企画立案からアフターフォローまでサポートしてくれるWeb講演会運営・配信サービス

「講演会を開いてもいまいち反応が良くない……」、「他社や有名人が利用しているような良質な講演会を開きたい」とお悩みの企業は多いのではないでしょうか。

多くの参加者を満足させる良質な講演会を開くためには、企画や機材、開催場所などの様々な要素を考慮する必要があります。

しかし、こうしたノウハウを蓄積するためには長い時間がかかるため、講演会の質をすぐに高めることは難しいです。

そこで、講演会を初めて開催するという事業者におすすめのウェビナーシステムが、「3eLive(スリー・イー・ライブ)」です。

今回は、3eLiveの特徴やメリットを解説するとともに、3eLiveの導入をおすすめする企業のタイプも紹介していきますので、ウェビナーシステムの導入を検討している事業者は参考にしてみてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

3eLiveとは?


「3eLive(スリー・イー・ライブ)」は、木村情報技術株式会社が提供しているライブストリーミング配信・運営サービスです。

配信を行うだけでなく、企画の考案から機材準備・会場準備・データ集計などのアフターフォローまでサポートしてくれるのでユーザー企業から高い支持を集めています。

製薬企業を中心とした医療分野の企業関係者が利用することが多く、2019年には2,000回を超える配信を行った実績があります。

講演会以外にも、複数会場をつないだ多元中継やプロモーション動画の配信などにも利用可能です。

3eLiveの3つの特徴


3eLiveの特徴は、以下の3つです。

・専用スタジオが充実している
・万全のサポート体制
・データ分析などのアフターフォローが充実

専用スタジオが充実している

講演会を開くためには会場を確保する必要がありますが、3eLiveを利用すると全国に9つあるオンライン講演会専用スタジオを使用することができます。

機材輸送や会場レンタル費用などを節約して開催コストを抑えることができるため、年間を通してひんぱんに講演会を開催する企業におすすめです。

万全のサポート体制

3eLiveを利用すると、企画立案から当日の運営まで手厚いサポートを受けることができます。

講演会の開催ノウハウがあまりない事業者にとって、企画立案や会場の手配には不安が付きまとうものです。

3eLiveは万全のサポート体制を整えているため、講演会を主催するのが初めてという事業者でも安心して利用できます。

データ分析などのアフターフォローも充実

3eLiveは配信後のレポート報告や受講者アンケートの分析サービスが利用できるため、受講者の反応を次回の講演会に活かすことができます。

講演会のクオリティ向上に役立つアフターフォローが充実しているため、主催者満足度が高いのも3eLiveの魅力です。

3eLiveがもたらす2つのメリット


3eLiveを導入することで得られるメリットは、以下の2つです。

・急な要望にも迅速に対応可能
・配信オプションが豊富

急な要望にも迅速に対応可能

3eLiveは、講演者などから急な要望が出されても迅速な対応が可能です。

公式サイトで紹介されているユーザーの声には「急なお願いだったにもかかわらず、配信のクオリティの高さに驚いた」という声が寄せられています。

主催者では対応するのが困難な課題が発生した場合でも、解決手段の提案などのサポートを受けることができます。

配信オプションが豊富

3eLiveのオンライン配信サービスでは、以下のオプションが利用可能です。

・リアルタイムで反映可能なWebアナライザー・システム
・視聴者の「現在の気持ち」をボタンクリックで表現できるエモート・カウンターシステム
・追いかけ再生が可能なタイムシフトシステム
・2択の投票結果をリアルタイムに合成表示するディベート・システム

様々なオプションを活用して視聴者参加型の配信が行えるので、視聴者満足度を高めるのに役立ちます。

3eLiveの導入をおすすめする企業


続いて、3eLiveの導入をおすすめする企業について解説していきます。

オンライン講演会を開く機会が多い企業

オンライン講演会を何度も開いていると新しい企画を考えるのが大変になりますが、3eLiveでは企画立案や演出プランを提案してもらえるので、マンネリ化を回避することができます。

また、不定期の開催が多いと機材やスタジオの確保が難しくなるものですが、3eLiveは専用スタジオが利用できるので柔軟に対応してもらえます。

配信機材やシステムが整っていない企業

3eLiveは配信機材やシステムが整っていない企業や、配信を行うためのコストを最小限に抑えたいという企業にもおすすめです。

3eLiveは運営企業の所有機材やスタジオが利用できるため、コストを節約しながら質の高いオンライン配信が行えます。

初めてオンライン講演会を主催する企業

初めてオンライン講演会を主催する場合は、「何から始めたらいいのかわからない」と悩んでしまうものです。

3eLiveでは初めてオンライン講演を行う事業者に対しても丁寧にサポートしてくれるため、企画立案から開催当日の運営までスムーズに進めることができます。

3eLiveの料金プラン

プラン名 standard light compact EZ
初期費用 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ

 

3eLiveの料金プランは「スタンダードプラン」「コンパクトプラン」「ライトプラン」「EZプラン」の4つに分かれます。

プランによって使用できる機能やコストが大きく変わるため、詳細な料金が知りたい場合は問い合わせを行う必要があります。

まとめ


3eLiveは、オンライン講演会の配信に便利なウェビナーツールです。

初心者でも安心してオンライン講演会を開催できる丁寧なサポート体制が整っており、データ分析や受講者の反応を確認できる多くのオプションが利用できます。

オンライン配信を行いたいと考えている事業者は、3eLiveの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳