複雑化した業務をシンプルに!会計の「透明化」を目指す企業に最適なクラウド型会計システム

「会計業務を行える人材が足りない」

「事業規模が拡大した結果、会計担当の業務量が激増してしまった」

「会社業務のワークフローが複雑化して混乱している」

「リモートワーク移行後の会計業務をどうすればいいのかわからない」

このようなお悩みはありませんか?

「クラウド会計Plus」は、仕訳承認機能、詳細な権限設定、会計仕訳の変更履歴閲覧機能などを搭載した会計システム。

従来の大人気システム「クラウド会計」よりも組織の内部統制強化に特化したアディショナルバージョンとなっています。

「事業の拡大に伴い、今後は会計業務の仕組みを固めていきたい」「組織を再編成してよりシステマティックにしたい」という企業におすすめです。

そこで以下では、「クラウド会計Plus」のすぐれた機能や特徴を掘り下げて、みなさんにご紹介してまいりたいと思います。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

こんな企業に「クラウド会計Plus」がおすすめ!

①会社として急成長を遂げており、バックオフィス体制が追い付いていない

②すぐにでも会計業務の仕組みを一新したい

③会計業務のワークフローが細分化/複雑化し、細かな監視の目が行き届いていない

④過去に社内で不正会計の疑惑が起こったことがある

「クラウド会計Plus」の5つの特徴

まずはさっそく、「クラウド会計Plus」の特徴をみていきましょう。

直感的な操作で誰でも扱える

「せっかく今のやり方に慣れてきたのに、システムを一新すると覚えなおすのが大変そう……」

総務や経理からこのような声がしばしば上がるため、やむなく現状維持をしている企業もけっして少なくありません。

確かに、慣れ親しんできたやり方を維持するのはある意味で最適な方法ともいえるでしょう。

新しい体制に適応するには、多少なりとも時間と労力を伴いますからね。

しかし現状維持では、組織に内在する本質的な課題を改善することはできません。

もしも会計業務の体制に何らかの問題があるのならば、いますぐに「クラウド会計Plus」を試してみてください。

「クラウド会計Plus」は、誰でもカンタンに扱える直観的操作性が魅力のひとつ。

会計の専門知識がなくても、あらかじめ用意してあるテンプレートで安心して作業を進めることができます。パソコン操作が苦手な方でもすぐに適応できるはずです。

不正会計を防ぐデータの“透明化”

「クラウド会計Plus」に搭載されている「仕分け承認機能」は、経費のムダや不正をチェックするのに役立ちます。

会計業務のワークフローが細分化・複雑化しすぎたために、「細かな監視の目が行き届いていない」という悩みはありませんか?

その状態を放置しておくと、会計内容をめぐって大きなトラブルに発展してしまうことも……。

少しでも不安があるなら、いまのうちに「クラウド会計Plus」で会計の透明化を図りましょう。

会計データは、しばしば改ざんなどの不正の温床になりやすいため、きわめて注意が必要です。

「クラウド会計Plus」なら、過去ログ・履歴の確認ができるシステムを搭載。更新履歴を随時確認することで、悪質な改ざんを防止します。

クラウド会計Plusの料金プラン

月額料金 29,800円~

具体的な料金については、事業規模やご予算に応じて要お見積もりとなっています。

気になる方は、まずは公式HPに問い合わせてみましょう。

まとめ

「クラウド会計Plus」は、複雑化/細分化された会計業務の透明化を図り、健全な組織運営を目指す企業におすすめのクラウド型会計システム。

「会社が急成長した結果、会計業務の量が増えて手が回らなくなってきた」

「古参の会計担当者が長い間業務を行ってきたため、内容に不透明な部分が多い」

「不正を防止する意味でも、会計業務を分業化してシステマティックな仕組みにしたい」

このようなお悩みやご要望のある方は、ぜひ一度、「クラウド会計Plus」をお試しください。きっと、みなさんの現状の課題を解決するのに役立ってくれるはずです。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳