経費精算にかかる時間を圧倒的に削減

経費精算は人的・時間的コストのかかる大変な作業ですが、非常に重要な業務です。

ついつい後回しにしてしまいがちですが、余裕をもって速やかに終わらせておけば余計なミスも減り、精神面でも楽になります。

そこでみなさんにおすすめするのが、スピーディーな経費精算を可能にする「マネーフォワード クラウド経費」です。

以下では、このシステムの特徴やメリットについてみていきたいと思います。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

経費精算が業務効率を下げている?

経費精算を手作業で入力している企業はけっして少なくありません。

入力作業は非常に煩わしく、紙の領収書、レシートの整理、ひとつひとつ品目・金額・日付を確認しながらExcelなどに入力しなくてはならないため、総合的にかなりの労力を要します。

このようなことから、「あとでまとめて処理しよう」と考えて、ついつい月末まで作業を溜め込んでしまっていませんか?

しかし月末は業務の締め切りなどと重なるため、経費精算がかなりの負担になってしまいがちです。

また、ミスが許されない経費精算は多くの時間的リソースを割かなければならないのも課題のひとつだといえるでしょう。

「マネーフォワード クラウド経費」を導入するメリット

経費精算システムは上記で挙げた諸課題を解決し、大幅な業務の効率化に貢献してくれます。

経費精算システムは大規模な事業経営を行っている会社だけでなく、中小企業やスタートアップ企業にもおすすめできます。

創業期は人手が少なく、経費精算がおざなりになってしまいがちです。だからこそ経費精算システムを導入するメリットが際立つといえるでしょう。

面倒な経費精算業務をシステムに任せれば、経営者も従業員もコア業務に集中でき、事業運営もスムーズになるはずです。

「マネーフォワード クラウド経費」の特徴

経費精算システムは具体的にどのような点で業務の効率化に貢献してくれるのでしょうか。「マネーフォワード クラウド経費」の特徴をみていきたいと思います。

データを自動入力してくれる

「マネーフォワード クラウド経費」は、銀行口座やクレジット・カードをあらかじめ登録しておけば、日々の取引明細を自動で取得してくれます。

また、銀行口座・クレジット・カード以外にも、LINE Payなどのコード決済や、クラウドソーシング・サービス、タクシー、旅行予約サイトとの連携も可能です。

POSレジとの連携により、小売店や飲食店の経費精算の効率化も図ることもできます。

領収書読み取り機能

専用アプリをインストールすると、スマートフォンのカメラで領収書・レシートを読み取ることができます。

日付・支払先・金額を自動で読み取るため、手作業でひとつひとつ入力・申請する手間を省くことが可能です。

またオプションサービスとして、専門オペレーターによる経費精算の代行入力を委託することもできます。

このサービスは、撮影した領収書の画像をアップロードするだけで、オペレーターが最短1営業日で代理入力を行ってくれます。

この「オペレーター入力」は、「エンタープライズプラン」では使い放題となっています。

交通系ICカードの読み取りで交通費精算を効率化

専用アプリをインストールして、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードを読み取ることができます。

この読み込んだデータをもとに交通費の申請ができるため、経路と運賃を検索する手間を省略することが可能です。

自動車の燃料費精算にも幅広く対応。あらかじめガソリン代を設定しておくと、移動距離に応じて自動で経費が算出されます。

仕訳データの自動登録

「マネーフォワード クラウド経費」には、経費データを取引明細に対応した勘定科目を提案する機能が付帯しています。

こちらで仕訳作業を行う必要がなくなるため、業務の効率化に一役買ってくれることでしょう。

また当システムは「マネーフォワード クラウド会計」と連携しているため、仕訳データはそのまま「マネーフォワード クラウド会計」に自動で入力されます。

「マネーフォワード クラウド会計」を利用していない場合でも、複数のクラウド会計ソフトのフォーマットに対応したCSVファイルにエクスポートする機能もあるのでご安心ください。

柔軟なワークフロー機能

経費精算では、承認や振り込み精算などさまざまな処理を行いますが、「マネーフォワード クラウド経費」は負担部門・プロジェクト・申請金額などの承認ルートを自動で振りわけるワークフロー機能を搭載。

申請時の入力不備に対してはエラーを表示するため、承認者の確認作業がスムーズとなります。

金融機関と連携しており、ファイルのアップロード不要で振込を完了することが可能です。

スマートフォンから経費の申請・承認

専用のスマートフォン向けアプリを利用すると、スマートフォンから経費の申請・承認作業が行えます。

たとえば営業で外出している場合でも、移動時間などの空き時間に経費申請を行えるため、経費申請のためだけに会社に立ち寄る必要がなくなるわけです。

グラフ表示できる経費分析機能

経費の状況を条件指定して検索すると、グラフ表示で経費分析をすることができます。分析結果はCSV形式でダウンロードできるため、資料作成にも活用するとよいでしょう。

「マネーフォワード クラウド経費」のプラン・料金

「マネーフォワード クラウド経費」には、「チームプラン」・「コーポレートプラン」・「エンタープライズプラン」の3つのプランがあります。

料金は従業員の数に応じて料金が変わる料金体系を採用しています。自社にあった最適なプランを選んでくださいね。

チームプラン

料金 月額500円(税抜)/ユーザー1名
機能 オペレーター入力:20円/枚

API利用:300回/時間

特徴 利用人数が5名未満の小規模な企業におすすめ

 

コーポレートプラン

料金 月額700円(税抜)/ユーザー1名
機能 オペレータ入力:20円/枚

API利用:3,600回/時間

電子帳簿保存法対応

支払依頼

日当機能

法人カード連携

特徴 利用人数が5名~10名未満の組織におすすめ

 

エンタープライズプラン

料金 月額900円(税抜)/ユーザー1名
機能 オペレータ入力:無制限

API利用:無制限

電子帳簿保存法対応

仮払機能

支払依頼

日当機能

コーポレートカード連携

特徴 利用人数が10名以上の組織におすすめ

 

まとめ

「マネーフォワード クラウド経費」は大規模な事業経営をしている企業はもちろんのこと、中小企業や個人事業主にも幅広く対応している経費精算システムの決定版。

「経費のことはよくわからないけれど、はじめのうちは自分でやるものだ」と思い込んでいませんか?

経費管理は確かに大切な業務ですが、本業に支障をきたしてしまっては元も子もありません。

「マネーフォワード クラウド経費」があれば百人力です。経理の素人でも簡単に扱うことができますので、スタートアップ会社の若手経営者にもぜひおすすめしたいシステムです。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳