業界最安クラスの価格が魅力的な経費精算システム

経費精算は、従業員が営業活動で使った交通費や、泊まり込みの出張で支払った宿泊費を払い戻すために行う業務です。

経費精算業務には、領収書の確認や交通経路の精査などの手間がかかる作業が多いため、ビジネスツール開発企業各社から様々な経費精算システムが提供されています。

今回は、コストパフォーマンスが高いと評判の「ジョブカン経費精算」のメリットと特徴をご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

「ジョブカン経費精算 」とは?


「ジョブカン経費精算」は、株式会社Donutsが提供するクラウド型経費精算システムです。経費精算システムはコスト削減のために導入するものなので、システムの利用料金がコスト削減分を上回ってしまうと導入の意味がなくなってしまいます。

その点、「ジョブカン経費精算」は安価な費用で導入できるため、高いコストパフォーマンスが期待できます。「ジョブカン経費精算」を活用することで煩雑な経費精算業務が合理化され、生産性の向上や業務効率化を実現してコア業務に割く時間を作り出すことが可能です。

「ジョブカン」には経費精算システム以外にも、勤怠管理、ワークフロー、採用管理、労務管理、給与計算などのシリーズがあり、合わせて利用すると様々な業務を円滑にこなすことができます。

「ジョブカン経費精算」を導入するメリット


従来の経費精算業務は、非常に煩雑で手間のかかるものでした。領収書・レシートを整理して品目・金額・日付をひとつひとつ確認し、Excelシートなどに手入力するため多くの時間がかかっていました。こうした作業は利益に直結しないため、後でまとめて処理をしようとして月末まで仕事をため込んでしまう状況になりがちです。

経費精算システムを導入すると、こまごまとした経費精算業務を簡素化し、重要な業務に充てる時間を増やすことができます。大企業だけではなく、経営者自身が経費精算業務を行うケースが多い創業期の中小企業や個人事業主でも省力化やコスト削減の恩恵を受けられるでしょう。

「ジョブカン経費精算」の特徴


経費精算システムには業務効率化をはじめとした様々な機能が搭載されています。ここからは「ジョブカン経費精算」の特徴を詳しくみていきましょう。

1ユーザーあたり月額400円という低価格

「ジョブカン経費精算」は月額の最低利用料金が5,000円で、1ユーザーあたりの月額が400円という業界最安クラスの低価格で利用できます。初期費用やサポート費用が不要なため、導入や維持にかかるコストも低く抑えられます。

さらに、姉妹サービスと合わせて導入することで1ユーザーあたりの月額料金から50円以上の割引サービスを受けられるため、とてもお得です。

使いやすいデザイン

「ジョブカン経費精算」は、使いやすさにこだわったシンプルなUI(※)で設計されています。はじめてシステムに触れる人でも直感的に操作できるため、担当者の教育に時間がかからずスピーディーな導入が可能です。

※UI…ユーザーインターフェイス(User Interface)。システムと使用者が情報をやり取りする仕組みのこと

交通費精算の簡略化

ジョルダン株式会社が提供する「乗換案内Biz」と提携しているため、最安値の経路を簡単に検索することができます。通常の交通費精算では、利用日時、区間、定期区間を除外した利用金額を記入する必要がありますが、「ジョブカン経費精算」を活用することにより作業を省力化できます。

また、Suicaなどの鉄道系ICカードを読み取るだけで交通費明細へ情報を反映できるため、非常に便利です。

細かく設定できる承認ルート

ユーザー名、役職、部署などの項目ごとに承認ルートを細かく設定できます。申請書が提出されるとフォームに登録された承認ルートが自動的に割り当てられるため、申請するたびに承認ルートを設定する手間がかかりません。

自動作成される仕訳・支払データ

経費精算や支払依頼の申請をすると、申請内容に応じて自動的に仕訳データとFBデータ(※)が作成されます。担当者は自動作成されたデータを会計ソフトに取り込むだけで、仕訳や振込業務を完了させることができます。

「ジョブカン経費精算」は「弥生会計」や「freee」などの主要な会計ソフトに対応しており、経費精算だけでなく会計業務も効率化することが可能です。

※FBデータ…ファームバンキングデータ。企業がデータ伝送システムを通じて銀行を利用する際に使う振込用データのこと

スマートフォンで経費申請が完結

「ジョブカン経費精算」ではスマートフォン向けの専用アプリを提供しており、アプリから申請や承認を行うことができます。アプリからジョルダンの経路検索も利用できるため、移動中などの空き時間に交通費精算の申請情報を作成できます。

アプリをダウンロードしていなくても、スマートフォンのWebブラウザからパソコン版と同じURLの「ジョブカン共通ID」にログインして申請・承認作業を行うことも可能です。

電子帳簿保存法に対応

「ジョブカン経費精算」は電子帳簿保存法に対応しているため、紙の領収書やレシートを電子データ化して保存・管理することが可能です。スマートフォンで撮影した領収書・レシートの画像データをアプリでアップロードすると、自動的にタイムスタンプが付与されます。

領収書を電子データ化できるため、原本の保管に必要なスペースやコストを節約することができます。

「ジョブカン経費精算」の注意点


「ジョブカン経費精算」は低価格をセールス・ポイントとしているため、いくつかの機能が搭載されていません。ほかの経費精算システムにはある機能でも「ジョブカン経費精算」には搭載していない場合があるので、導入を決定する前に以下の注意点を確認しておきましょう。

レシートの自動読み取り機能がない

「ジョブカン経費精算」には、領収書・レシートの自動読み取り機能がありません。紙の領収書やレシートをスマートフォンで撮影して電子データ化する機能はありますが、申請情報を作成する時は、領収書やレシートの内容を手動で入力する必要があります。

クレジット・カードやETCカードと連携していない

多くの経費精算システムは、クレジット・カードやETCカードと連携しており、利用履歴を自動で取得する機能があります。

しかし「ジョブカン経費精算」は、クレジット・カードやETCカードと連携していないため、利用明細を確認して手動で入力しなければなりません。

「ジョブカン経費精算」のプラン・料金

価格 最低利用料金:5000円/月
1ユーザーあたりの料金:400円/月
月額固定費用 無料
初期費用 無料
サポート費用 無料
無料トライアル 30日間

「ジョブカン経費精算」は、初期費用・サポート費用・月額固定費用が一切かかりません。発生する費用は、ユーザー数に応じた月額料金のみです。1ユーザーあたり月額400円で利用できるため、安価で導入しやすい価格設定といえるでしょう。

30日間の無料トライアルも提供されているので、試用して使い勝手を確認してから導入の可否を判断することもできます。

「ジョブカンワークフロー」と同時に導入することでお得に

姉妹サービスである「ジョブカンワークフロー」は、簡単な操作で稟議書などの申請書を作成できるサービスです。この「ジョブカンワークフロー」と「ジョブカン経費精算」を同時に導入することで、料金の割引サービスを受けられます。

通常の「ジョブカンワークフロー」は1ユーザーあたり月額300円ですが、「ジョブカン経費精算」と合わせて契約すると月額600円で利用できます。

社内で使用する様々な申請書が作成できるようになり、1ユーザーあたり100円の割引が適用されるのでとてもお得です。ほかにも、「ジョブカンワークフロー」以外の姉妹サービスを利用する場合でも料金の割引サービスを受けられます。

まとめ


「ジョブカン経費精算」は、業界最安クラスの月額料金が魅力の経費精算システムです。領収書の自動読み取り機能やクレジット・カード連携機能は搭載されていませんが、経費精算に必要な機能は一通り揃っているため、業務の効率化を実現できます。

大企業だけでなく、起業したばかりの中小企業や個人事業主などのコスト・パフォーマンスを求める事業者におすすめの経費精算システムです。また、ジョブカンの姉妹サービスと併用することで機能が充実するため、導入を検討する際にどのようなサービスと組み合わせるのが効果的かチェックしてみるとよいでしょう。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳