出張のチケット手配から経費精算までワンストップで支援

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)は、出張のオンライン手配システムと経費精算ワークフローが一体になった、SaaS型出張総合経費精算サービスです。

日常的に発生する交通費などの経費を精算するだけでなく、国内や海外出張の申請や手配・精算・支払までクラウドで実現できる、オールインワンの経費精算ソリューションです。

今まで出張の手配や精算など分散して行われていた作業を一元化して管理することができるので、より効率的に業務を行うことができます。

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)について詳しく解説しますので参考にしてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)とは?


J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)は、出張や旅行などによく利用される業界大手の旅行会社JTBによって開発されたツールで、出張費の削減や精算業務を効率的に行うサポートをします。

  • ・チケット手配
  • ・マッチング機能
  • ・カスタムレポート
  • ・規程チェック
  • ・法人向け(クレジット)カード利用実績データ連携
  • ・定期区間の自動控除・検索サービス連携
  • ・勘定科目の自動仕訳
  • ・振込データ作成

上記のような機能が搭載されていて、出張に関する面倒な業務や経理業務を大幅に削減する上に、ガバナンス強化やコスト削減、そしてリスク管理などの高度なBTM(ビジネストラベルマネージメント)を実現することができます。

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)の4つの特徴

  • ・出張申請とチケットのカンタン手配
  • ・出張費に関連する経理業務を効率化
  • ・立替えや仮払いが不要
  • ・ICカードなどと連携し経費精算機能を利用

上記がJ’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)の主な特徴になります。

これから、それぞれの特徴を解説しますので導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

出張申請とチケットのカンタン手配

国内のみならず海外出張における飛行機や新幹線・ホテルなどをオンラインチケットを手配することができて、出張申請も同時に行うことができるツールです。

出張者の立て替えが不要になり、企業だけでなく従業員にとってもストレスなく出張の手配を行うことができます。

予約した情報は申請書と連携しているので、利用実績データを精算書に取り込むことができ、人の手によるミスが軽減され管理者や上司のWチェックや承認も簡単にになるでしょう。

出張費に関連する経理業務を効率化

出張で手配した各社のチケットをJTBがまとめて一括で請求するので、経理担当者のペーパーワークが大幅に削減されます。

また、請求・利用実績・精算などのデータをマッチングできる機能が搭載されているため、面倒な検索も不要になり経理担当者の負担を減らすことが可能です。

立替えや仮払いが不要

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)は、出張者がまとめてチケットを手配して最終的に請求支払を行うシステムなので、従来のようにホテル代や飛行機代などの出張費を立て替える必要がありません

ICカードなどと連携し経費精算機能を利用

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)は、交通系ICカードやコーポレートカードの明細などを取り込むことができるので、日常で発生する経費の申請や精算も手軽に行えます。

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)を導入する4つのメリット

  • ・出張手配状況を見える化
  • ・業務効率化と不正防止
  • ・出張データの有効活用
  • ・電子帳簿保存でワンストップ対応

上記4つがJ’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)のメリットとして挙げられます。

それぞれのメリットについて具体的に解説していきますので参考にしてください。

手配状況の見える化

出張に関する業務を管理する担当者は、出張申請のフローを確認することで手配内容を知ることができます。

プランの優先利用や法人向け専用の割引運賃プランなどを促進することで、出張費も軽減できるでしょう。

出張手配が可視化できることで出張者の意識も高まり、内部統制を実現できる可能性もあります。

業務効率化と不正防止

出張者がJ’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)で出張申請することにより、同時に精算書を作成することができるだけでなく、利用実績データや出張予約データが自動的に反映されるので、人による入力ミスや打ち直しなどの手間の削減や上層部・経理担当者が行う領収書などのチェックの工数を減らすことができます。

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)に反映されたデータは改ざんすることができないので不正を防止することも可能です。

出張データを有効活用

一度入力された出張データは記録として保管されるので、危機管理や緊急時に活用することが可能です。

また、経費申請やチケット購買・精算データの分析結果から旅費や経費を最適化することもできます。

電子帳簿保存でワンストップ対応

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)の電子帳簿保存法対応パッケージを導入すれば、自社の目的に対応した経費精算ツールだけでなく、税務署への申請に関してもサポートを受けることが可能です。

電子帳簿保存パッケージは経費精算業務において、ペーパーレス化を促進することができますので経費節減にもなります。

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)の評判

メリットが多いJ’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)は、特に国内外の出張が多い企業で利用され満足されている方が多くいらっしゃいます。

これから、実際にJ’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)を導入されている方の評判と導入にあたっての注意点をご紹介します。

充実したサポート体制

費用対効果に関しては、一般的な精算システムと比較すると少し高い価格設定ですが、利便性のある機能が多く搭載されているためコスト的にも満足しているという声が多いです。

利用データや購買データを自動的に取り込むので、操作性についても高い評価を得ており、導入前はもちろん導入後も専任チームが徹底的にサポートを行ってくれるため安心です。

利用する際の注意点

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)を利用する際の注意点は、クラウドシステムという性質上サイバー攻撃やウイルス等で、情報が外部に漏れる可能性があるということです。

出張データを含めて経理業務で取り扱う情報は、会社を経営する上で重要な財産です。

情報管理は徹底的に行いましょう。

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)の料金プラン

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)の価格設定は、ベーシックとスイートの両方のプランで初期費用が無料となっていますが、月額料金はプランによって変わってきます。

無料トライアルが用意されているので、本格的に導入する前にお試しで利用するのもおすすめです。

ベーシック スイート
初期費用 0円 0円
月額料金 30,000円 35,000円
無料トライアル あり あり

まとめ

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)を利用すれば、出張で手配したチケットの利用実績や経費精算・支払データなどを一括で管理することができます。

出張者は出張費の立て替えをせずにすみますし、経理担当者は業務の負担も大幅に削減することができるでしょう。

キャッシュレス・チケットレス・ペーパーレスと3つの「レス」化を実現し、より効率的に業務を行うことが可能です。

初期導入費はかかりませんが月額料金はかかるので、費用対効果に合うかどうかトータルコストを考慮した上で、まずは無料トライアルを試して本格的な導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳