企業経営を効率化!おすすめのERPツール6選

経営に必要な情報を一元化できるクラウド型ソフトERPは、会計や財務、顧客情報、在庫などのあらゆる情報を1つのシステムで管理できるため、業務効率化を実現できます。

ERPは大企業で導入されることが多いツールですが、経理関係の情報を別々のソフトで管理しているとミスが増えてしまうため、大企業のみならず中小企業にも導入されるようになりました。

この記事では、クラウド型ソフトERPの基本的な機能やメリット、導入にあたっての注意点などについて解説します。

大企業はもちろん、「ERPは大企業向けだから関係ない」と考えている中小企業の経営者にも役立つ内容なので、ぜひ参考にしてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

 

ERPツールとは

現在多くのクラウド型ソフトが発売されており、様々な業界で導入されていますが、それぞれの業務では優れた機能が生かされても、他の業務との連携が難しい点が課題でした。

ERPツールを導入することで、会計や在庫、受発注などが一元化されるので二重登録も発生せず、作業をミスなく効率的に行うことができます。

 

ERPツールを導入するメリット

ERPツールを導入することで得られる効果とは、一体どのようなものなのでしょうか。ここでは、ERPツールを導入するメリットを6つ紹介します。

1. 統合データベースで企業データを一元管理できる

ERPツールの最大のメリットは、会社にとって重要な情報やデータを一元管理できることです。

会計や人事管理、在庫管理だけでなく、営業を行う上で必要なデータもERPツールにまとめることができるので、例えば、在庫管理部門で変更されたデータが社内の帳票にすぐに反映されるため、データが二重化することがなくなり、ミスが減ります。

2. 本業に専念でき生産性が向上する

ERPツールを導入すると社内の情報をすぐに把握できるようになるため、他の部署で受注した商品の在庫状況なども確認でき、工数を読み間違えたり、在庫を過剰に仕入れたりすることがなくなります。

Excelで管理していると入力ミスが発生しやすいだけでなく、情報の社内共有が難しくなります。

ERPツールのような情報を一元化できるソフトを導入すると、無駄な手間がかからなくなるため本業に充てる時間が増え、生産性の向上にもつながります。

3. 最新データで的確に経営を判断できる

ERPツールを導入すると、売上げや利益はもちろん、生産にかかっている工数と費用などの情報を分析できます。仕入と在庫状況などもリアルタイムで把握できるため、不要なプロセスをカットして無駄にかかっている経費を削減することもできるでしょう。

さらに、従業員も各部門の数字を確認できるので、従業員が経営状況を把握することで業務の見直しや改善を行えるというメリットもあります。

4. 経営がスピードアップする

ERPツールを導入すると社内の情報が一元化されるため経営が可視化され、リアルタイムで経営状況を把握することができ、経営の意思決定を素早く的確に行えるようになります。

ミスが減り、確認する時間などが短縮されることで本来の業務に充てる時間が増えるため、クライアントからのオーダーなどにもスピーディーに対応できるようになるでしょう。

5. セキュリティを一括管理できる

会社の規模が大きくなるほど、各業務で取扱う情報が増えます。それに伴って、外部に漏らしてはならない重要な情報も増えますが、社内の情報を一元化することで、セキュリティも一元管理できるようになります。

個人情報やクレジットカード番号などの情報などが外部に漏れると、会社の信用が失墜してしまいます。機密性が高い情報を暗号化するERPツールを導入すれば、ハッカーなどから大切な内部情報を守ることができます。

6. 情報システム部門の負担を軽減できる

会社の基幹システムを一括管理するだけでなく、ERPツールのシステムがメンテナンスを自動で行うため、カスタマーサポートなど対応に時間がかかる業務を大幅に削減できます。

 

ERPツールを導入する際の注意点

ERPツールを導入すると、コスト削減や経営判断の迅速化などのメリットがありますが、ERPツールを導入する際はセキュリティ対策と運用コストに注意が必要です。

セキュリティ対策

会社のサーバーにERPツールを導入する場合、火災や地震などの自然災害やインターネットの遮断などによる損害に対応できない点はデメリットといえるでしょう。

導入・運用コストの問題

ERPツールはクラウドシステムなので、基本的には初期費用はかからないことが多いのですが、システムを運用するための費用は発生します。料金体系は、ERPツールによって異なります。

「システムを導入したことで業務効率は上がったが、売上げはマイナス」となっては意味がないので、そのERPツールが自社に適しているかどうかを知るために、まずは無料トライアルを利用することをおすすめします。

 

ERPツールを選ぶ際のポイント

ここからは、ERPツールを選ぶ時のポイントを見ていきます。自社に合うツールかどうかを確かめてから、導入を検討しましょう。

必要な機能があるかどうか

ERPツールを導入するにあたって最初に把握しなければならないのは、会社にとって必要な機能が搭載されているかどうかです。

企業に必要な機能だけを取り込むことで余計な操作を排除でき、スムーズに業務を進行できるので、導入前に必要な機能と不要な機能を把握しておくとよいでしょう。

自社にとって使いやすいパッケージかどうか

ERPツールを選ぶ際は、会社にとって使用しやすいパッケージかどうかも重要です。

システムを導入した後、すぐに運用できる優れたERPツールかどうか、エラーの発生が少ないかどうかなど、企業の運営に適したパッケージを選択して導入しましょう。

予算に合う費用で運用できるか

会社の予算に合う価格で導入・運用できるかどうかも、ERPツールを選ぶ際の物差しになります。

ERPツールはクラウド型なので基本的に初期費用はかかりませんが、ライセンス費用、導入サポート、サーバー費用またはトレーニング費用などががパッケージに含まれていることが多く、最低でも1,000万円前後はかかります。

ERPツールのパッケージ購入を検討している場合は、企業の予算内で導入できるかどうかを確認する必要があります。

セキュリティ機能が充実しているか

ERPツールを選ぶ際は、セキュリティ機能がしっかりしているかどうかも確認しましょう。

社内情報を一元化するERPツールは、企業の大切な情報や機密情報などが保管されている金庫のようなものなので、セキュリティ機能が弱いと外部にデータが漏れてしまう恐れがあります。

よって、セキュリティ対策やウイルス対策が強化されているパッケージを選ぶようにしましょう。

 

おすすめのERPツール6選

ここからは、市場で販売されているおすすめのERPツールを6つ紹介します。

実際にツールを導入している方の評価も参考にして、自社に合うERPツールを選んでください。

サービス名

初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル

Galileopt NX-Ⅰ

0円 要問合せ 2.6/5

×

ZAC

0円 要問合せ 3.5/5

NetSuite

0円 要問合せ 4.0/5

GEN

0円 23,500円~ 5.0/5

ALL-IN

0円 要問合せ 4.0/5

SAP Business ByDesign

0円

要問合せ

4.0/5

 

Galileopt NX-Ⅰ

※画像がありません。こちらは商品ラインナップから外れたようです。

Galileopt NX-Ⅰ(ガリレオプト)は中小企業向けのERPツールで、自動でデータをまとめてレポートするレポーティング機能が優れており、アクションの振り返りだけでなく経営における意思決定力まで強化できます。

ZAC

ZAC(ザック)はITやコンサルティングなどに特化したERPツールで、販売管理や会計、工数管理、勤怠管理などを一元化できます。クラウド型なので初期費用がかからないため、気軽に導入できるでしょう。

売上げや仕入れなどの情報も一元化されるのでプロジェクト収支が可視化される上に、予算計画立案から差異分析まで行うことができます。

NetSuite

NetSuite(ネットスイート)を導入すると、正確で迅速な意思決定のための最新情報を閲覧することができます。また、業務のプロセス全体を一元管理することで、ビジネスをスピーディーに展開することができます。

GEN

ERPツールであるGEN(ジェン)には各業種の商習慣に適した機能が搭載されており、商社、メーカー、工場、アパレル、食品、化粧品、ITサービスなど幅広い分野に対応しています。

さらに、画面の編集や入力項目の追加、計算式の設定、集計パターンの編集や保存などを行うことができるカスタマイズ機能も搭載されています。

ALL-IN

ALL-IN(オールイン)は、コックピットや顧客管理(CRM)、集客ツール、営業支援(SFA)、グループウェア、経営ナビ、会計/財務、販売/仕入/在庫、チームビルダー、人事/給与など、経営に必要なシステムがひとつになっています。

ベンチャー企業や中小企業など、本来の業務に集中して無駄な作業やコストを減らしたい企業にに適したERPツールです。

SAP Business ByDesign

SAP Business ByDesign(エスエーピー ビジネス バイデザイン)は、ビジネスの効率向上と継続的な成長をサポートするために設計されたソリューションです。成長する中小企業に複雑な操作やコスト増を強いることなく、高い競争力を与えます。

 

まとめ

ERPツールは経営の基幹システムを一元化することで、各部門で管理されている重要なデータを可視化することができ、二度手間やミスを防いで業務効率を向上します。

しかし、クラウド上で管理されているため、システム障害などが起きた場合はデータを守れないというデメリットもあります。

一方で、ERPツールを会社に導入すると経営判断が迅速化し、従業員が本来の業務に集中できるなど、会社経営においては多くのメリットがあることも事実です。

ERPツールを導入する前に、今回ご紹介した6つのツールを比較して、無料トライアルを試してから本格的な導入を検討することをおすすめします。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳