企業経営の効率化をしよう。おすすめのクラウドソーシングサービス・サイト3選

ほとんどの企業はWebメディアの立ち上げや一時的なイベントなどを開く際には、多くの人材募集を行うでしょう。

しかし、人材紹介などを利用してしまうと、一人当たり高い金額になってしまうため、コストを抑えたいときはやや不向きです。

「一時的に人材を雇いたいけどどこで探せばいいかわからない」「一度にたくさんの人を雇いたい」このよう時に、コストを抑えながら優秀な人材と出会えやすいのが、クラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングサービス・サイトを利用するメリットや注意点・選び方について詳しく解説をします。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

クラウドソーシングサービス・サイトとは

クラウドソーシングサービス・サイトは、インターネットを利用して不特定多数の人物に仕事を委託できるサービスで、近年、注目されています。

働き方改革の影響や副業を解禁した企業が増えてきて、副業としてインターネット上で仕事を探す人も多くなり、外注も行いやすい状態です。

場所や時間を問わずに人材を一時的に雇えるため、急に人材が欲しかったり仕事が溜まり過ぎて解消したかったりといった場合に、クラウドソーシングサービスは役立ちます。

クラウドソーシングサービス・サイトを利用するメリット

クラウドソーシングサービス・サイトを利用すると下記のような3つのメリットがあります。

  • あらゆる業種・業界に対応している
  • 専門性に長けた人物と出会えることもある
  • 低コストで雇える

それぞれのメリットについて解説をしていきますので、利用を検討している人は参考にしてください。

あらゆる業種・業界に対応している

クラウドソーシングサービスとは、仕事のマッチングプラットフォームで、下記のようなあらゆる業種・業界が登録しています。

  • デザイン
  • 音楽
  • 映像
  • システム・アプリ開発
  • Web制作
  • ライティング
  • 事務系
  • 翻訳
  • 軽仕事

クラウドソーシングサービスで人材の募集を行うと、募集内容を見た上で仕事ができそうだと判断した人物が応募を行ってきます。

自社の業務の課題に感じている部分を補ってくれる人物も探しやすいため、多くの企業に利用されているサービスです。

専門性に長けた人物と出会えることもある

クラウドソーシングサービス・サイトは、登録している全ての人がプロというわけではなく、冒頭でも触れたように副業目的で登録をしている素人もかなり多いため、人材の選定はしっかりと行うことは必要です。

優秀だと感じる人物に対してメッセージを送って個別に仕事の依頼も可能なので、人材紹介会社で探すよりも優秀な人材に出会える可能性もあります。

低コストで雇える

クラウドソーシングサービス・サイトのメリットは、低コストで雇えるという点も外せません。

人材紹介を受けると、どうしても一人当たりに多大なコストがかかってしまい、会社運営で負担になってしまうことも少なくないでしょう。

しかし、クラウドソーシングサービス・サイトでは、仲介会社などを通さずに直接雇用依頼するため、コストを抑えた状態で雇うことが可能です。

ただし、コストを抑えすぎると優秀な人材が他の企業へと行ってしまう可能性もあるため、業務に対する相場をしっかりと調べて応募を出すのがおすすめです。

クラウドソーシングサービス・サイトを利用する際の注意点


多くのメリットがあるクラウドソーシングサービスですが、デメリットは「人材のスキル」や「初心者が多い」という点が挙げられます。

フリーランス・個人事業主は、近年増加傾向にあるといわれていますが、クラウドソーシングサービスに登録している人物は7割~8割が初心者の場合も多いです。

専門的な依頼を考えている場合は、時間をかけて探す必要があるためクラウドソーシングサービスでも、人材採用に時間がかかる点は把握しておきましょう。

クラウドソーシングサービス・サイトの選定ポイント・選び方

クラウドソーシングサービス・サイトを利用するには下記の3つの選定ポイントがあります。

  • 登録者数
  • 依頼可能形式
  • 実績や評価機能

それぞれの利用ポイントについて解説をしていきますので、利用を検討している人は参考にしてください。

登録者数

選定ポイントの中でも「登録者数」は重要で、登録者数が少ないとどうしても限られた人物の中から、求めている人材を探す必要があります。

登録者数が多すぎると初心者がほとんどにはなりますが、プロの人が混ざっていることも少なくありません。

なるべく、登録者数が多いクラウドソーシングサービスを利用し、厳選して人材を見ていくのがおすすめです。

依頼可能形式

クラウドソーシングサービスでも、提供している企業によって依頼形式が変わります

タスク制・プロジェクト制など決められている場合もあるため、自社が応募しようと考えている内容を考えて探すようにしましょう。

実績・評価機能の有無

さらに、重要視していただきたい選定ポイントが「実績」と「評価機能」の有無です。

いくらプロフィール欄にすごいことが書かれていても、実績がない場合はやや信用できにくいです。

実際に雇ってみたら想像とは全く違ったというケースも少なくありませんので、実際にクラウドソーシングサービスを利用して実績があるか、どのくらいの評価を受けているかといった点をチェックするようにしましょう。

おすすめのクラウドソーシングサービス・サイト3選

次は、多くの企業が利用しているおすすめクラウドソーシングサービス・サイトを3選ご紹介します。

注意点や選定ポイントと合わせて参考にしてください。

登録者数 月額費用 利用者満足度 サポート
Lancers 110万人~ 5,000円~ 4.34/5 24時間365日体制
クラウドテック 350万人~ 0円~ 4.0/5 電話対応
Lancers Assistant 要問合せ 100,000円~ 電話対応

Lancers

Lancers(ランサーズ)は、クラウドソーシングサービスの中でも知名度が高いサイトです。

110万人以上が登録しており、あらゆる業種・業界の仕事が募集されているため、多くの企業が利用しやすいでしょう。

法人やチームで働くランサーも存在し、併用して行いたいプロジェクトなども任せることが可能です。

会員登録時・登録後のダブルチェックが行われているため、秘密保持も徹底しているサービスです。

クラウドテック

クラウドテックも、リモートワークの導入の影響から多くの企業が利用しているサービスです。

以前からも人気はありましたが、働き方改革の影響からさらに人気に火が付いています。

350万人以上が登録をしており、フリーランスのエンジニアやデザイナーが見つかりやすいです。

最短3日で即戦力のフリーランスの雇用ができるため、すぐに人材を雇用したいと考えている企業にもおすすめします。

Lancers Assistant

Lancers Assistant(ランサーズ アシスタント)は、ランサーズ株式会社が提供しているサービスで、チーム単位での雇用が可能なサービスになります。

オンラインチームに秘書・営業支援・Web制作・広報といったさまざまな業務を任せることが可能で、コア業務に集中したいと考えている企業向きです。

3ヵ月・6ヵ月・9ヵ月のプランが存在し、メンバーの人数指定もできるため、大小問わず様々なプロジェクトの依頼を行いやすいです。

まとめ

クラウドソーシングサービス・サイトは、起業したての会社や急な人材が欲しい企業におすすめです。

フリーランスは近年増加傾向にありますが、人数が増加している分しっかりと人材の見極めを行う必要があるため、なるべく時間をかけて実績や評価を確認した上で探すようにしましょう。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳