問題点などが可視化できる魅力的なクラウドサービスです。

社内の改善するべき課題が把握できるだけでなく、改善をするための施策や進捗状況の確認ができるため、課題をしっかりとクリアして社内全体の雰囲気を良くしていきます。

株式会社リンクアンドモチベーションとは?

「モチベーションクラウド」を提供している「株式会社リンクアンドモチベーション」は東京本社にオフィスがあり、2000年に設立しています。

東証一部上場企業でもあり、モチベーションマネジメント事業だけでなく、エントリーマネジメント事業やインキュベーション事業など幅広く事業展開を行っています。

バックオフィス業務のサービスに力を入れており、現場が使いやすいようなシンプルなレイアウトが特徴的です。

「モチベーションクラウド」も実際に色で分けられたグラフや数値化がされるため、視覚的にも判断しやすく、初めて組織改善システムを使う企業でも利用しやすいでしょう。

モチベーションクラウドの5つの特徴

  • ・社内の状態をスコアリング
  • ・ダッシュボードで改善アクションの管理
  • ・エンゲージメントスコアのグラフ化
  • ・離職率の低下
  • ・他社との比較ができる

「モチベーションクラウド」は上記の5つが大きな特徴として挙げられます。

それぞれの特徴について詳しく解説をしていきますので、「モチベーションクラウド」が気になっている人は参考にしてください。

組織の内部状態をスコアリング

「モチベーションクラウド」はアンケート形式でスコアリングできるように作られており、20分程度で終わるため、朝のミーティング前などに取り入れやすいです。

パソコンだけでなくスマホやタブレットにも対応しているので、手持ちの端末でボタンを押しながら回答できます。

サクサク回答ができるので従業員にストレスを与えません。

回答してもらえたアンケートの集計は自動で行われ、「会社」「仕事」「上司」「職場」といった属性別に確認できます

他にも、経年比較や項目比較など様々な観点からの内部チェックができるため、より詳しい分析が可能です。

ダッシュボードでアクション管理

さらに「モチベーションクラウド」は、ダッシュボードでアクション管理が出来るというのも大きな特徴です。

途中でも触れましたが、社内の改善点は把握できたものの、実際に行動に移せているという企業は少ないでしょう。

それは、現状把握ができたものの、改善点がわかったという点に満足してしまい、業務の忙しさからついつい後回しにしてしまう場合や、実際に行動をしていてもアクションに対する管理が出来ないためです。

しかし、「モチベーションクラウド」では社内の改善点を行動に移した際に、ダッシュボードで進捗具合が管理できるため、自然と社内改善に対する意識を向けることができます。

進捗管理をしっかりとできる点からも多くの企業におすすめです。

エンゲージメントスコアで改善対象が一目瞭然

他にも「モチベーションクラウド」はエンゲージメントスコア(仕事に対する意欲)がグラフ化・数値化されるため、改善箇所や誰がどのくらいのモチベーションがあるのかを把握できます。

社員ごとに「会社に対する期待度」や「現在の満足度」「周りに及ぼす影響度」なども表示されるため、あらゆる角度から分析が可能です。

改善対象がすぐに把握できるからこそ、的確な行動に移しやすくなります。

現場での悩みや不満を見つけ改善行動を繰り返し行うことで、社内全体のエンゲージメントが上がりやすいです。

離職率の低下

社員が会社に対する不満や仕事内容に満足していない企業は、離職率も高い傾向にありますが、「モチベーションクラウド」では社内の問題の分析・改善箇所への行動・進捗管理としっかりとした対応が取れるため、継続していくと離職率も低下します。

「モチベーションクラウド」で表示されるデータを元に的確に行動を起こしていくと、社内の環境も良い方向へと向けることができるため、社員の不満も自然と解消されるでしょう。

他社との比較ができる

「モチベーションクラウド」は他社と比較ができるという点も大きな特徴です。

エンゲージメントスコアが表示できるツール・サービスは他にもたくさんありますが、チェックをした人物だけのスコアが表示されるため、表示されたスコアが他の会社と比べて高いのか低いのか判断が付きにくいです。

しかし、他社との比較ができることで、他社よりも低い場合は改善しようという気持ちに動きやすいです。

初めてエンゲージメントサービスを利用する企業には特におすすめします。

モチベーションクラウドの評判

「モチベーションクラウド」を利用している企業の評価・評判は導入を検討している場合の参考になりやすいです。

魅力的に感じるポイントと利用する際の注意点をまとめていますので、「モチベーションクラウド」が気になっている人はぜひチェックしてみてください。

魅力的に感じるポイント

実際に利用している企業は「モチベーションクラウド」について「解決するべき課題が見えやすい」「会社の強み・弱みがわかる」というのを魅力に感じています。

エンゲージメントスコアの可視化が行われることで会社の全体像を把握できます。

満足度から離職の可能性がある人物を見極めて的確に対応したり、人事の再配置の検討を行ったりできるといった、課題がはっきりと見えるからこそ的確なアクションを起こしやすいです。

利用する際の注意点

一方、「モチベーションクラウド」を利用する点で気を付けないといけないのが「トップダウンにならない」という点です。

というのも、「モチベーションクラウド」のアンケートは正直に答えてもらい、スコアとして上がってきた結果に対して謙虚に改善行動して初めて成立します。

中にはアンケートで上司や先輩に対しての評価を高く見えるように強要する人や、トップダウンで厳しい会社では怒られるのが嫌で本音とは違う回答をされる場合が多いです。

従業員と管理者の信頼関係がしっかりと構築出来て初めて意味があるツールになるため、離職率が高い場合はトップダウンになっていないか、まずは振り返ってみてから利用するようにしましょう。

モチベーションクラウドの料金プラン

「モチベーションクラウド」の料金プランは利用する規模やプラン内容によって変わるため、定められた料金はありません。

そのため、料金が知りたい場合は一度問合せを行って見積もりを出してもらうようにしましょう。

無料オンラインセミナーや無料デモなどもあるため、導入を検討している場合は参加してみるのもおすすめです。

まとめ

「モチベーションクラウド」は、社内の状況や課題が一目瞭然になる便利なツールになります。

進捗管理機能で忘れることなく的確に対応できるため、導入して効果がなかったということは起きづらいです。

社内のエンゲージメント管理を行いたい企業や、離職率が高い傾向がある企業は導入を検討してみてください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳