理想的な経営分析で経営環境を簡単に整備

会計業務は働き方改革によって、パッケージ型(インストール型/オンプレミス型)だけでなく、クラウド型会計システムが様々な企業から提供されています。

今回ご紹介するフリーウェイ経理Proはクラウド上で会計業務を行うことができる会計ソフトで、業務系システムを多く提供しているフリーウェイジャパンのシステムです。

フリーウェイ経理Proの特徴や評判について解説していきますので、参考にしてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

フリーウェイ経理Proとは?


フリーウェイ経理Proは会計事務所向けの会計ソフトで、他のソフトより比較的リーズナブルな価格で利用することができることから、多くの企業で導入されています。

これまでのようなクラウド上に全てのデータが管理されるクラウド会計ソフトとは違い、プログラムはパソコン上に保管され、データはパソコンとインターネット上に保管されるため高速処理が可能です。

また、他社で提供されているソフトとの互換性が高く、顧客データを一元管理できます。

費用については月額利用料のみなので買い替える必要はなく、税務データ連動システムなど様々な機能をオプションでつけることでより便利になります。

フリーウェイ経理Proの3つの特徴

  • ・クラウドソフトで長期的なコストを抑える
  • ・高速なクラウド会計で無駄な時間を省く
  • ・他社ソフトのデータも一元管理

フリーウェイ経理Proには上記の3つの特徴があります。

これから、それぞれの特徴を具体的に解説していきます。

クラウドソフトで長期的なコストを抑える

一般的な会計事務所向けのソフトは買い替える必要がありますが、フリーウェイ経理Proに関しては初期費用と月額で利用することができます

目的にあったプランを自由に選ぶことができ、1名のみの利用であればよりリーズナブルに導入することが可能です。

高速なクラウド会計で無駄な時間を省く

フリーウェイ経理Proは、一般的なクラウド会計とは異なり迅速に仕訳入力ができます。

画面の移動もスムーズで、ストレスなく会計業務を遂行することが可能です。

クラウド会計が遅くなる理由は常にクラウドサーバー接続をしているためですが、フリーウェイ経理Proは必要なときに接続することで、アクセスが集中する忙しい時期でもストレスフリーで業務を進めることができるでしょう。

他社ソフトのデータも一元管理

フリーウェイ経理Proは他のソフトとの互換性も高く、顧問先のデータを相互変換できるソフトを使用するとフリーウェイ経理Proにデータを集約させることができるため、業務を効率的に行うことができます。

他ソフトと連携することで顧問先に合わせて会計ソフトを買い続ける必要がなくなり、業務の効率化だけでなくコストを削減することも可能です。

フリーウェイ経理Proを導入する7つのメリット

  • ・価格と顧客満足度がNo.1
  • ・業務効率化が実現
  • ・アップデートが不要
  • ・ハイブリッドな運用でスムーズな会計処理
  • ・ネット切断でも業務を続行できる
  • ・大幅なコスト削減が実現
  • ・充実したオプション機能

フリーウェイ経理Proのメリットは主に上記の7つになります。

これから、フリーウェイ経理Proのそれぞれのメリットについて具体的に解説していきます。

価格と顧客満足度がNo.1

ゼネラルリサーチ実施「会計ソフト10サービス」を対象にした調査によると、フリーウェイ経理Proは価格満足度・顧客満足度・使用し続けたいの3項目でNo.1を獲得しました。

全国の経営者や経理担当者1,113名にとったアンケート結果なので、フリーウェイ経理Proは多くの経営者や経理担当者が高く評価している会計ソフトです。

業務効率化が実現できる

フリーウェイ経理Proはクラウド型の会計システムなので、導入すれば顧客(会計事務所)とのデータ共有がオンライン上で可能になりメール送付などの工数を減らすことができます。

また、キーボードのみでの操作も可能で、ショートカットなどを利用すると高速入力が実現できるでしょう。

ソフトウェア起動・データ入力・印刷などシステムの処理スピードも速く、会計や経理業務を効率的に行えるためストレスもかかりません

アップデートが不要

会計ソフトについては、新元号発表や法整備、または消費税率が変更された場合にアップデートが必要になりますし、インストール(オンプレミス)型の場合だと、アップデートごとに新しいソフトをインストールする作業も発生します。

クラウド型のフリーウェイ経理Proはアップデート作業を行う必要はなく、インターネットに接続することで常に新しい機能を追加することができるため、工数や作業の負担も削減することが可能です。

ハイブリッドな運用でスムーズな会計処理

これまでの会計システムは、クラウドサーバーに会計データやソフトウェアプログラムなどを保存するため、特に繁忙期にはアクセスが集中して処理速度が遅くなってしまい会計業務にも支障をきたしていました。

しかし、フリーウェイ経理Proは作業コンピューター内にソフトウェアプログラムが保存され、会計データはパソコンとクラウドサーバーに保存されるハイブリッド運用が実現できるので、繁忙期でも処理速度が落ちることなくスムーズに業務を遂行することができます。

ネット切断でも業務を続行できる

フリーウェイ経理Proはハイブリッド運用ができるのが特徴です。

パソコンにソフトウェアプログラムが保存されているので、インターネット接続が遮断されても会計業務を続行することが可能です。

インターネットに再接続したらオフラインで作業していた会計データをアップロードするため、データバックアップについても安心できます。

大幅なコスト削減が実現

会計専用のソフトを導入すると基本的に5年ごとに買い替える必要がありますが、フリーウェイ経理Proは月額の料金だけで長期間利用することが可能です。

フリーウェイ経理Proの料金プランは月に1人からの利用が可能で、必要な期間と人数分の料金を支払うシステムなのでコストパフォーマンスも優れています。

オプション機能が充実している

フリーウェイ経理Proには多くのオプション機能があります。

工事別台帳や部門別帳票システムなどといった実務に便利な機能だけでなく、データの相互変換機能も用意されています

会計専用ソフトデータをフリーウェイ経理Proに変換することが可能な「コンバートJシステム」や、フリーウェイ経理Proと他社の会計ソフトデータを変換することができる「他社会計ソフトデータ変換システム」なども搭載されているためデータ移行に関しても心配ないでしょう。

フリーウェイ経理Proの評判


実際にフリーウェイ経理Proを利用している方の口コミや評判を調査したところ、大きなメリットとして「オフライン状態でも作業ができる」「パソコンとクラウドに保管することができる」といったハイブリッド運用に満足されている方が多くみられました。

フリーウェイ経理Proを導入している方々からの評判や導入する際の注意点をご紹介します。

ハイブリッドなクラウド会計

フリーウェイ経理Proはハイブリッドなクラウド会計システムです。

そのため、会計データは事務所内にあるパソコンとクラウド上の両方に保管することができます。

また、柔軟性もあり社内パソコンだけに保管したいデータを選ぶことも可能です。

ハイブリッドはインターネット環境が遮断された場合でもオフライン作業ができ、接続が復旧されたら自動的にアップロードされるため常に安心して業務を行うことができるでしょう。

利用する際の注意点

フリーウェイ経理Proソフトは基本的にリーズナブルな価格設定で利用することができます。

ただし、顧客先とデータを共有したいという場合には別途費用が発生するため、場合によってはコストがかさんでしまうかもしれないという点には注意が必要です。

本格的に導入する前に無料トライアルを利用して操作性を確かめたうえで、ベンダーのコンサル担当者に別途どれぐらい費用がかかるのか見積もりをとることをおすすめします。

フリーウェイ経理Proの料金プラン


価格設定は以下の通りになります。

バージョンアップ料金や保守料が含まれた金額になり、サポートサービスなどで別途費用が発生することは基本的にはありません。

なお、フリーウェイ経理Proの利用者ごとにIDの取得が必要になり、3人の場合は月額3,980円かかります。

料金/他
初期費用 0円
月額料金 1,980円〜
無料トライアル あり

まとめ

フリーウェイ経理Proは、初期費用がかからない上に月額費用もリーズナブルでコストパフォーマンスが高く、業務の効率化に貢献することが期待されているクラウド会計ソフトです。

多数の会計事務所も導入しており使いやすさも評判です。

まずは、無料トライアルを体験してみてから本格的な導入を検討してみましょう。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳