見込み顧客獲得や人材育成にも活用できるウェビナーツール

「ライブ配信ツール」と言えば、皆さんはどのようなツールをイメージしますか?

近年は自宅から動画を配信できるライブ配信ツールが多数登場しており、有名なものとしては「YouTube Live」や「ニコ生」「ツイキャス」などが挙げられます。

上記のサービスは、個人的な趣味の創作物やゲームなどの実況動画を投稿するために使われることが多いですが、ライブ配信ツールには企業向けのシステムも登場しています。

中でも、企業向けWebビデオシステム「wellcast(ウェルキャスト)」は人材育成や見込み顧客の獲得に役立つとして注目が高まっているサービスです。

今回は「wellcast」の特徴や評判、料金プランなどを詳しく解説していきます。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

wellcastとは?


wellcastは合同会社selfree(セルフリー)が提供している企業向けWebビデオシステムです。主に、Web会議やオンラインセミナー、社内での研修などに利用されるサービスです。

ビデオ通話ができるだけでなく、情報共有に役立つ便利な機能が揃っているため、遠隔地にいる従業員や関係者と詳細な打ち合わせを行うことができます。

最近では新型コロナウイルス感染症の影響もあって働き方改革が推進されており、リモートワークへの切り替えを進めている企業が増えているため、wellcastのようなウェビナーツール(※)の需要が高まっています。

※ウェビナーツール…ウェビナー(Webセミナー)を開催するために使用するビデオ通話システムのこと

合同会社selfreeとは?

wellcastを提供している合同会社selfreeは、2014年に設立した東京都新宿区にある会社です。

wellcastのほかにもブラウザ電話システム「CallConnect(コールコネクト)」の提供も行っており、インターネットサービスを中心に事業を展開しています。

selfreeは全従業員がリモートワークを行っており、新しい働き方に合わせたサービスの開発に力を入れています。

wellcastの6つの特徴


wellcastの特徴は、以下の6つです。

・アプリのインストール不要
・配信映像の録画やダウンロードが可能
・画面共有機能
・チャット機能
・安定した通信
・顧客管理システム(CRM)との連携が可能

それぞれの特徴を詳しく解説していきますので、導入を検討している事業者は参考にしてください。

アプリのインストールが不要

wellcastは、利用にあたってアプリをインストールする必要がありません。

ビデオ会議を開きたい時は、wellcastの管理画面にログインしてから参加申込みページのURLを作成して参加者に送信します。

参加者は送られてきたURLをクリックするだけで簡単に会議に参加することができます。

配信映像の録画やダウンロードが可能

wellcastでは、ライブ配信映像の録画機能や過去に配信された動画データのダウンロードが利用できます。

配信後にビデオ通話の内容を確認できるので、提案の中身を練り直して次回の会議に活かすことができます。

画面共有機能

ミーティング・Web会議時に特に活躍するのが画面共有機能です。

資料やシステムの操作内容を説明する際に画面を共有することで、参加者の理解度を深めやすくなります。

提案や説明をスムーズに理解してもらうことで、会議やミーティングの時間短縮につながるでしょう。

チャット機能

画面共有機能と合わせて使えるのがチャット機能です。

画面共有機能を使って資料やシステムの操作内容の説明をしている時でもチャット入力が可能なため、説明を遮ることなく質問や要点の確認が行えます。

オンラインセミナーのような声が出せない状況でも役に立つ便利な機能です。

安定した通信品質

wellcastは通信品質が安定しているため、配信トラブルによる視聴者の離脱を防ぐことができます。

ライブ配信システムやWebビデオシステムは参加人数が多くなるほどデータ量・回線に負担がかかるため、通信状況を安定させるのが難しくなります。

wellcastはネットワーク状況に応じて映像・音声の品質を自動調整するため、映像や音声が遅延することがありません。

顧客管理システム(CRM)と連携可能

wellcastは、クラウド型のWebデータベースシステム「kintone」や顧客管理システム「Salesforce」などの顧客管理システム(CRM)と連携可能なため、見込み顧客の育成にも役立ちます。

wellcastを使ったライブ配信が終了すると、連携しているCRMの顧客情報にミーティングやセミナーへの参加記録が自動的に追加されます。

CRMの顧客情報から顧客の参加率などを確認できるため、それぞれの顧客に適切なアプローチを行っていくことが可能です。

wellcastの評判


多くの魅力があるwellcastですが、導入すべきか検討するためにユーザー企業からの感想や評判を知りたい、という事業者も多いのではないでしょうか。

ここからはwellcastを利用している企業の声をご紹介します。

良い評判

・アプリが不要なので、取引先に参加してもらいやすい
・CRMと連携して顧客情報が社内で共有できる

アプリをインストールする必要がないため、「取引先にも参加してもらいやすい」という声が多く見られました。

ほかには、CRMと連携してセミナーやミーティングの参加情報が管理できるので、「社内で顧客情報を共有して、商談につながるアクションを起こしやすい」という声もありました。

良くない評判

・使用ブラウザがGoogle Chromeに限定されている
・iPhoneに対応していない

使用できるブラウザがGoogle Chromeのみという点について、他のブラウザでも使用できるように改善を求める声が上がっていました。

スマートフォンでも利用できますがiPhoneには非対応のため、「iPhoneにも対応してほしい」という声も寄せられていました。

wellcastの料金プラン

初期費用 0円
月額料金 5,000円
ルーム接続料 1.99円/分(参加者1人あたり)
録画 1.99円/分(参加者1人あたり)
ファイル生成 1.99円/分
録画データ保持 0.33円/日(1GBあたり)
ダウンロード 19.88円(1GBあたり)
チャットデータ保持 1.66円/付き(1GBあたり)

 

wellcastの料金プランは、月額5,000円の基本料金と利用人数やデータ使用量の従量料金で構成されています。

初期費用は0円ですが、参加人数が多いと従量料金が増えるため注意しましょう。

まとめ


wellcastは、企業向けの商談やオンラインセミナーに適したWebビデオシステムです。外部サービスのCRMと連携して参加者情報を見込み顧客育成に活用することもできます。

アプリのインストールが不要で、配信ページのURLを参加者に共有するだけで会議が開けるため、取引先に利用してもらいやすい点が支持を集めています。

ウェビナーツールの導入を考えている事業者は、wellcastの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳