マーケティングの最適化を実現!おすすめのDMPツール6選

「色々なツールを利用しているけど、整理をするのが大変」
「様々な情報を利用して細かく分析を行いたい」

上記のような悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。

働き方改革の影響もあり、電子化を図るためクラウド型サービスを利用する企業が増えていますが、使用しているツールが多いとどうしても整理整頓が難しいです。

様々なツールの整理整頓ができるサービスとしておすすめなのが「DMPツール」になります。

情報の整理・管理ができるだけでなく、多くの魅力があるDMPツールを導入するメリットや注意点・選び方について解説をします。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

DMPツールとは

DMPは「データマネジメントプラットフォーム」の略称で、インターネット上に蓄積されている情報・データを管理できるプラットフォームです。

電子化サービスの導入によって、インターネット上に社内情報や顧客情報・従業員情報を蓄積している企業も増えています。

しかし、インターネット上に蓄積をしていても情報の整理は必要で、しっかりと整理・管理ができていない場合には、最悪サイバー攻撃を受けて情報漏洩に繋がる危険があります。

DMPツールはインターネット上の情報・データを整理したうえで、セキュリティの強化につながるため、これからの時代は多くの企業に導入をおすすめします。

DMPツールを導入するメリット

  • 情報・データの整理整頓が可能
  • 分析による顧客に合ったアプローチ
  • 見込み客の発掘

DMPツールは、上記の3つが大きなメリットとして挙げられます。

それぞれのメリットについて解説をしていきますので、導入を検討している人は参考にしてください。

蓄積した情報・データの整理整頓ができる

DMPツールは、インターネット上で蓄積されている情報・データを整理整頓をしてくれるため、業務の効率化やセキュリティ面の強化を促せます。

さらに、情報やデータを整理できることによって顧客情報の洗い出しもできやすく、マーケティング関連にも役立ちます。

上手に活用することで、顧客と最適なコミュニケーションを図ることも可能で、多くのシーンで活躍してくれるツールです。

細かい分析による的確なアプローチが可能

DMPツールはマーケティングに関しても役立ちますが、魅力的なポイントとして、DMPツールで情報を集約することで細かい分析ができやすく、顧客の状況などを再確認できる点も挙げられます。

顧客によってアプローチ方法は異なり、長期の目で見なければいけない人もいれば、すぐに濃密な関係が構築できる顧客もいます。

細かい分析をもとに、顧客に合わせた的確なアプローチが行えるため、営業を中心に行っている企業にもおすすめです。

見込み客の発掘

細かな分析が可能なDMPツールですが、蓄積された情報やデータを元にした見込み客の発掘も可能です。

見込み客と一言でいっても「潜在顧客」や「顕在顧客」など細かく分かれますので、しっかりと顧客ごとの分析を行うためにはマーケティングツールの導入が必要になります。

しかし、DMPツールを利用することで顧客ごとの細かい振り分けが可能になるため、潜在顧客や顕在顧客などもわかりやすいです。

見込み客の発掘とともに、顧客管理もできやすい点からも多くの企業に選ばれているツールです。

DMPツールを導入する際の注意点

DMPツールは多くのメリットがありますが、機能や魅力を最大限まで引き出すためにも、導入目的を明確にする必要があります。

導入する理由を考えることで社内の課題も見つめ直すことができるため、「なぜ導入するべきなのか」をしっかりと考慮しましょう。

DMPツールの選定ポイント・選び方

  • 運用コスト
  • 操作性
  • 活用方法

DMPツールの選定ポイントとして、上記の3つが挙げられます。

それぞれの選び方について解説を行いますので、導入を検討している人は参考にしてください。

運用コスト

DMPツールには、豊富な機能が搭載されています。

豊富な機能と細かな分析機能が付いているDMPツールは、どうしても高額な料金になりますが、無理に使用していると利益にも影響を与えます。

DMPツールは便利なツールですが、継続して使わなければ意味がありません。

予算をしっかりと決めて、継続して運用できるDMPツールを選ぶようにしましょう。

使いこなしやすいツールか

運用コストと一緒に意識していただきたい選定ポイントが「使いこなせるか」という点です。

というのも、DMPツールは豊富な機能が搭載されていますが、使いこなせなければ意味がありません。

機能をしっかりと使いこなせなければ高額な運用コストも負担になるだけになるため、シンプルなデザインで使いやすいツールを選ぶようにしてください。

どのように活かせるか

さらに、DMPツールを導入する際には、なるべく問い合わせを行うようにしてください。

豊富な機能が搭載されているDMPツールは、問い合わせを通じて利用したい目的などを説明することで、目的としていた使い方や他の活用方法がわかるためです。

専用公式ページでもある程度の内容はわかりますが、しっかりとDMPツールを使いこなすためにも、問い合わせを行い詳細を尋ねるのをおすすめします。

おすすめのDMPツール6選

次は、多くの企業が利用しているおすすめDMPツールを6選ご紹介します。

メリットや注意点・選び方と合わせて参考にしてください。

初期導入費 月額費用 利用者満足度 無料トライアル
b→dash 要問合せ 要問合せ 3.4/5 ×
Juicer 0円~ 0円~ 3.67/5
essentia 要問合せ 要問合せ 4.0/5
Oracle BlueKai 要問合せ 要問合せ 3.0/5
アクティブコア マーケティングクラウド 要問合せ 要問合せ
Dockpit 要問合せ 要問合せ

b→dash


b→dashは、データ統合やWeb接客、顧客管理機能などをはじめとした、18個のアプリケーションが詰まったオールインワンツールです。

マーケティングツールとしても人気が高く、データ統合機能を利用することであらゆる機能の結びつけができます。

幅広いデータ管理できるだけでなく、細かな顧客の分析が可能です。

マーケティングやデータ管理に長けているツールを利用したい人は、b→dashがおすすめです。

Juicer


Juicerは、ユーザー分析機能に長けているDMPツールです。

顧客データや属性データ・インターネット行動データ等の多様なデータを基に細かい分析を行い、自動でペルソナ作成を行ってくれます。

さらに、シンプルなダッシュボードなので、知識がない人でも直感的な操作が可能です。

基本的な機能の全てが無料で使えるため、長期期間利用しやすいというのも特徴です。

essentia


essentiaは、収集・保管・統合・分析といった、多くの企業が魅力に感じる機能が詰まったDMPツールです。

社内基幹システムの受発注などのデータに、Webサイトログ・リサーチ会社からの市場データやアンケート結果など、多くの情報を細かく分析・保管できます

顧客に合わせた的確なアプローチが行いやすい点からも、様々な企業に人気です。

大量の複雑なデータをオリジナルフォーマットのまま並列処理で読み込み、データのクレンジングを行うため負荷もかかりにくいです。

Oracle BlueKai

Oracle BlueKaiは、データマネジメントシステムとしても人気があり、ひとつのDMPツールで多くのデバイスをまとめることができます

顧客に対する細かな分析はもちろん、キャンペーンやイベントの計画を立てるサポートを行ってくれるツールです。

成約率の繋がりやすいデバイスを分析し、ピンポイントに焦点を絞って的確なアプローチができるように、キャンペーンの変更を行います。

データ集約ツール・マーケティングツールとしても優秀なDPMツールです。

アクティブコア マーケティングクラウド

アクティブコア マーケティングクラウドは、AIが導入されているDMPツールで、散在しているデータの集約を行いレポートやグラフとして、可視化・AIによる最適化が行われるツールです。

AIが搭載されていることもあり、繰り返してデータを蓄積することで、より精度が高い最適化・分析ができます。

情報の整理が的確に行えるため、1to1のピンポイントアプローチも可能です。

様々なデータを顧客を軸にして集約してくれるので、多くの企業におすすめです。

Dockpit

Dockpitは、ビッグデータの集約ができるだけでなく、高度なデータ分析メソッドを駆使したコンサルティングを提供してくれるサービスです。

消費者のWeb行動ログデータをもとに、市場調査・ユーザー理解を実現し、よりユーザーに合った細かい分析ができます。

さらに、誰でも利用できるようなシンプルなダッシュボードなので、操作性にも優れているツールになります。

優れた分析機能から、マーケティングツールとしても人気が高いです。

まとめ

DMPツールは多くの企業から利用されており、細かなユーザー分析やビッグデータの情報整理ができるツールが多いです。

企業の規模や利用する機能によって料金プランは変わりますので、導入を検討している場合は見積もりを出してもらいましょう。

多くのシーンで活躍してくれるツールになりますので、皆さんも選定ポイントを意識しながら自社に合うDMPツールを見つけてください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳