起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

世界シェア率トップの実績を誇るCRM(顧客管理システム)

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」は、世界各国10万社を超える企業で導入され、高い評価を得ているクラウド型CRM(顧客管理システム)です。数ある製品のなかでも、シェアは世界ナンバーワン。

世界中にある無数のビジネスに携わるユーザーの声をフィードバックしているため、使いやすさは抜群。業種や業務に合わせて細かくカスタマイズできるのが最大の特徴です。

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」は、CRM(顧客管理システム)をはじめて導入する方にイチオシの製品だといえるでしょう。

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」のプラン・料金

基本的な「Sales Cloud」の料金は、中小企業向けのEssentialsプランが1ユーザーあたり月額3,000円(税抜)です。

また、すべてのライセンスにおいて2日以内のサポートが受けられるだけでなく、Webセミナーやイベント、さらにはガイド付きジャーニーなどが付帯しています。

別途料金を支払うことで年中無休24時間対応のサポートや管理支援などに対応してくれるのもうれしいポイントですね。

プラン名称 Essentials
月額料金(税抜き)

※年間契約が前提

3,000円/ユーザー/月
プランの特徴 営業支援、カスタマーサービスの基本的な機能が利用可能
備考 ユーザー数は10名まで

 

プラン名称 Professional
月額料金(税抜き)

※年間契約が前提

9,000円/ユーザー/月
プランの特徴 Essentialの機能

顧客のスコアリング

売上予想

見積書・請求書の作成支援機能

開発用機能の一部が使用可能

備考

 

プラン名称 Enterprise
月額料金(税抜き)

※年間契約が前提

18,000円/ユーザー/月
プランの特徴 オプションを除くSalaesforceすべての機能が利用可能
備考

 

プラン名称 Unlimited
月額料金(税抜き)

※年間契約が前提

36,000円/ユーザー/月
プランの特徴 Enterpriseの機能、無制限のオンラインサポート、その他各種の管理者向けサービスを利用可能
備考

 

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」の機能

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」を一言で表すなら、「営業部門の支援ツール」。

このようなツールはしばしば「SFA(営業支援)ツール」とも呼ばれています。

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」は、商談の進捗や見込み顧客の管理はもちろん、営業活動を詳細に記録するといった機能を搭載。

それでは以下で、当サービスの機能をより具体的に解説していきましょう。きっとみなさんの琴線に触れるすぐれた機能がみつかるはずです。

顧客情報を一括管理できる

取引先の連絡先、取引の履歴、接触履歴、社内で行われた顧客に関するディスカッション内容など……一口に「顧客情報」といっても、そのカテゴリはさまざまで、それらを集約して管理することはなかなか難しいものです。

「あの顧客の資料はどこにあるっけ?」「どこにしまってあるの?」と従業員がオロオロしてしまう光景もけっして珍しくはありません。

しかし「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」なら大丈夫。顧客に関する情報を、すべて一括管理することができます。これなら情報が散逸せずに済みますし、従業員は自分の好きなタイミングでスピーディーに情報にアクセスすることも難なく可能となるでしょう。

案件の進捗状況も一目でわかる

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」は営業時の顧客のリアクション、案件の進捗状況、見積もり内容、支払期日、競合相手の情報、製品情報などをすべて記録することができます。

つまりユーザーは、 “1度のアクセスで10を知る”ことができるわけです。もちろん管理情報は「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」を通じて社内共有されているため、アクセス権限のある者なら誰でも閲覧可能です。

見込み客の管理・分析・戦略ができる

「見込み客」の存在は企業の成長に欠かせない重要な要素。見込め客とどのように向き合ってアプローチをかけていくのか、しっかり戦略を立てていく必要があります。

みなさんは、見込み客のクロージングをうまくできていますか?もし、少しでも現状に不安や不満があるなら、ぜひ「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」を使ってみてください。

当サービスでは、見込み客を追跡しながら育成(ナーチャリング)方法や有効なキャンペーンなどを戦略的に分析し、多方面からのアプローチを練ることができるようになっています。

さらには、見込み客一人ひとりの特徴や性格をかんがみて、もっとも適していると思われる担当者を自動で割り振る機能も搭載。「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」は、大量に案件を抱え、営業部門の規模が大きい組織にはかなりおすすめできるといってよいでしょう。

営業の効率化

顧客のクロージングは「時間」との勝負。せっかくうまいセールストークで相手をその気にさせても、【営業→商談→契約】のプロセスでもたもたしていれば、チャンスを逃してしまうことになるでしょう。まさに“鉄は熱いうちにうて”ですね。

つまり営業とは、セールストークと同じくらいに「効率」が命なのです。

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」は、営業部門のワークフローを効率化し、さらなる業績向上を図るにはうってつけのツール。ファイルの共有やユーザー間での同期はもちろん、情報を可視化してくれるダッシュボード、高度な検索機能や入力サポート機能なども搭載されています。

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」を導入するメリット

これまで紹介してきた「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」の機能をふまえたうえで、当サービスを導入することで得られるメリットを3つ紹介していきたいと思います。

もしそのなかにひとつでもあてはまる項目がありましたら、導入を検討する価値は十分にあるといえるでしょう。ぜひご一読ください。

顧客情報に付加価値を与える

SFA(営業支援ツール)の肝は、やはりなんといっても顧客管理機能です。

みなさんは、顧客情報を上手に管理できていますか?営業担当者が必要な情報を必要なときに取り出せる状態になっているでしょうか?

単にExcelに顧客情報を入力しているだけでは、真の意味で顧客情報を“管理している”とはいえません。

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」は、顧客情報の管理・共有・分析を一括で行うことにより、埋もれていた見込み客にもビジネス機会を与えることができるようになります。

見込み客という“宝の山”を逃さないためにも、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

他のサービスと連携することでより可能性が拡がる

「Salesforce CPQ」を併用することで、「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」に登録されているデータを参照して見積もりや請求書作成を自動で作成することができます。

また、B2Bマーケティングオートメーション製品「Pardot」と「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」のデータを同期することで、マーケティング部門と営業部門の間で情報を共有し、オンライン上でキャンペーンを企画することも可能です。

多言語に対応

世界中のユーザーから支持されている「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」には、主に3つの言語サポートがあります。

・完全サポート言語(18言語):
UI テキストとSalesforce(セールスフォース)機能の全てが選択した言語で表示

・エンドユーザー言語(17言語):
社内で使用する言語以外を選択(異なる言語を使用する場合)

・プラットフォーム専用言語:
Salesforce(セールスフォース)でデフォルトの翻訳が提供されない場合

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」にデメリットはあるの?

CRM(顧客管理システム)の金字塔ともいえる「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」ですが、業種や企業形態によっては、あまりメリットを享受できない場合もあります。

けっして安価ではない

クラウド型サービスの「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」は設備投資がほとんどかからないというメリットがありますが、ランニングコストのことを考慮する必要があります。

また、カスタマイズを行えば、そのぶんだけ追加費用が発生するという点も注意しましょう。

ようするに大切なのは、費用対効果です。「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」は、その性能を最大限に発揮するよう搭載されている機能をすべて使いこなすことができれば、かなりの費用対効果を期待できますが、必ずしもみんなが使いこなせるわけではありません。

まずは導入するまえに、「現在の業態や組織規模的に、いまこのサービスを利用するだけの価値はあるのか?」と検討してみてください。

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」が向いているのはどんな企業?

結論として、どのような企業なら「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」が向いているといえるのでしょうか?

「導入を迷っている」「自社に適しているか不安」という方のために、以下に要点をまとめてみました。

現状の顧客管理に物足りなさを感じている

「顧客データはしっかり管理しているつもりだが、単に管理している“だけ”になっているのではないか?」「見込み客のクロージング成功率が悪い」「顧客情報の管理が単なる“ルーチンワーク”になっており、まったく活かせていない」

こんなお悩みありませんか?もし心当たりがあるのなら、「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」がおすすめですよ。

「たくさんの顧客を抱えている」もしくは「海外に顧客がいる」

効率的な顧客情報の管理と多言語に対応した「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」なら、数え切れないほどの顧客を相手にしているグローバル企業にぴったり。

もちろん、世界中で使用されているCRM(顧客管理システム)は他にも存在しますが、シェア率ナンバーワンを誇るのは、「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」だけです。

まとめ

「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」は、世界でシェア率トップを誇る、大人気の顧客管理システム。

あらゆる顧客情報を一括管理するだけでなく、従業員同士で共有・同期も瞬時に行うことができます。

また、見込み客の情報を分析し、クロージングに向けての戦略を立てることも可能です。

「顧客情報を活かしきれていない」「見込み客のクロージングがうまくいかない」といった悩みがあるなら、「Salesforce(セールスフォース)Sales Cloud」の導入をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳