生産性向上を支援!おすすめのLPOツール6選

インターネットが普及したことで、店舗で販売されている商品をWeb 上で購入することが当たり前になりました。

商品のLP(ランディングページ)を強化すると売上拡大につながるので、企業にとってターゲットのニーズに合ったLPの作成が大きな課題となっています。

LPの作成に欠かせないのLPOツールはコンバージョンの達成を支援するため、 多くの企業が導入しています。

ここでは、マーケティングに欠かせないLPOツールの導入メリットや、おすすめのツールをご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック「リモートワーク手帳(無料)」が創刊されました! リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

 

LPOツールとは

LPOツールとは、作成したLP(ランディングページ)の最適化を支援するツールで、広告や検索エンジンなどから訪問したユーザーを商品の購入やサービスの契約などへ誘導するために、ページのクオリティを上げるサポートをします。

企業においては、ページの訪問者に対する購入の割合、つまりコンバージョン率(CVR)が高いLPを作成することが大きな課題となっており、コンバージョン率が上がれば会社の利益につながるため、多くの企業が力を入れています。

LPはブログや公式ホームページとは違い、一度作成したら終わりではなく、ユーザーのニーズに合わせてデザインやテキスト、写真素材などを改善していく必要があります。

LPOツールを導入することによって、複数のテストページを比較検証する「A/Bテスト」や、ユーザーの属性・行動を分析してそれに合わせたコンテンツを配信する「ターゲティング機能」を利用して、コンバージョン率を改善します。

 

LPOツールを導入するメリット

ここからは、LPOツールを導入することで得られる具体的なメリットを見ていきましょう。

マーケティング事業を立ち上げたばかりの方や、今後LPに力を入れていきたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

A/Bテストや多変量テストでLPのCV率向上

LPOツールには、ページに掲載されている画像やレイアウト、キャッチコピーなどを変更してテストページを複数作成し、どのLPが最も高いコンバージョン率を獲得できるかを検証するA/Bテストや、あらゆる要素を組み合わせて最も適したLPを見つけるための多変量テストなど、様々なテスト機能が搭載されています。

複雑なテストなので人が行うことは困難ですが、LPOツールを導入すればこのようなテストによって利益につながる LP を作成できるので、より高いコンバージョン率を達成できます。

ユーザーの行動や属性分析でLPを改善

LPOツールの中には、LPに訪れたユーザーの行動や属性などを可視化するヒートマップや、ユーザーがコンバージョンに至った経路などを分析する機能が搭載されたものもあります。

これらの機能をフル活用することによって改善すべき点を発見することができ、より質の高いLPを作成できます。

ターゲティング機能により顧客満足度が向上

LPOツールに搭載されているターゲティング機能は、ユーザーの属性や行動、位置情報などに応じて配信するコンテンツを変更する機能です。

例えば同じ企業のLPでも、エリアターゲティング機能によって東京在住のユーザーには東京の店舗情報、愛知県在住のユーザーには愛知県の店舗情報といったように自動的にコンテンツを切り替えてくれます。

この機能によって、ユーザーは自分にとって有益な情報をLPから得られるので、顧客満足度の向上が見込めます。

簡単に分析・検証できるため迅速にPDCAを回せる

ユーザーにとって質の高いLPを作成するには、あらゆるLPを作成して検証し、改善を繰り返す「PDCA」を回すことが重要です。

PDCAは手動でも管理できますが、管理の手間とコストを考えるとLPOツールを導入したほうが、A/B テストや多変量テストなどを行えるので、スピーディーかつ適切にLPを改善できます。

新たな広告宣伝費を削減

LPOツールを導入することによって、分析を繰り返してLPを改善できるので、新たな広告宣伝費を削減できます。

例えば、LPOツールのヒートマップ機能でユーザーの満足度が低いコンテンツを探し出し、他のコンテンツに差し替えることで売上が上がることがあります。

常にLPがブラッシュアップされ、作成コストもカットできるので、浮いた費用を別のことに充てられます。

 

LPOツールを導入する際の注意点

LPOツールはユーザーにとって満足度の高いLPを作成できるというメリットがありますが、導入する際に注意すべきこともいくつかあります。

例えば、LPOツールはすべてのLPに有効というわけではなく、サイトの種類によっては効果が得られない可能性があることを知っておくべきでしょう。

例えば、特定のキーワードでしか検索されないWebサイトは、訪問者が求めているものがほぼ決まっているので、LPOツールを導入したとしても効果が出ないことがあります。

 

LPOツールの選定ポイント・選び方

ここからは、LPOツールを選ぶ際のポイントについて説明します。

目的に合った分析・検証ができるか

LPOツールには、テスト機能が充実しているものや分析を得意とするものなど様々なタイプがあるため、まずは自社のLPの課題をリサーチした上で仮説を立て、その仮説の検証に適した機能が搭載されてるかどうかを確認しましょう。

また、LPの規模にマッチしているツールかどうかもポイントになります。

訪問ユーザーが少ないLPの場合は、A/Bテストを実施したとしても比較検証が難しいため、手間と時間がかかるだけです。

まずはSEO対策を行って、アクセス数を増やしてからA/Bテストを実施し、LPOツールの導入を検討するという方法もあります。

外部ツールと連携が可能か

アクセスを解析する「Google Analytics」「Google Search Console」「Similar Web」などのツールと連携ができるかどうかも、選定する際のポイントになります。

これらの外部のツールと連携すれば、より高精度な分析が可能です。

ターゲティング機能が利用できるDMP(企業情報データベース)や、CDP(顧客単位の情報を管理するプラットフォーム)などの膨大な量のデータが集積された外部プラットフォームと連携することをおすすめします。

自社の予算や状況に合った費用

一般的にLPOツールを導入すると初期費用と月額費用が発生しますが、初期費用のみでランニングコストがないものや、クリック数従量制(クリック率に連動して料金が発生する仕組み)を採用しているものもあります。

料金体系の詳細を非公開にしている会社もあるので、ツールを導入する前に見積もりを取ってから本格的にLPOツールを導入することをおすすめします。

 

おすすめのLPOツール6選

ここからは、おすすめのLPOツール6選を紹介します。

無料トライアルが用意されているものもあるので、いくつか試した上で自社に合ったツールを導入することをおすすめします。

サービス名 初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
DLPO 要問い合わせ 要問い合わせ 4.0/5 要問い合わせ
Gyro-n LPO 要問い合わせ 40,500円〜 要問い合わせ
どこどこJP 100,000円〜 10,000円〜
SiTest Lite 0円〜 8,500〜30,000円
Dockpit 要問い合わせ 要問い合わせ
eMark+ 200,000円〜 200,000円〜 ×

 

DLPO

「DLPO」には高精度なテスト機能とパーソナライズ機能が搭載されており、ユーザーの行動や属性、趣味などの要素を分析して、最適なLPの作成をサポートするツールです。

テスト検証を繰り返すことで最適なLPを作成できるため、コンバージョン率が向上します。他のツールと連携することで、既存の機能をDLPOでも利用できます。

 

Gyro-n LPO

「Gyro-n LPO(ジャイロンLPO)」はWebサイトへの流入や店舗への来店を促進するだけでなく、サイトからの離脱を低減してコンバージョンを改善するツールです。

800社以上への導入実績を誇り、あらゆる企業のデジタルマーケティングのコンサルティングも請け負っています。

 

どこどこJP

「どこどこJP」は、IPアドレスだけでなくあらゆる情報に紐づいたデータベースが搭載されているAPIで、Webサイトのアクセス解析やIPアドレスなどからユーザーの地域を判別できます。

また、調査を継続的に行うことによってデータの質を向上する機能もあります。

製品のホームページからわずか5分で登録が完了する上に、14日間の無料トライアルも提供しています。

 

SiTest Lite

「SiTest (サイテスト ライト)」は、ヒートマップ分析や動画分析に特化したLPOツールです。リーズナブルな料金で運用できるので、初心者に最適なツールといえます。

初期費用や最低利用期間がないため、自社に適しているかどうかを気軽に試すことができます。

 

Dockpit

「Dockpit(ドックピット)」は分析したいキーワードやサイトURL、業界を入力することで、競合調査や業界分析などができるマーケティングツールです。

国内250万人の消費者モニター会員の行動から、マーケティングに必要な項目を簡単に分析できます。

初心者でもダッシュボードでデータを閲覧しながらデータ分析ができ、膨大なデータをわかりやすく表示してくれるので、マーケティングリサーチにかかるコストと時間を大幅に削減することも可能です。

 

eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」では、ユーザーの行動や属性からWebサイトへのアクセスを分析できます。オプションで、モニター会員のアンケート調査を実施することも可能です。

 

まとめ

インターネットで商品を購入したり、サービスを利用したりすることが増えている中で、企業は 常にLPを改善し、コンバージョン率を高めて売上や利益につなげていかなければなりません。

テスト機能や分析機能が搭載されているLPOツールを導入することで、ユーザーの満足度を高めつつコンバージョンにつながるLPを作成できます。

膨大なデータベースをもとに分析を行い、LPを継続的に改善しながら運用できるので、多くの企業がLPOツールを導入しています。

マーケティング業務を強化したい方や、より質の高いLPを作成したいと考えている方は、無料トライアルなどを利用した上で導入を検討することをおすすめします。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳