企業経営を効率化しよう!おすすめのデータマイニングツール6選

企業には、顧客情報や問い合わせ履歴など様々なデータが蓄積されています。

大量に蓄積されたデータを活かせるかどうかが、ビジネスの成功を左右するといっても過言ではありません。

「データマイニングツール」を利用すると、大量のデータを分析して課題を抽出できるので、自社が保有するデータを有効活用できます。

今回は、データマイニングツールのメリットや注意点、選び方、おすすめのツールについて解説します。

データマイニングツールの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック「リモートワーク手帳(無料)」が創刊されました! リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

 

データマイニングツールとは

データマイニングツールとは、大量のデータを様々な方法で分析し、相関関係や傾向を見出すツールのことです。

企業には、商品の購入履歴やサービスの利用履歴など様々なデータが蓄積されていますが、そのまま状態では利用価値がありません。

データマイニングツールを利用すれば、大量のデータの中から価値あるデータを抽出できます。

抽出したデータを分析することで、売上げや利益につなげることが可能です。

 

データマイニングツールを導入するメリット

データバックアップツールを導入することで得られるメリットは、大きく分けて以下の3つです。

・販売に活用できる

・品質管理の向上が期待できる

・顧客満足の向上が期待できる

販売に活用できる

データマイニングツールを利用すれば、どの商品をどの属性の顧客が購入しているかがわかります。また、様々な条件で顧客の動向を分析し、それをマーケティングに活用することで、売上げアップにつなげられます。

さらに、顧客がどのような条件でどのように商品を購入する可能性が高いかを検証することで、レコメンデーション(おすすめ商品)に反映することもできるので、販売活動の効率化を図れます。

品質管理の向上が期待できる

例えば、機械の故障データから故障が発生しやすい条件を把握することで、機械の故障率を下げることができます。

故障の内容から、隠れている故障を発見したり、故障しやすい箇所を改良したりできるので、品質の向上を図れます。

顧客満足度の向上が期待できる

顧客の購買履歴から、「どのような属性の顧客が、どのような購買活動を行うとリピーターになりやすいか」を検証することができます。

分析結果をもとに、顧客がストレスなく購買活動ができる導線を作るなどの工夫をすることで、顧客満足度の向上が期待できます。

 

データマイニングツールを導入する際の注意点

データマイニングツールを導入する際の注意点は、以下のとおりです。

・ツールを使いこなすためのスキルが必要

・データ活用には正確な定義が必要

・分析をツールに丸投げできない

それぞれについて、見ていきましょう。

ツールを使いこなすためのスキルが必要

データマイニングツールを使ってすべてのデータを分析するのは、効率的ではありません。

ツールを使いこなすためには、クリーニングやサンプリングなど、データを適切に加工する技術が必要です。

また、検証結果が有効かどうかを判断するためには、専門的な知識も求められます。

そのため、データマイニングツールを導入する際は、担当者の選任や育成も必要になるのです。

データ活用には正確な定義が必要

データマイニングツールは決められたルールで分析を行うため、ルールが正しく定義されていない場合は、有効なデータを抽出することができません。

現在自社が保有しているデータの詳細を正しく把握できることを前提に、導入を検討しましょう。

分析をツールに丸投げできない

データマイニングツールは、あくまで入力されたデータを決まったルールで効率的に分析するためのデータです。

したがって、データを用意するだけでは効果的な分析ができません。

担当者は、データマイニングツールに合わせてデータを加工したり、分析結果を見て抽出条件を変更したりする必要があります。

 

データマイニングツールの選定ポイント・選び方

ここでは、データマイニングツールを選定する際のポイントを見ていきます。

「導入することは決まっているが、選び方がわからない」という方は、ぜひ参考にしてください。

・目的を明確化する

・分析対象と分析方法を明確化する

・UIの使いやすさ

・費用対効果

目的を明確化する

目的がないままデータマイニングツールを導入したとしても、有効活用できないデータが抽出されるだけです。

そのため、まずはデータマイニングツールからどんなデータを得たいか、どのようなデータが得られるのかを明確にしておきましょう。

「ユーザーの購買行動からクロスセルやアップセルを狙いたい」「ユーザーの行動を分析して購入する確率を上げたい」といった目的によって、必要なデータは変わります。

分析対象と分析方法を明確化する

データマイニングツールはデータを「抽出する」ことではなく、「分析する」ことを目的としています。

そのため、データマイニングツールを選ぶ際は「分析したいデータを分析できるものか」を確認しておきましょう。

例えばECショップの売上げ拡大を狙う場合は、「ユーザーの行動や閲覧履歴」「購入の動機や購入に至った経緯」を分析できるものである必要があります。

分析対象と分析方法を明確化することで、自社の目的に合ったデータマイニングツールを選ぶことができるでしょう。

UIの使いやすさ

どれだけ優れたデータマイニングツールだとしても、UIが使いにくく、うまく分析できなければ意味がありません。

そのため、UIが使いやすいデータマイニングツールを選ぶようにしましょう。

また、データマイニングツールによって得られたデータをどのように出力できるのかも、重要です。データのソートや抽出といった「データの扱いやすさ」や、グラフによる可視化といった「データの表現方法」についても確認しておくべきです。

費用対効果

データマイニングツールは決してランニングコストが安いものではないため、費用対効果も考慮する必要があります。

実際に導入してみないとわからない部分はあるにしても、費用と得られる効果が見合っているかどうかは、じっくり検討することをおすすめします。

 

おすすめのデータマイニングツール6選

ここからは、おすすめのデータマイニングツールを6つご紹介します。

一覧は以下のとおりです。

サービス名 満足度 初期費用 月額利用料 無料トライアル
Social Monitor 4.5/5 0円 100,000円〜 要問い合わせ
Social Insight 4.0/5 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
Media Insight 5.0/5 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
S-PLUS 要問い合わせ 要問い合わせ ×
Analytica 要問い合わせ 要問い合わせ
ピーシーキッドアナライザー 0円~ 0円~

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

Social Monitor

Social Monitor(ソーシャルモニター)は、SNSマーケティングに特化したデータマイニングツールです。

SNSは自社サービスの拡散・周知に有効と言われていますが、実際は企業にとって良い情報もあれば悪意のある情報もあるため、一定のリスクがあります。

膨大なデータを持つSNSから、リスクとなる情報を取捨選択をするのは非常に難しいですが、Social Monitorを使えば自社にとってリスクとなる情報を迅速に把握できます。

顧客からのクレームを早期に把握できるだけでなく、社内の人間による不適切な発言や行動を検知することも可能です。

 

Social Insight

Social Insight(ソーシャルインサイト)は、SNSの運用を支援するための分析・運用ツールです。

SNSに投稿された口コミを分析してデータ化し、目に見える形にすることで分析をサポートします。

自社に対する口コミだけでなく、競合への口コミもモニタリングできるので、自社と競合のアカウントを比較することも可能です。

また、複数のSNSアカウントを一元管理することもできるので、投稿や返信のスピードアップを図れます。

 

Media Insight

Media Insight(メディアインサイト)はニュースサイトなどメディア運営に特化したコンテンツ分析ツールで、SNSにおける各記事の反響を可視化できます。

また、トラフィック流入率や記事の読まれ方も分析できるため、価値ある記事作りにつなげることも可能です。

提供会社がビッグデータ解析に長けていることもあり、インターネット上のあらゆるデータを分析することで、メディア特化型サイトの運営や制作に役立てられるでしょう。

 

S-PLUS

S-PLUS(Sプラス)は、高度なデータ解析機能と手軽で豊富なグラフィック機能を備えたデータマイニングツールです。

非常にわかりやすい操作性が特徴で、データの入出力や加工、解析、グラフ作成などの処理を、マウス操作で簡単に実行できます。

定型・非定型を問わず、データ解析上の様々な問題を解決してくれるでしょう。

 

Analytica

Analytica(アナリティカ)は、ITサービス事業会社やEC事業者を中心に導入されているデータマイニングツールです。

KPIをもとに行う事業管理は、表計算ソフトを用いると可視化に時間がかかり、内製の管理パネルを使う場合も開発が必要になるので、企業にとって負担が大きいと言えます。

Analyticaを導入すれば、次々と変化するKPIにも瞬時に、低コストで対応可能です。

 

ピーシーキッドアナライザー

ピーシーキッドアナライザーは、人工知能を利用したデータマイニングツールです。

統計データ解析やディープラーニングといった人工知能技術を応用し、明確な数値によるマネージメントをサポートします。

あらかじめビジネスデータに適したパラメーターに設定されているため、人工知能や統計学の専門知識は不要です。

簡単な質問に答えてExcelファイルをアップロードするだけで、ディープラーニングを行うことができます。

 

まとめ

データマイニングツールを活用すると、企業の課題を効率的に発見し、ビジネスに反映することができます。

膨大なデータに埋もれているビジネスの課題をあぶり出し、それらを改善することで販売促進や業績拡大、顧客満足度向上を図ることも可能です。

ビッグデータには、売上げを飛躍的に拡大するヒントや顧客満足度を高めるカギが隠れています。

それらを見つけて自社の業績を拡大するために、データマイニングツールを導入することをおすすめします。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳